WordPressの優良プラグイン

WordPress(ワードプレス)を利用してブログを運営する際に役立つプラグインを紹介します。

プラグインはWordPressの機能を拡張する役割があります。
プラグインを上手く活用すると、ブログの機能を増やして、ブログの運営を効率化できます。

ブログ運営に役立つ便利なプラグインが沢山あります。
あなたのブログに導入するプラグインを選ぶ際に参考にして下さい。

WordPressの便利なプラグインをあなたも活用しましょう。

この記事を読むと得られること
ねたわん

あなたが知らないプラグインが見つかるかも。
上手く活用すると、ブログ運営を効率化できます。

はじめに

プラグインとは?

ワードプレス

WordPress(ワードプレス)のプラグインは、WordPressの機能を拡張する役割があります。

WordPressの初期状態は、シンプルな機能しか用意されていませんが、
プラグインを利用することで、様々な機能を拡張できます。

便利なプラグインは沢山あります。
この記事では便利なプラグインを紹介しています。
あなたのブログで利用するプラグインを選ぶ際に参考にして下さい。

利用するプラグインは最小限に抑える

注意

ダメ、絶対、プラグインの入れすぎ

利用するプラグインの数があまりにも多いと、プラグインの相性問題が発生して、エラーが発生したり、ブログの表示が遅くなる原因になります。

本当に必要なプラグインだけを選んで導入してください。

利用するプラグインの数は10個以内に抑えるのが理想です。

バックアップ必須

初心者

この記事で紹介したプラグインをインストールする前に、WordPressのデータベースを必ずバックアップして下さい。

レンタルサーバーのサーバー環境によってはエラーが発生する場合があります。

初めて利用するプラグインは、本番環境にいきなり導入せず、別に用意したテスト環境で試す必要があります。

そして、問題がなければ本番環境に導入する流れが理想的です。

Googleツール連携

Webサイト運営者向けのGoogleツールとWordPressを連携できます。
サーチコンソール・アクセス解析・広告配信などのツールと円滑に連携できます。

Site Kit by Google

Site Kit by Google

Site Kit by Googleは、Googleツールと連携できるWordPressプラグインです。
Google公式のプラグインです。

WordPressを利用して運営するブログに対して、HTMLを直接編集することなく、連携用のタグを自動挿入して、Googleツールと簡単に連携できます。そして、有効化したサービスのレポート画面をWordPressの管理画面で確認できます。

WordPressを利用してブログを運用する場合、アクセス解析など、Googleツールを利用する場合が多いです。ブログ運営に役立つプラグインなので活用しましょう。

連携できるGoogleツール

  • Search Console(検索エンジン経由のトラフィック分析)
  • Analytics(アクセス解析)
  • AdSense(広告配信)
  • PageSpeed Insights(サイト表示速度計測)
  • Tag Manager(計測タグ管理)
  • Optimize(A/Bテスト)

オススメ理由

ねたわん

Googleツールのサーチコンソール・アクセス解析は、ブログを運営する上で定番のツールです。このプラグインを利用すると、簡単に連携できます。

こんな人にオススメ

  • Googleの公式プラグインがあることを知らなかった。
  • WordPressの管理画面からサーチコンソールやアクセス解析のレポートを確認したい。
  • ブログとGoogleツールとの連携を一元管理したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
ただし、翻訳ファイルが不完全な状態で提供されることがある。
導入の難易度 Googleツールを既に利用していれば、導入は簡単です。
インストール数 2,000,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされます。
プラグインの評判 全体的には好意的評価が多いようです。
WPテーマまたはサーバー環境によってはエラーが発生する場合があるようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Site Kit by Google」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

XMLサイトマップ

XMLサイトマップを利用することで、ブログの全ページの更新情報をGoogleの検索エンジンに円滑に伝えることができます。

XML Sitemaps

XML Sitemaps

XML Sitemapsは「Google」および「Bing」の検索エンジン向けのXMLサイトマップを自動生成できるWordPressプラグインです。

検索エンジン向けのXMLサイトマップを自動生成して、検索エンジンに対してXMLサイトマップを通知できます。そうすることで、ブログの更新情報を検索エンジンに円滑に伝えることができます。

ちなみに、このプラグインは「Google」および「Bing」の検索エンジンに対してXMLサイトマップを生成して通知する機能のみです。送信結果や詳細レポートを見たい場合は、別途、「Googleサーチコンソール」に登録する必要があります。

オススメ理由

ねたわん

シンプルで使いやすいプラグインです。
初期設定も簡単なので、ブログ初心者でも利用できます。

こんな人にオススメ

  • 検索エンジンの「Google」および「Bing」向けのXMLサイトマップを自動生成したい。
  • シンプルで使いやすいプラグインを利用したい。

補足情報

日本語化 プラグインの大部分が日本語化されています。
ただし、日本語化されていない部分もあります。
公式サイト・マニュアルは全て英語表記です。
導入の難易度 簡単に導入できます。
インストール数 1,000,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「XML Sitemaps」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

