バックアップ

バックアップ機能が超便利で役に立ちまくるWordPressプラグインを紹介します。WordPressのサイト全体を丸ごとバックアップすることもできます。

WordPressを利用してWebサイトを運営する上でサイトデータのバックアップは必須です。人為的な操作間違いでデータを削除してしまったり、何らかの原因の障害が発生したとしても、サイトデータを元に戻せるようにしておく必要があります。備えあれば憂いなしです。

これらのWPプラグインは機能制限はありますが、無料版でも十分すぎるほど役に立ちます。便利なWPプラグインなので活用しましょう。

はじめに

この記事で紹介するプラグイン

この記事では下記のWPプラグインを紹介しています。

バックアップ特化型
  1. BackWPup
  2. UpdraftPlus
サイトデータ移設
  1. All-in-One WP Migration
  2. Duplicator

機能比較

WPプラグインの機能を比べられるように比較表を用意しました。
それぞれ特徴が異なるので参考にしてください。

バックアップ特化型

機能比較
BackWPup UpdraftPlus
用途 バックアップ バックアップ&復元
バックアップ対象
  • データベース
  • テーマ
  • アップロードファイル
  • wp-contentディレクトリ
  • データベース
  • テーマ
  • プラグイン
  • アップロードファイル
  • wp-contentディレクトリ
データ出力
  • データベース
  • 指定したファイル
  • WPのXMLエクスポート
  • データベース
  • 指定したファイル
データ復元 phpMyAdminやFTPソフトを利用して手動で復元作業を行う必要あり。 プラグインの機能でバックアップデータから復元できる。
データ保存先
  • 同じサーバーのディレクトリ
  • FTP接続の外部サーバー
  • Dropbox
  • Amazon S3
  • Microsoft Azure (Blob)
  • RackSpaceCloud
  • SugarSync
  • Amazon Glacier(有料版)
  • Google Drive(有料版)
  • メール送信
  • FTP接続の外部サーバー
  • UpdraftPlus Vault
  • Dropbox
  • Amazon S3
  • OpenStack
  • Rackspace Cloud Files
  • Google Drive
  • DreamObjects
  • SFTP/SCP(有料版)
  • WebDAV(有料版)
  • Microsoft OneDrive(有料版)
  • Google Cloud(有料版)
  • Microsoft Azure(有料版)
  • メール送信
有料版 高度な機能を利用するには有料版の購入が必要。 高度な機能を利用するには有料版の購入が必要。

BackWPup

BackWPup

BackWPupは、WordPressのWebサイトを丸ごとバックアップできるプラグインです。データベース及びサーバー上にあるファイルのバックアップができます。

バックアップの保存先は、様々なオンラインストレージサービスやFTP接続でのバックアップに対応しています。このWPプラグインは有料版もありますが、無料版でも十分過ぎるほどバックアップ機能が充実しています。バックアップ機能があるWPプラグインとしては一番高機能で使いやすいです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「BackWPup」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

BackWPup – Webサイトを丸ごとバックアップできるWordPressプラグイン

UpdraftPlus

UpdraftPlus

UpdraftPlusは、WordPressで運営するWebサイトを丸ごとバックアップして復元できるプラグインです。バックアップ対象の指定、スケジュールの指定、バックアップの復元が簡単にできます。

このプラグインは「データベース、プラグイン、テーマ、アップロードファイル、wp-contentディレクトリ」をバックアップできます。

バックアップの保存先は、FTPや様々なオンラインストレージサービスに対応しています。別途契約したレンタルサーバーにFTP接続でバックアップを保存したり、別途用意したオンラインストレージサービスにバックアップを保存できます。

このプラグインは無料で提供されている機能だけでも十分過ぎるほど高機能です。有料販売されている便利な拡張機能もあります。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「UpdraftPlus」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

UpdraftPlus – Webサイトを丸ごとバックアップ&復元できるWordPressプラグイン

サイトデータ移設

機能比較
All-in-One WP Migration Duplicator
用途 サイトデータの移設 サイトデータの移設
バックアップ対象
  • データベース
  • サーバー上のファイル
  • データベース
  • サーバー上のファイル
データ出力 サイトデータ全て サイトデータ全て
データ復元 対応 対応
データ保存先
  • ファイルのダウンロード
  • Dropbox(有料版)
  • Google Drive(有料版)
  • Amazon S3(有料版)
  • OneDrive(有料版)
  • Box(有料版)
  • FTP(有料版)

