WordPressテーマ比較

ブログ運営を効率化できるWordPressテーマ(テンプレート)を紹介します。
有料販売されている日本製のWordPressテーマを集めました。

個人がブログを運営したり、ビジネスでオウンドメディアのブログを運営できます。
SEOを強化したWPテーマもあります。種類が沢山あるのでジャンル別にまとめています。

これらのWPテーマを活用すれば、Web開発の専門技術者でなくても、プロ仕様のブログを構築できます。
有料のWordPressテーマを探している方は参考にして下さい。

この記事では日本製のWPテーマを優先して紹介しています。

アフィリエイト特化型WordPressテーマ

アフィリエイトサイトやブログを運営するのに最適化されたWPテーマです。
アフィリエイトに特化した機能あり。効率的にアフィリエイトサイトを運営できます。

AFFINGER
名称解説販売価格カラム付属品LP主な特徴
 ACTION(AFFINGER 6)詳細14,800円1カラム
2カラム
WPテーマアフィリエイター・ブロガー向け
ブロックエディタに最適化
AFFINGER PACK 3詳細39,800円1カラム
2カラム
WPテーマ
プラグイン
専用プラグインをまとめたパック
アフィリエイト特化型
名称解説販売価格カラム付属品LP主な特徴
 賢威 8(ケンイ)詳細27,280円1カラム
2カラム
WPテーマ
HTML
プラグイン
SEOを強化したWPテーマ
アフィリエイト特化型
メジャーアップデート追加料金なし
THE WORLD 2.0詳細20,000円1カラム
2カラム
WPテーマアフィリエイト特化型
初心者向けマニュアルあり
Diver詳細17,980円1カラム
2カラム
WPテーマアフィリエイターの収益最大化
THE THOR-16,280円1カラム
2カラム
WPテーマ集客・収益に徹底的にこだわる

ブロガー向けのWordPressテーマ

ブログを運営することに最適化されたWPテーマです。
最新のブロックエディタに対応しています。
HTMLのコーディング無しでブログを効率的に運営できます。

ブロガー専用
名称解説販売価格カラム付属品LP主な特徴
 STORK19-11,000円 1カラム
2カラム
WPテーマ2万人以上の利用者
ブロガー専用WPテーマ
ブロックエディタに最適化
STILE-14,300円 1カラム
2カラム
WPテーマ
プラグイン
-デザイン設定が豊富なWPテーマ
ブロックエディタに最適化
STREETIST-14,300円 1カラム
2カラム
WPテーマ
プラグイン
-記事執筆を効率化するWPテーマ
ブロックエディタに最適化

TCD WordPressテーマ

ブログ(中小規模の情報配信サイト)
名称解説販売価格カラムLP主な特徴
 Muum(TCD085)詳細9,800円1カラム
2カラム
ブロガー・アフィリエイター向け。
コストパフォーマンス抜群。
Be(TCD076)詳細17,777円1カラム
2カラム
-初心者でもオシャレなブログを運営できる。
MAG(TCD036)詳細10,980円1カラム
2カラム
3カラム
-ブロガー向け。
情報配信系のブログを運営できる。
オウンドメディア(企業が運営する大規模の情報配信サイト)
名称解説販売価格カラムLP主な特徴
 CODE.(TCD090)詳細29,800円1カラム
2カラム
最先端のWebメディアを運営できる。
EVERY(TCD075)詳細39,800円2カラム-最先端のWebメディアを運営できる。
企業の自社サイト
名称解説販売価格カラムLP主な特徴
 DROP(TCD087)詳細32,800円1カラム企業が運営するWebサービス・スマホアプリを販促する目的とした企業サイト・オウンドメディアを構築できます。
 MASSIVE(TCD084)詳細25,800円1カラム
2カラム
会社の求人・人材募集サイトを構築できる。
 ANTHEM(TCD083)詳細33,800円1カラム
2カラム
自社商品・サービスを販売促進する自社サイトを構築できる。
 NANO(TCD065)詳細34,800円1カラム
2カラム
-大企業のコーポレートサイトを構築できる。
コンテンツの情報量が多くても情報をわかりやすく整理できる。
VOGUE(TCD051)詳細16,800円1カラム
2カラム
-不動産物件・施設の魅力を表現できる。
フルスクリーンのスプラッシュページあり。
SOURCE(TCD045)詳細12,980円1カラム
2カラム
-IT企業の自社サイトを構築できる。
UNIQUE(TCD044)詳細12,980円1カラム
2カラム
-クリエイティブ系の会社の自社サイトを構築できる。
MONOLITH(TCD042)詳細12,980円1カラム
2カラム
-建築・設計系の会社の自社サイトを構築できる。