SEO(検索エンジン最適化)

WordPressのSEO(検索エンジン最適化)に役立つプラグインです。
あなたが利用しているWPテーマにSEOの機能が無ければ、これらのプラグインが役に立ちます。

Yoast SEO

Yoast SEO

Yoast SEOは、検索エンジンに対して最適化するSEO設定を一元管理できるWordPressプラグインです。
非常に高機能でありながら、基本機能は無料で利用できます。

このプラグインはGoogleなどの検索エンジンと円滑に連携するために必要になる様々な機能が搭載されています。記事編集エディタのSEO設定の強化、SNS用メタタグ生成、XMLサイトマップ生成など、 SEOに役立つ機能が満載です。

このプラグインはWeb系の専門技術者などの玄人に評価が高い傾向があります。
設定項目が多くて少し複雑ですが、慣れてしまえば、非常に役立つプラグインです。
SEOに役立つプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

Web系の専門技術者の玄人に評価が高いプラグインです。

こんな人にオススメ

  • ブログのSEO設定を一元管理したい。
  • WPテーマにシンプルな機能しか無いので、SEOを強化する機能を拡張したい。

補足情報

日本語化 プラグインの殆どの部分が日本語化されています。
ただし、マニュアル・保守サポートは全て英語表記です。
導入の難易度 初期設定の設定ウィザードが用意されているので、簡単に始めることができます。
ただし、有料版の案内が多く表示され、無料版のみを利用しようとすると、煩わしく感じるかもしれません。
インストール数 5,000,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 全体の評判は良好です。
前提条件として、SEOの基礎知識が必要になります。多機能なので設定が複雑です。
有料版の有無 高度な機能は、有料版の機能として提供されています。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Yoast SEO」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

記事を装飾する

ブログの記事を装飾して、記事の見た目を良くできます。

Shortcodes Ultimate

Shortcodes Ultimate

Shortcodes Ultimateは、50以上のデザインパーツを利用して記事を装飾できるWordPressプラグインです。ショートコードを利用してブログの記事を装飾できます。

プラグインを有効化すると、記事を編集するエディタの上部にショートコード挿入ボタンが追加されます。そのボタンをクリックすると、ショートコードが記事に挿入されます。テキストリンク用のボタンはデザインを柔軟にカスタマイズできます。

このプラグインを利用すると、ブログの記事の見た目が格段に良くなります。ブログの記事は文字だけでは、記事を読む人に地味な印象を与えてしまいます。このプラグインを活用して記事を装飾して見た目を良くしましょう。

オススメ理由

ねたわん

あなたが利用しているWPテーマに記事の装飾機能が無ければ、このプラグインが役に立ちます。

こんな人にオススメ

  • ブログの記事を装飾して見た目を良くしたい。
  • 多数の装飾機能があるプラグインを利用したい。

補足情報

日本語化 プラグインの大部分が日本語化されています。
ただし、日本語化されていない部分もあります。
公式サイト・マニュアルは全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 700,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。
有料版 高度な機能は、有料版の機能として提供されます。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Shortcodes Ultimate」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

Instant Images

Instant Images

Instant Imagesは、無料の画像素材サイトと連携できるWordPressプラグインです。

「Pixabay」と「Unsplash」に登録されている写真・イラストの画像素材を無料でダウンロードできます。
商用・非商用を問わず、無料で利用できます。

プラグインの管理画面から画像素材を検索して、WordPressのメディアライブラリに1クリックで取り込むことができます。日本語での検索にも対応しています。

ブログはアイキャッチ画像で印象が大きく変わります。
もし、アイキャッチに利用する画像素材をお探しであれば、無料で利用できる画像素材を活用しましょう。

有料の画像素材ほどではありませんが、良質な画像素材が数多く登録されています。
ブログ運営に役立つプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

無料で利用できる画像素材を検索してダウンロードできます。
商用・非商用を問わず、無料で利用できます。

こんな人にオススメ

  • 無料で利用できる高画質の画像素材を探している。
  • ブログのアイキャッチ画像に利用する画像を探している。
  • 自由に使える画像素材を探している。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
ただし、翻訳が不完全な部分が多々あります。
導入の難易度 導入は簡単です。
APIの登録が必要な素材サイトもあります。
インストール数 100,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Instant Image」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

ブログの機能追加

ブログの外観の機能を拡張できるプラグインです。
記事を読みやすくしたり、便利な機能を増やすことができます。

Table of Contents Plus

Table of Contents Plus

Table of Contents Plusは、記事の目次を自動生成できるWordPressプラグインです。

投稿・固定ページの記事に記述した見出しのHTMLタグ(H1〜H6)を基に目次を自動生成します。

記事の目次が自動生成されるので、手動で目次を作成して更新したり、アンカーリンクを張る手間が省けます。目次を利用すれば、ブログの閲覧者が記事の内容を一目で把握しやすくなる効果が期待できます。

このプラグインを利用するには、見出しのHTMLタグ(H1〜H6)を階層的に記述する必要があります。仕様に慣れるまでに少し戸惑うかもしれませんが、慣れれば非常に便利なプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