外部サーバーにデータを保存するには有料版を利用する必要があります。

  • ファイルのダウンロード
  • Dropbox(有料版)
  • Google Drive(有料版)
  • Amazon S3(有料版)
  • FTP(有料版)

外部サーバーにデータを保存するには有料版を利用する必要があります。

有料版 無料版で利用できる最大アップロードサイズは「512MB」までに制限されています。
無制限で利用するには有料の拡張機能の購入が必要。
高度な機能を利用するには有料版の購入が必要。

All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migrationは、WordPressのサーバー移設が簡単にできるプラグインです。サイトデータのバックアップおよび復元の機能もあります。

このプラグインを利用すると、WordPressのサイトデータ(データベース、画像、テーマ、プラグイン)を丸ごとインポート&エクスポートできます。インポートする際に、WordPressの設置先URLをプラグイン側で自動的に変更してくれます。

このプラグインを上手く活用すると、WordPressのサーバー移設作業やテストサーバー構築作業を効率化できます。例えば、MAMPなどのローカル環境にテストサーバーを構築する際に、このプラグインを利用してサイトデータをエクスポート&インポートするだけで、ローカル環境にテストサーバーを構築できます。非常に便利なプラグインなので活用しましょう。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「All-in-One WP Migration」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

All-in-One WP Migration – WordPressのサーバー移設が簡単にできるプラグイン

Duplicator

Duplicator

Duplicatorは、WordPressのサイトデータを丸ごと複製して簡単にサーバー移設(移転)ができるプラグインです。運用中のWordPressのデータのクローンを作成して別の場所に移設できます。

具体的に説明すると、WordPressの「データのバックアップ」「データの移設」ができます。データを移設する際は、専用のインストーラーとアーカイブを作成して、そのデータを移転先のサーバーにアップロードして利用します。

このプラグインを利用するとWordPressのサーバー移転作業を簡略化できます。WordPressの設置場所の移設やローカルPCに開発環境を新たに設ける場合は、このプラグインを活用して移設作業を効率化しましょう。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Duplicator」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Duplicator – WordPressを複製して簡単にサーバー移転ができるプラグイン

まとめ

WordPressを利用してWebサイトを運営する上でサイトデータのバックアップは必須です。

人為的な操作間違いでデータを削除してしまったり、何らかの原因の障害が発生したとしても、サイトデータを元に戻せるようにしておく必要があります。備えあれば憂いなしです。

これらのWPプラグインは機能制限はありますが、無料版でも十分すぎるほど役に立ちます。便利なWPプラグインなので活用しましょう。

バックアップの重要性

2012年に発生した「レンタルサーバー業者のデータ消失事件」をきっかけに、レンタルサーバーのバックアップ機能の重要性が再認識されるようになりました。

万が一のデータ消失に備えて、WordPressでWebサイトを運営する場合でも、データベースやサーバー上のファイルのバックアップを定期的に行うことを強くお勧めします。

「バックアップなんて必要ない!」とお考えですか?

そんなあなたの為にバックアップの必要性を説明します。

WordPressを利用してWebサイトを構築して運営していると、下記のような最悪な事態が発生することがよくあります。

  • WPテーマを編集してエラーが解消できなくなった!
  • WPプラグインが影響し合ってエラーになり、管理画面に全くアクセスできない!

そんな非常事態が発生しても、バックアップしておいたデータから復元すれば、Webサイトの復旧が早くなります。バックアップデータは、実際に利用しなくても、万が一の備えとして用意しておくと安心です。

WPプラグインのバックアップの設定は、一度設定すると後は継続的にバックアップ処理が実行されます。サイト運営者の手間が増えることはありません。

参考

レンタルサーバ側のバックアップ機能

参考までに、自動バックアップ機能が充実しているレンタルサーバーを紹介します。

レンタルサーバー側にバックアップ機能が用意されているレンタルサーバーになります。この記事で紹介したWPプラグインの機能と合わせて利用すると、バックアップ体制が二重になり、更に安心です。

サイト運営者が原因の人為的な操作間違い(ヒューマンエラー)や障害発生に備えて「自動バックアップ機能」がレンタルサーバー側に用意されているレンタルサーバーを選びましょう。

自分で間違ってデータを消去・初期化してしまった時に復旧させる際にも役に立ちます。

参考記事

自動バックアップ機能が充実しているレンタルサーバー比較

スポンサーリンク