※ 販売価格は全て税込み価格で表記しています。

補足説明

」の印は、特にお勧めのWordPressテーマ(テンプレート)です。
有料販売されているWPテーマなので、高機能でブログ運営に役立つ機能が沢山搭載されています。

「レスポンシブ」と表記しているWPテーマは、スマートフォン・タブレット・PCの端末に表示内容を自動的に最適化できるレスポンシWebブデザイン対応です。

もし、わからない単語があったら、このページの下の方にある「用語解説」を参照して下さい。

初めての方へ

ねたわん管理人の一言

ねたわん

WPテーマを選ぶ際は、まずは、ブログで「何をやりたいか」を明確にしましょう。
やりたいことが明確になれば、どのWPテーマと相性が良いかが見えてくるはず。

WordPressとは?

ワードプレス

WordPress(ワードプレス)とは、オープンソースで開発されているWebサイトのコンテンツ管理システムです。ブログだけでなく、HTMLで作成したWebサイトも管理できます。

オープンソースで開発されており、誰でも無料で利用できます。

WordPressを利用することにより、思い通りにカスタマイズしたWebサイトを作り上げることができます。
ちなみに、当サイト「ネタワン」もWordPressを利用して運営しています。

テーマとは?

WordPressにおけるテーマとは、WordPressの外観(デザイン)を管理するテンプレートを集めたものです。
テーマを入れ替えると、外観や機能を変更することができます。

WordPressテーマは、無料で提供されているテーマもあれば、高機能なテーマが有料販売されている場合もあります。

用語解説

SEO「Search Engine Optimization」の略称のことであり、日本語に訳すと、検索エンジン最適化のことです。検索エンジンに対して最適化することで、検索エンジンの検索順位で上位表示されやすくする手法のことです。
付属品WordPressテーマ以外に付属するテンプレートがあるかを表しています。商品によっては異なるブログ管理ツール用のテンプレートをセット販売している商品もあります。特に記載が無ければ、WordPress以外のテンプレートは付属しません。
  • 「WPテーマ」 → WordPressテンプレート
  • 「HTML」 → HTMLテンプレート
  • 「WPプラグイン」 → 専用WordPressプラグイン
カラム行や列などで縦方向の列のことを表す言葉です。このページでは、テンプレートの表組みが縦方向に幾つ分かれているかを表しています。例えば、2カラムの場合、レイアウトが縦方向に2つに分かれていることを表します。
レスポンシブレスポンシブWebデザイン(Responsive WebDesign)に対応していることを表しています。
PC・タブレット・スマートフォンなど、あらゆる端末に最適化したWebサイトを、単一のHTMLで実現する制作手法です。Webブラウザーの画面サイズを基準にCSSでレイアウトを調整することで、端末ごとに専用サイトを用意することなく、様々な画面サイズに対応したWebサイトを制作できます。
LPランディングページ(LP)とは、インターネット広告・メルマガなどのリンクからページ遷移した際に、最初に着地(表示)するページのことです。会員獲得・商品販売など、目標とする成果を狙ったページを作成する際に利用されます。