ブログの記事に目次を表示すると、記事の内容を一眼で把握しやすくなります。
シンプルで使いやすいプラグインです。

こんな人にオススメ

  • ブログの記事に目次を表示したい。
  • シンプルで使いやすいプラグインが良い。
  • 目次に表示する見出しの階層を細かく指定したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
公式サイト・マニュアルは全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 300,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Table of Contents Plus」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Postsは、記事を人気順にランキング表示できるWordPressプラグインです。サイドバーやフッターにウィジェットで人気記事ランキングを表示できます。

このプラグインは、一日の平均閲覧数、累積閲覧数、コメント数などを基に、サイト内の記事を人気順にランキング表示できます。記事のサムネイル画像を表示することもできます。

あなたのブログに記事が増えてきたら、このプラグインを利用し、サイドバーやフッターに人気記事ランキングを表示しましょう。そうすることで、ブログ閲覧者を人気のある記事へ誘導し、記事の閲覧数を増やす効果があります。

オススメ理由

ねたわん

ブログの記事をアクセス数順にランキング表示できます。
人気のある記事を目立たせることで、記事の合わせ読みを誘発します。

こんな人にオススメ

  • ブログの人気記事ランキングをサイドバーまたはフッターに表示させたい。
  • ブログの読者を人気のある記事に誘導したい。
  • 記事の合わせ読みを誘発したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 200,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WordPress Popular Posts」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

AddToAny Share Buttons

AddToAny Share Buttons

AddToAny Share Buttonsは、100以上のSNS・メッセージアプリ・ソーシャルブックマークなどのシェアボタン・フォローボタンを利用できるWordPressプラグインです。画面の横でフローティング(浮遊)するシェアボタンの機能もあります。

このプラグインは世界の主要な「SNS、通話アプリ、ソーシャルブックマーク、後で読むサービス」などに対応しています。日本向けサービスの「はてなブックマーク、LINE」にも対応しています。このプラグイン1つで、世界の100以上のサービスに対応できます。

シェアボタンのカスタマイズ性も優れています。シェアボタンの表示内容・表示順番・表示サイズは自由に変更できます。SNSのシェアボタンを目立たせたい場合に役に立ちます。便利なプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

ブログにSNSのシェアボタンを表示するプラグインの中で一番使いやすい。

こんな人にオススメ

  • ブログにSNSのシェアボタンを表示したい。
  • SNSのシェアボタンをフローティング(浮遊)させたい。
  • 様々なソーシャルメディアのシェアボタンを表示したい。

補足情報

日本語化 プラグインの大部分が日本語化されています。
ただし、日本語化されていない部分もあります。
公式サイト・マニュアルは全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 500,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「AddToAny Share Buttons」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

Easy FancyBox

Easy FancyBox

Easy FancyBoxは、高機能なLightbox系のWordPressプラグインです。記事のサムネイル画像をクリックした際に、拡大画面を別ウィンドウ風にふわっと浮いた感じで表示できます。

画像の拡大表示のみであれば、プラグインをインストールして有効化するだけで利用できます。
画像以外にも、YouTube動画・PDFなど、様々な形式に対応しています。

このプラグインを利用すると画像の拡大表示が視覚的に格好良くなるので、ブログの記事を読む人になんとなく先進的な印象を与えることができます。

オススメ理由

ねたわん

Lightbox系のプラグインで一番使いやすいです。

こんな人にオススメ

  • ブログでLightboxを利用したい。
  • ブログで画像を拡大表示することが多い。
  • ブログで大きい画像を公開している。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
ただし、日本語化されていない部分もあります。
公式サイトは全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 300,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。
有料版 高度な機能は、有料版の機能として提供されます。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Easy FancyBox」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

記事編集の効率化

ブログの記事編集を効率化する機能を拡張できます。

Shortcoder

Shortcoder

Shortcoderは、頻繁に利用するHTMLコードを登録してショートコードで呼び出して利用できるWordPressプラグインです。記事作成の効率化に役立ちます。

ブログで頻繁に利用するHTML・JavaScript・CSSコードを登録して、頻繁に利用する定型文やコードを使い回すことができます。

ブログを運営していると、頻繁に利用する定型文があると思います。その頻繁に利用するHTMLコードをパーツ化して使い回すことで、記事編集を効率化できます。

オススメ理由

ねたわん

頻繁に利用する定型文を使い回すことで、記事編集を効率化できる。

こんな人にオススメ

  • ブログで利用するHTML・JS・CSSコードを色々な場所で使い回したい。
  • ブログでコードスニペットを利用したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
公式サイト・マニュアルは全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 100,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Shortcoder」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

Advanced Editor Tools

Advanced Editor Tools

Advanced Editor Tools(旧名称:TinyMCE Advanced)は、ブロックエディタとクラシックエディタに高機能なエディタメニュー・ツールバー機能を拡張できるWordPressプラグインです。

