ワードプレス関連の役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

WordPress入門 - ワードプレスをはじめよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2013.04.21

最終更新 2016.12.21

WordPress(ワードプレス)を初めて利用する方のために、WordPressを始めるのに役に立つ情報をまとめました。

WordPressは慣れるまでは少し難しく感じますが、コツさえわかれば簡単です。この記事を読めば、あなたもWordPressが始められます。

あなたもワードプレスをマスターし、ブログやWebサイトを構築して運営しましょう。

はじめに

WordPressとは?

ワードプレス

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのWebサイト管理システムです。ブログだけでなく、Webサイトも作れます。わかりやすく言うと、ブログやWebサイトの作成管理ツールです。

オープンソースで開発されており、誰でも無料で利用できます。もっと専門的な説明をすると、WordPressはPHPというプログラミング言語で書かれており、MySQLという規格のデータベースと連動して動作することで、動的にWebサイトを表示しています。

WordPressを利用することにより、思い通りにカスタマイズしたブログを作り上げることができます。ちなみに、当サイト「ネタワン」もWordPressを利用して運営しています。

WordPressを利用するメリット

  1. ブログやWebサイトの記事作成や更新が簡単にできる。
  2. WordPressは拡張性に優れている。機能を拡張できるプラグインが豊富にあり、プラグインを上手く活用すれば、様々な用途に拡張できる。
  3. 少し勉強は必要ですが、使い方を習得してしまえば、本格的なブログやWebサイトを効率的に構築・運用できる。
  4. WordPressテーマ(テンプレート)が豊富にある。無料や有料で提供されている多数のテーマの中から自分好みのテーマを選べる。
  5. 世界中に利用者が多い。参考書籍や参考サイトが多い。
  6. 機能制限やアクセス数の制限が一切無い。
  7. オープンソースで開発されているので、誰でも無料で利用できる。

WordPressの関連用語

WordPressを利用する上で、下記の用語は最低限覚えておきましょう。

テーマ

WordPressにおけるテーマとは、WordPressの外観(デザイン)を管理するテンプレートを集めたものです。テーマを入れ替えると、外観(デザイン)を変更することができます。テーマは無料版もあれば、有料販売されているものもあります。

もし、テーマをお探しであれば、WordPressテーマ・テンプレート比較を参考にして下さい。

プラグイン

WordPressにおけるプラグインは、WordPressの機能を拡張する役割があります。WordPressは、初期状態ではシンプルな機能しかありませんが、プラグインを利用することで、様々な機能を追加できます。便利なプラグインは、沢山あります。当サイトでは便利なプラグインを紹介しています。

もし、プラグインをお探しであれば、WordPress優良プラグイン50選をご覧下さい。

WordPressをはじめる

WordPressを始めるのに必要な物や情報をまとめました。

WordPressをはじめるのに必要な物

WordPressを始めるには、下記を用意する必要があります。
メールアドレスはレンタルサーバーや独自ドメインを契約する際に必要になります。Gmailなどのフリーメールでも問題ありません。

必要な物

  1. レンタルサーバー
  2. 独自ドメイン
  3. メールアドレス(連絡用)
  4. レンタルサーバーや独自ドメインの料金を支払うお金
レンタルサーバー
(ホスティング)

WordPressを設置するインターネット上の場所(サーバー)を借ります。ホスティングとも呼ばれます。不動産の賃貸物件のように、サーバー上の空間を月単位で契約して利用します。

レンタルサーバーは、格安レンタルサーバーからプロ向けの高機能レンタルサーバーまで様々あります。

個人的には、エックスサーバーwpXレンタルサーバーをお勧めします。サーバーのレスポンスが速いのと、データのバックアップ体制がしっかりしているので安心です。

独自ドメイン

独自ドメインは、簡単に説明すると、覚えやすいあなただけのインターネット上の住所を登録できるサービスです。

独自ドメインはレンタルサーバーの業者で取得することもできますが、ドメイン取得サービスとして一番有名な「お名前.com」で取得しておいた方が複数のドメインを管理しやすいのでオススメです。