ブロックエディタを利用する場合は、ブロックエディタ上で拡張したクラシックエディタの機能を利用できます。

クラシックエディタを拡張する様々な機能が用意されており、クラシックエディタを自分好みにカスタマイズできます。プラグインの管理画面は日本語化されており、初心者でも問題なく利用できます。

クラシックエディタを自分好みにカスタマイズすることで、ブログの記事作成を効率化できます。非常に便利なプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

クラシックエディタに高機能なエディタメニュー・ツールバー機能を拡張できる。

こんな人にオススメ

  • クラシックエディタを愛用している。
  • クラシックエディタの機能を増やしたい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 2,000,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Advanced Editor Tools」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

Yoast Duplicate Post

Yoast Duplicate Post

Yoast Duplicate Postは、以前書いた記事の内容や設定を新しい記事に複製できるWordPressプラグインです。

プラグインをインストールすると、投稿一覧画面や投稿画面に「複製リンク」が追加されます。以前書いた記事をベースに記事を新たに書き直す場合に活用すると、記事を書く作業が捗ります。

もし、過去に書いた記事をベースにして記事を新たに書き始める場合は、このプラグインを活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

記事を簡単に複製できます。
以前の記事を基にして、記事を作成する場合に役立ちます。

こんな人にオススメ

  • 以前の記事を複製して、新しい記事を作成したい。
  • 記事の型がある程度決まっていて、記事を複製する機会が多い。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
公式サイト・マニュアルは全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 4,000,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Duplicate Post」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

ウィジェット・サイドバー

ウィジェットの機能を拡張できるプラグインです。

Custom Sidebars

Custom Sidebars

Custom Sidebarsは、サイドバーの作成・置き換えができるWordPressプラグインです。

利用中のWordPressテーマが定義したウィジェット(サイドバー)とは別に、カスタム・サイドバーを新たに作成して、既存のサイドバーと置き換えることができます。

一般的な仕様のWordPressテーマは、ウィジェットの表示エリアは1個または少数しか用意されていない場合が多いです。

このプラグインを利用することで、カスタム・サイドバーを自由に作成して、記事ごとにカスタム・サイドバーを指定して表示させることができます。

記事ごとに最適化した専用のサイドバーを表示したい場合に役立つプラグインです。

オススメ理由

ねたわん

WPテーマに1つのサイドバーしか定義されていなくても、サイドバーを自由に作成して、記事ごとに表示するサイドバーを指定できます。

こんな人にオススメ

  • ブログの記事ごとに表示するサイドバーを自由に指定したい。
  • ブログの特集ページごとに複数のサイドバーを切り分けて表示したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されていません。
全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 200,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。
ただし、WPテーマによっては、相性問題が発生する場合があるようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Custom Sidebars」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

Category Order and Taxonomy Terms Order

Category Order and Taxonomy Terms Order

Category Order and Taxonomy Terms Orderは、投稿とカスタム投稿タイプのカテゴリーの表示順番を変更できるWordPressプラグインです。記事のカテゴリーの並び替えができます。

投稿とカスタム投稿タイプのカテゴリーは、標準では表示順番を変更することができませんが、このプラグインを利用することで、カテゴリーの表示順番をドラッグ&ドロップ操作で自由に変更できます。

記事のカテゴリーが増えて、カテゴリーの表示順番を変更して表示内容を整えたい場合、このプラグインが役に立ちます。便利なプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

記事のカテゴリーの表示内容を整える際に役立ちます。

こんな人にオススメ

  • 記事のカテゴリーを整理整頓したい。
  • カスタム投稿タイプのカテゴリーを整理整頓したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 500,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Category Order and Taxonomy Terms Order」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームを設置する際に役立つプラグインです。

Contact Form 7

Contact Form 7

Contact Form 7は、お問い合わせフォームを利用できるWordPressプラグインです。
簡単にメールフォームを設置できます。

WordPressにお問い合わせフォームを設置したい場合は、このプラグインを活用しましょう。
シンプルで使い方も簡単です。連携できるプラグインの数も多く、拡張性に優れています。

プラグインの利用者も多く、信頼性が高いプラグインです。
ブログにお問い合わせフォームを設置する際に活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

シンプルで使いやすいプラグインです。
日本の開発者なのでマニュアルが分かりやすい。

こんな人にオススメ

  • お問い合わせフォームをカスタマイズしたい。
  • シンプルでカスタマイズ性の高いプラグインを利用したい。

補足情報

日本語化 日本製のプラグインです。
日本語環境での運用に完全対応。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 5,000,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Contact Form 7」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

バックアップ

ブログのデータを丸ごとバックアップできるプラグインです。

UpdraftPlus

UpdraftPlus

UpdraftPlusは、WordPressで構築したブログを丸ごとバックアップして復元できるプラグインです。
バックアップのスケジュール設定とバックアップの復元が簡単にできます。

このプラグインを利用すると、データベース、プラグイン、テーマ、アップロードファイルのバックアップと復元ができます。

バックアップの保存先は、FTPや様々なオンラインストレージサービスに対応しています。別途契約したレンタルサーバーにFTP接続でバックアップを取ったり、別途契約したオンラインストレージサービスにバックアップが保存できます。

このプラグインは無料で提供されている機能だけでも十分過ぎるほど高機能です。有料販売されている便利な拡張機能もあります。

オススメ理由

ねたわん

ブログの丸ごとバックアップと復元ができる。

こんな人にオススメ

  • ブログのバックアップと復元が簡単にできるプラグインを利用したい。
  • バックアップのスケジュールを設定したい。

補足情報

日本語化 プラグインの大部分が日本語化されています。
公式サイト・マニュアルは全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 3,000,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。
有料版 高度な機能は、有料版の機能として提供されています。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「UpdraftPlus」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

データベース管理

データベースを管理するのに役立つプラグインです。

WP-Optimize

WP-Optimize

WP-Optimizeは、WordPressのデータベースの最適化と不要なデータの削除ができるプラグインです。

このプラグインはWordPressのデータベースの最適化ができます。それに加え、データベースの中の不要なデータを削除(クリーンアップ)して、データベースの容量を減らすことができます。

WordPressのデータベースは、最適化を行わずに運用し続けていると、データベースの中に余分なデータが増えてしまいます。あまりにも容量が増えすぎると、ブログが重くなる原因になることがあります。

それを予防するために、WordPressのデータベースを定期的に最適化・クリーンアップする必要があります。このプラグインは一度設定すると、後は継続的に処理が実行されます。ブログ運営者の手間が増えることはありません。

オススメ理由

ねたわん

データベースの最適化・不要なデータの削除が簡単にできる。

こんな人にオススメ

  • WordPressのデータベースの最適化を自動化したい。
  • WordPressのデータベースの中にある不要なデータを削除したい。

補足情報

日本語化 プラグインの大部分が日本語化されています。
公式サイト・マニュアルは全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 1,000,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。
有料版 高度な機能は、有料版の機能として提供されます。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP-Optimize」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

Search Regex

Search Regex

Search Regexは、データベース内にあるデータの検索・置換ができるWordPressプラグインです。
データベース内のテキスト・URL・HTMLなどを一括して修正できます。

WordPressを利用して構築したブログ・Webサイトのデータベース内のテキスト・URL・HTMLなどを一括置換する際に利用すると役に立ちます。

例えば、「サイトリニューアル」や「サーバー移転」の際にデータベースの内容を修正したい場合などで活用できます。

オススメ理由

ねたわん

データベースの置換が簡単にできる。

こんな人にオススメ

  • データベース内のテキスト・URL・コードを一括して修正したい。
  • 検索語句で「正規表現」を利用したい。

補足情報

日本語化 プラグインの大部分が日本語化されています。
公式サイト・マニュアルは全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
ただし、これは専門技術者が使うツールです。
初心者は絶対に利用しないで下さい。
インストール数 200,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
ただし、最新版の「3.0」はまだベータ版のようです。
最新版はGithubで公開されています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Search Regex」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

セキュリティ対策

WordPressのセキュリティ(防犯)を強化するのに役立つプラグインです。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginは、WordPressの管理画面とログイン画面に対して不正ログインを試みる攻撃から防御することに特化したセキュリティ対策のWordPressプラグインです。

ブルートフォース攻撃、パスワードリスト攻撃など、WordPressの管理画面に不正にログインを試みる攻撃や、コメントスパムを受けにくくするための機能が搭載されています。画像認証の文字は「ひらがな」と「英数字」から選択できます。ひらがなによる画像認証は、日本語が分からない外国人には突破困難なので、セキュリティ対策として役に立ちます。

このプラグインは日本の企業が開発・運用しています。プラグインの管理画面やオンラインマニュアルが全て日本語表記です。難しい初期設定などはありません。初心者でも安心して利用できます。

ちなみに、このプラグインは、ロリポップ(GMOグループ)、CPI(KDDIグループ)のレンタルサーバーでもWordPressのセキュリティ対策プラグインとして採用されています。運用実績もあり、信頼性が確かなプラグインです。

オススメ理由

ねたわん

大手のレンタルサーバーでも利用されているプラグインです。
日本で開発されているのでマニュアルが分かりやすい。

こんな人にオススメ

  • 日本のレンタルサーバーと相性の良いセキュリティ対策のプラグインを利用したい。
  • WordPressの管理画面に不正ログインを試みる攻撃や、コメントスパムから防御したい。

補足情報

日本語化 日本製のプラグインです。
日本語環境での運用に完全対応。
導入の難易度 導入は簡単です。
説明をよく読んで機能を有効化して下さい。
インストール数 500,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「SiteGuard WP Plugin」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

Two-Factor

Two-Factor

Two-Factorは、WordPressのログイン認証に「二段階認証」の機能を拡張できるプラグインです。

WordPress管理画面に対して、もう一回(一段階)の認証を追加できます。二段階認証の方式は「メール」「ワンタイムパスワード」「セキュリティキー」を利用して認証する方式が利用できます。