メールアドレス

あなたが使用しているメールアドレスを用意して下さい。メールアドレスはレンタルサーバーや独自ドメインを契約する際に登録するので必要になります。Gmailなどのフリーメールでも問題ありません。

料金を支払うお金

最近のレンタルサーバーは、コンビニ決済や銀行振込でも料金を支払えるサービスが増えています。クレジットカードが無くても料金が支払えます。学生やフリーターでも安心して利用できます。

レンタルサーバーを借りる

自動インストール機能

初心者

あなたは、WordPressのインストール作業は、初心者には難しいと思っていませんか?

もちろん、手動でインストール作業を行うと、専門的な知識が必要になり、初心者には少し難しいです。しかし、レンタルサーバーに用意されている自動インストール機能(簡単インストール機能)を利用すれば、誰でも簡単にWordPressをインストールできます。

最近は、殆どのレンタルサーバーに自動インストール機能が搭載されています。初めての場合は、その機能を利用することをお勧めします。

WordPressのインストールが簡単で、Webサイトを運用するのに最適なレンタルサーバーを紹介します。マルチドメインやMySQL等のデータベースを利用でき、ディスク容量も比較的多いので、複数のWebサイトを運用することができます。

更に、これらのレンタルサーバーには、自動パックアップ機能も搭載されており、もしもの非常事態が発生しても復旧できるので安心です。

エックスサーバー

[マニュアル] ドメイン設定
[マニュアル] WordPress自動インストール
[マニュアル] WordPressのインストールについて
[お申し込み] エックスサーバーの申し込み

wpX

WordPressに特化した超高速レンタルサーバー&クラウドサービス

[マニュアル] ドメイン追加設定
[マニュアル] WordPress新規インストール
[マニュアル] WordPressについて
[マニュアル] WordPress各種設定
[お申し込み] wpXレンタルサーバーの申し込み

レンタルサーバー比較

WordPressの利用に最適なレンタルサーバーの比較記事をまとめました。レンタルサーバーは、業者やサービスごとに機能や料金が異なるので、詳しくは比較記事をご覧下さい。

参考記事

レンタルサーバー比較

独自ドメインを取得する

インターネット

レンタルサーバーの契約が済んだら、独自ドメインを取得しましょう。独自ドメインとは、Webサイトの住所みたいなものです。覚えやすいドメインを取得しましょう。

当サイトの例で説明すると、ドメインは「netaone.com」です。サイト名称を英語表記にして覚えやすいようにしています。

ドメインはレンタルサーバーで取得しても良いですが、ドメイン取得サービスとして一番有名な「お名前.com」で取得しておいた方が複数のドメインを管理する際に後々管理がしやすいです。

お名前.com

WordPress入門書籍

本

じっくり入門書を読んで勉強したい方は、下記の入門書籍をお勧めします。

Amazonで購入しなくても、最寄りの大きめの本屋さんのWeb関連書籍のコーナーに行けば、WordPress関連書籍は置いてありますので、自分に合う本を選んでみましょう。

ここで紹介している書籍は、ほんの一例です。どれが良い悪いとかはありません。自分がやりたいことに近いものを選びましょう。

ちなみに、この記事を書いているネタワンの管理人も、WordPressを最初に学んだ時は、下記のような書籍を何冊か購入して勉強しました。個人的には、最低2~3冊は読んで手元に置いておいた方が良い気がします。わからないことをその都度調べられるので便利です。

WordPress レッスンブック HTML5&CSS準拠

WordPressの入門書です。基本から応用テクニックまで、実際に作りながらマスター。サイトの拡張やカスタマイズ方法など、実践手法も網羅。スマートフォンに完全対応するためのテクニックも学べる。

WordPress ステップアップブック (STEP UP BOOK)

ステップバイステップ形式でマスターできる。WordPressの仕組みと動作を理解して、効率のよいテンプレートを作成するための最新技法が学べる。

基礎からのWordPress 改訂版 (BASIC LESSON For Web Engineers)