このプラグインはWordPress管理画面に対しての不正なログインを防ぎたい場合に活用でき、ログイン認証のセキュリティを強化できます。

オススメ理由

ねたわん

ブログの管理画面に「二段階認証」の機能を拡張できる。

こんな人にオススメ

  • ブログの管理画面にログインする際に、ワンタイムパスワードを発行して認証したい。
  • Google認証システムを利用した二段階認証を利用したい。
  • メールを利用した二段階認証を利用したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 30,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Two-Factor」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

ボット・スパム対策

自動化されたbot(ボット)からの不正リクエストなどから防御できます。

reCaptcha by BestWebSoft

reCaptcha by BestWebSoft

reCaptcha by BestWebSoftは、自動化されたボット(BOT)による悪意のあるリクエストから防御できるWordPressプラグインです。

Googleのボット対策ツール「reCAPTCHA v3」および「reCAPTCHA v2」とWordPressを連携させることができます。一般的なブログであれば、無料で利用できます。(月間100万リクエストまで)

WordPress管理画面の「ログインフォーム」「ユーザー登録フォーム」「パスワード再送信フォーム」などの入力フォームに対して、自動化されたボット(BOT)による悪意のあるリクエストから防御する機能を実装できます。

WordPressの入力フォームに対しての悪意のあるリクエストから防御したり、ブログのコメントフォームに投稿されるコメントスパムから防御する効果が期待できます。

「reCAPTCHA」は無料で利用できる定番のボット対策ツールです。セキュリティ対策のプラグインと併用して運用すると更に効果を高めることができます。便利なプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

「Contact Form 7」と組み合わせて利用することをお勧めします。
そうすれば、無料で「reCaptcha」の機能を利用できます。

こんな人にオススメ

  • 自動化された悪意のあるリクエストがブログに来るので悩まされている。
  • ボット(BOT)からのリクエストを遮断したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されていません。
導入の難易度 このプラグインを利用するには「Google reCAPTCHA v3」への登録が必要になります。
利用するブログのドメインを登録して、キーを取得して下さい。
インストール数 200,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 全体的には好意的評価が多いようですが、テーマ・プラグインによっては相性問題が発生する場合があるようです。
テスト環境で試した上で本番環境に導入して下さい。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「reCaptcha by BestWebSoft」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

管理メニュー

管理画面のメニューが増えた際に、メニューを並び替えて整理できます。

Admin Menu Editor

Admin Menu Editor

Admin Menu Editorは、管理メニューの並び替え・編集ができるWordPressプラグインです。
WordPress管理画面の管理メニューの「並び替え・文言変更・非表示・権限変更・新規追加」ができます。

WordPressの管理画面は、利用しているプラグインの数が増えてくると、管理メニューの項目が増え過ぎて、メニューの一覧性が低下して、結果的に操作性が悪くなることがあります。(メニューが増え過ぎて整理されていない感じが出る)

このプラグインを利用すると、管理メニューと第二階層のサブメニューを自分好みに並び替えたり、文言を変更することで、管理メニューの表示内容を整理整頓することができます。

ブログの編集作業を効率化するには、WordPress管理画面の管理メニューの表示内容の最適化が必要です。利用しているプラグインの数が増えてくると、役に立つプラグインです。

オススメ理由

ねたわん

管理画面の管理メニューを自分好みに整えることができます。

こんな人にオススメ

  • 管理画面の管理メニューを自分好みに並び替えしたい。
  • 利用しているプラグインの数が増えて、管理メニューを整理したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されていません。
全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 300,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。
有料版 高度な機能は、有料版の機能として提供されます。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Admin Menu Editor」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

サイト保守・点検

ブログの保守・点検に役立ちます。

Broken Link Checker

Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、リンク切れを自動検出できるWordPressプラグインです。

ブログの記事内にある「リンク切れ」を自動的にチェックして、リンク切れを検出したらダッシュボードで通知してくれます。

プラグインをインストールして有効化するだけで、後はプラグイン側が継続的にリンク切れのチェックを行なってくれます。プラグインの設定は初期設定のままでも運用できます。設定は必要に応じて調整してください。

WordPressを利用してブログを運用する際に非常に役立つプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

ブログ記事のリンク切れを自動検出できる。

こんな人にオススメ

  • ブログのリンク切れを無くしたい。
  • リンク切れの検出を自動化したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 700,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Broken Link Checker」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

WP Maintenance Mode

WP Maintenance Mode

WP Maintenance Modeは、ブログのメンテナンス中のページを表示できるWordPressプラグインです。

ブログのメンテナンス中に、ブログのフロントエンド(公開領域)を非公開にして、メンテナンス中のメッセージを表示できます。ブログのリニューアルなど、サイト全体に変更を加えている作業途中に利用すると役に立ちます。

メンテナンス中のメッセージの文言は、自由に変更できます。それに加え、自分が用意した背景画像または、予め用意された背景画像から選択して表示することができます。

ちなみに、管理者ユーザーでログインした状態では、自分のブログにアクセスしてもメンテナンス中の画面は表示されません。自分自身(管理者ユーザー)にはメンテナンス中の画面が表示されないので、ブログのリニューアル作業を妨げることはありません。

オススメ理由

ねたわん

ブログをリニューアルする際に、ブログを一時的に非公開にして変更作業を行うことができます。

こんな人にオススメ

  • ブログに変更を加える際に、ブログを一時的に非公開にして、メンテナンス中のメッセージを表示したい。
  • メンテナンス中に表示する内容を自由に変更したい。

補足情報

日本語化 プラグインの殆どの部分が日本語化されています。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 900,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP Maintenance Mode」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

Password Protected

Password Protected

Password Protectedは、サイト全体にパスワード認証による閲覧制限を設定できるWordPressプラグインです。

WordPressで構築したWebサイト全体に簡易的なパスワード認証による閲覧制限をかけることができます。パスワードを入力して認証したユーザーだけがWebサイトを閲覧できるようになります。

このプラグインは制作途中のWebサイトやテストサーバーなど、Webサイトを自分以外に見せたくない場合に利用します。手動でBASIC認証を設定する手間も省けます。

WordPressでWebサイトを制作する際に役立つプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

ブログを検証用のテスト環境として利用する際に役立ちます。

こんな人にオススメ

  • ブログを一般公開しないで利用したい。
  • パスワードを知っている人のみが閲覧できるブログにしたい。
  • ブログを検証用のテスト環境として利用したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されている。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 300,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Password Protected」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

Redirection

Redirection

Redirectionは、リダイレクトを管理できるWordPressプラグインです。サイト内のリダイレクト(転送)をプラグインで管理できます。

このプラグインは指定したURLに対してのアクセスを自動転送したい場合に役立ちます。

その機能に加え、記事のURLを変更した場合、新しいURLに転送する処理をプラグイン側が自動で行うこともできます。記事のURLを変更してもリンク切れを防いでくれるので非常に役立ちます。

オススメ理由

ねたわん

ブログのリダイレクトを管理できます。
シンプルで使いやすいです。

こんな人にオススメ

  • 記事のURLを変更した際に、新しいURLにリダイレクトしたい。
  • 非公開にした古い記事から新しい記事にリダイレクトしたい。
  • シンプルで使いやすいプラグインを利用したい。

補足情報

日本語化 プラグインの大部分は日本語化されています。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 2,000,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Redirection」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

コード管理

WordPressにPHP・CSS・JSのコードを追加したい時に役立ちます。

Code Snippets

Code Snippets

Code Snippetsは、WordPressテーマの関数を定義する「functions.php」のPHPコードを管理できるプラグインです。

通常の場合は「functions.php」にPHPコードを直接記述しますが、それだとWordPressテーマをアップデートした際に上書きしてしまったり、記述するコードが増えてコードがゴチャゴチャになる可能性があります。

このプラグインを利用すると、上記の問題を解消し、尚且つ「functions.php」に記述するPHPコードを整理できます。自分用のメモ欄もあるので、何の役割のコードかを把握しやすくなります。

そして、最初から記述してあったPHPコードと、自分が新たに追加したPHPコードを別々に分けて管理することができます。非常に便利なプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

WPテーマの設定をカスタマイズする際に「子テーマ」を利用する必要がなくなる。

こんな人にオススメ

  • WPテーマをアップデートしてもカスタマイズ内容を保持したい。
  • WPテーマの親子テーマを直接編集したくない。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されていません。
全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
ただし、これは専門技術者が利用するプラグインです。
初心者は利用しないで下さい。
インストール数 600,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Code Snippets」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

Simple Custom CSS and JS

Simple Custom CSS and JS

Simple Custom CSS and JSは、ブログのフロントエンドまたは、管理画面のバックエンドにCSS・JS・HTMLのコードを挿入できるWordPressプラグインです。

WPテーマのテンプレートを直接編集することなく、フロントエンドまたはバックエンドの表示内容をカスタマイズできます。

フロントエンド(ブログ公開領域)、バックエンド(管理画面領域)、ログイン画面のヘッダーまたはフッターにCSS・JS・HTMLのコードを挿入できます。コードの挿入位置や挿入形式はオプションで指定できます。

このプラグインを利用すると、WPテーマのテンプレートを直接編集する必要がないので、ブログや管理画面の表示内容を調整する際に挿入するコードを一元管理できます。すなわち、ブログのメンテナンスを効率化できます。

オススメ理由

ねたわん

ブログのフロントエンド・バックエンドに挿入するコードを一元管理できる。

こんな人にオススメ

  • ブログの公開領域にCSS・JS・HTMLのコードを挿入したい。
  • ブログの管理画面にCSS・JS・HTMLのコードを挿入したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 400,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。
有料版 高度な機能は、有料版の機能として提供されます。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Simple Custom CSS and JS」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