WordPressによるWebサイトの構築方法を、ブログサイト、一般サイトの両面から解説。オリジナルテーマによる効率的な学習により、必要な知識がすぐに身につきます。

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版

日本一読まれた、WordPress解説書の改訂版!手順通りにサンプルサイトを作りながら、導入から構築、運用までをやさしくマスター。

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)

WordPressを使えば、短期間で高機能なWebサイトを構築することができます。本書では、これからWordPressを学習する初級者を対象に、クライアントワークで使われる基本的なWordPressのノウハウを解説しています。WordPressの基礎知識、サイト構築の手順、独自テーマの作成、カスタマイズや運用まで、WordPressを使って本格的なWebサイトを構築・運用するためのノウハウを一通り取り上げています。

無料動画で学べるWordPress入門講座

デザイン

インターネット上の動画で学べるWordPress入門講座を紹介します。インターネット経由で自宅にいながら授業が受けられるなんて素晴らしいですね。会員登録すれば動画の講座を受講できます。講座は無料と有料の講座があります。

ドットインストール

ドットインストールでは、初心者向けに、動画でWordPressの基礎やカスタマイズ方法を解説するレッスンがあります。WordPress以外にも、プログラミングやHTMLやCSSなど、様々なWeb開発の基礎技術を学ぶことができます。Web開発の基礎を学びたい方には、非常に役に立つ学習サイトです。自分の興味のある分野のレッスンを探してみましょう。

ちなみに、初心者向けのレッスンが無料で公開されています。中級者・上級者向けのレッスンは有料になっているものが多いです。

参考記事

スクー

スクーはWeb業界で働くためのオンライン動画学習サービスです。WordPressに関する講座もあります。初心者向けの内容なので参考になります。

ちなみに、無料会員は生放送授業は無料で視聴できますが、録画授業の視聴は有料になります。

参考授業

おまけ

WordPressをプラグインで拡張する

設定

WordPressの入門書籍を読んだ後に、自分でWebサイトを運営し始めることになると思います。その際に、もし、どのプラグインをインストールしたらいいのか分からない場合は、便利なプラグインをまとめた特集記事を書いていますので、そちらを参考にして下さい。

参考記事

WordPressの優良プラグイン50選

WordPressテーマを乗り換える

デザイン

もしかして、あなたは、デフォルトのWordPressテーマ(テンプレート)を利用していますか?

WordPressテーマの良し悪しで、Webサイトの訪問者に対して与える印象が大きく変わります。デフォルトのテーマをそのまま利用せず、自分でカスタマイズするか、格好良いWPテーマを購入しましょう。もちろん、無料で提供されているWPテーマもありますので、自分の目的に合うWPテーマを探してみましょう。

参考記事

WordPressテーマ・テンプレート比較

アクセス解析ツールを導入しよう!

アクセス解析

WordPressを利用してWebサイトを運営するのであれば、アクセス解析ツールを導入しましょう。

Webサイトを運営する上で、アクセス解析ツールの利用は、必須と言っても過言ではありません。

アクセス解析ツールを活用し、自分が運営するWebサイトの現状を分析して把握することで、Webサイトの運営に役立たせましょう。

参考記事

無料で利用できるアクセス解析ツール

最後に

WordPressは慣れるまでに少し時間がかかります。WordPressに慣れるのに最短の道は「実践」です。

実際に自分でWebサイトを作ってみたり、ブログを運営したりすることで、運営ノウハウが溜まっていきます。焦らずに、じっくり取り組みましょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂き、ありがとうございます

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ソーシャルメディア & RSS

Twitter Facebook Google+ RSSフィード

スポンサーリンク

ワードプレステーマTCD

ネタワンでも利用しているTCDのWordPressテーマを紹介します。様々な種類のテーマが販売されています。

CORE(TCD027)

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」

マガジンスタイルのメディアサイト(ポータルサイト)を構築できるWordPressテーマ


ワードプレステーマTCDの詳細&レビューはこちら