ページ表示の高速化

WordPressのページ表示を高速化することにより、利用者のページ・エクスペリエンス(良好体験)を改善できます。

Autoptimize

Autoptimize

Autoptimizeは、JavaScript・CSS・HTMLのコードを軽量化・圧縮して、Webサイトのページ読込・表示を高速化できるMinifyのWordPressプラグインです。

WordPressで構築したブログのJavaScript・CSS・HTMLコードを最適化・連結を行い、サーバー上に静的ファイルをキャッシュ(一時保存)してページ読込を高速化できます。
それに加え、JavaScript・画像ファイルの遅延読込を行うことでページ読込を高速化します。

WordPressを利用してブログを運営する際に、利用するプラグインが増えてくると、プラグインが出力するJavaScript・CSS・HTMLのコードが増えてしまい、ブログのページ表示が遅くなる場合があります。WordPressを利用したブログのページ読込・表示速度を改善したい場合、このプラグインが役に立ちます。

例えば、Googleが提供している「PageSpeed Insights」のスコアを改善する際に役立ちます。
Web開発の専門知識が必要になりますが、ブログ運営に役立つMinifyのプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

WordPressで動作する「Minify」のプラグインです。
ブログのコードを簡単に軽量化できます。

こんな人にオススメ

  • PageSpeed Insights のスコアを改善したい。
  • JavaScript・CSS・HTMLのコードを軽量化したい。
  • 画像ファイルを遅延して読み込ませたい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されています。
導入の難易度 導入は簡単です。ただし、実際に出力されるコードを自分で確認しながら、設定を調整する必要があります。
インストール数 1,000,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Autoptimize」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

WebP Converter for Media

WebP Converter for Media

WebP Converter for Mediaは、画像ファイルをWebP形式に自動変換して、画像の容量を軽量化できるWordPressプラグインです。ブログの表示を高速化できます。

WordPressのメディアライブラリに画像ファイルをアップロードすると、JPEG・PNG・GIF形式の画像ファイルをWebP形式に自動変換します。画質設定もできます。

このプラグインの特徴として、画質を保ちながら画像の容量を減らすことができます。
そして、同じサーバー内で変換処理を行います。外部サーバーに画像データを送信することはありません。

ちなみに、このプラグインを利用しても、変換前のオリジナル画像はそのまま残ります。
HTML内の画像URLが変更されることはありません。
画像URLは「mod_rewrite」を利用して置き換えられます。
プラグインを停止すれば、画像ファイルは元の状態に戻ります。

WebP形式に変換した画像ファイルは、平均で「約30%」の容量を削減できます。

このプラグインはGoogleが提供する「PageSpeed Insights」のスコアを改善する際に役立ちます。
SEOに役立つプラグインなので活用しましょう。

オススメ理由

ねたわん

Googleが推奨している「WebP」形式の画像に自動変換できます。

こんな人にオススメ

  • ブログのページ表示を高速化したい。
  • 「PageSpeed Insights」のスコアを改善したい。
  • 画像ファイルを「WebP」形式に変更したい。

補足情報

日本語化 プラグインは日本語化されていません。
全て英語表記です。
導入の難易度 導入は簡単です。
インストール数 200,000以上
アップデート頻度 定期的にアップデートされています。
プラグインの評判 レビュー・サポートフォーラムでは、好意的評価が多いようです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WebP Converter for Media」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

まとめ

この記事は便利なWordPressプラグインを沢山の人に知ってもらうことを目的に書きました。
あくまでも、ねたわん管理人が個人的にオススメしているプラグインです。
あなたのブログの運営に役立つプラグインがあれば活用しましょう。

念のために説明しておきますが、WordPressのプラグインを過度にインストールしないで下さい
利用するプラグインの数が多すぎると、プラグイン同士が影響し合い、エラーが発生したり、ブログの表示が遅くなることがあります。本当に必要なプラグインだけを選んで利用して下さい。

ちなみに、この記事は定期的に内容を追記・入替えしています。
ブックマークしておくと、良いことがあるかも。

これ大事です

  • 初めて利用するプラグインは、必ずテスト環境で動作を試す。
  • プラグインをインストールする前に、必ずデータベースをバックアップする。
  • 利用するプラグインの数を最小限に抑える。
  • 気に入ったプラグインがあれば、有料版の導入も検討しましょう。
    無料版は機能制限が多く、作業効率が良くない場合があります。
  • 有料になりますが、多機能型のWordPressテーマを上手く活用すると、
    利用するプラグインの数を画期的に減らせます。

選定基準

プラグインの選定基準
  • ブログ運営を効率化できるプラグインであること。
  • 初心者でも利用できるプラグインであること。
  • 日本語化されているプラグインを優先して掲載しています。
  • 利用者が多く、評価が高いプラグインを優先して掲載しています。
優良プラグインから除外する基準

下記条件に該当するプラグインは、定期的に確認して、改善されない場合は、この記事から除外しています。

  • プラグインが1年以上更新されない。
  • プラグインが保守されず、放置されている。
  • サポートフォーラムに投稿される質問に開発者が返信を行わず放置している。
  • サポートフォーラムでの評判が著しく悪い。