ワードプレス関連の役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

アフィリエイトに役立つWordPressプラグイン18選

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2013.04.16

最終更新 2017.02.08

アフィリエイトやAdSense等のPPC広告の運用に役立つ便利なWordPressプラグインを紹介します。

主に広告コード管理や広告の訴求力を上げるのに役立つWPプラグインなどです。これらのWPプラグインを活用してアフィリエイトやAdSense等のPPC広告で収益を上げましょう。

この記事で紹介するWPプラグインは、基本的に全て無料で利用できます。画面に表示されるDONATE(寄付)は、任意なので必ず寄付をする必要はありません。WPプラグインによっては機能をさらに拡張した有料版のWPプラグインが用意されているものもあります。WPプラグインが気に入った場合は、有料版のプラグインの導入も検討してみましょう。有料版のプラグインの購入は、開発者への支援にもなります。

追記 2016.12.22

[追加] Linker

はじめに

必ずバックアップをお取り下さい!

WordPressプラグインをインストールする前に、必ずデータベースのバックアップをお取り下さい。

サーバー環境によってはWPプラグインにエラーが発生する場合があります。十分にご注意下さい。WPプラグインはいきなり本番サーバーで利用せず、別に用意したテスト環境で試した上で本番サーバーで利用することをお勧めします。

広告コード管理

Wp-Insert

Wp-Insert

Wp-Insertは、ブログの様々な場所に広告コードを挿入できるプラグインです。AdSenseやアフィリエイトの広告コードを投稿や固定ページに挿入できます。

広告コードの挿入位置は、記事の上部・下部・中央・左回り込み・右回り込み、ウィジェット、PHPコード指定など、様々な場所と方法に対応しています。広告コードの表示条件やCSS設定も細かく設定できます。Google Analyticsなどのアクセス解析コードの挿入機能もあります。

このプラグインは、ブロガーやアフィリエイターにお勧めです。ブログに表示する広告コードを管理するプラグインとして非常に高機能で役に立ちます。便利なプラグインなので活用しましょう。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Wp-Insert」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Wp-Insert – ブログの様々な場所に広告コードを挿入できるWordPressプラグイン

Quick Adsense

google

Quick Adsenseは、Google AdSense(グーグル・アドセンス)の広告コードをブログの記事本文やサイドバーに自動挿入できるプラグインです。広告コードはAdSense以外のコードも利用できます。

このプラグインを利用すると記事本文の「上下」「中央」「サイドバー」に広告コードを自動挿入できます。それに加え、記事投稿画面のテキストエディタ(HTMLモード)に専用のタグを挿入するボタンが追加されます。

このプラグインを利用するメリットは、広告コードを記述する際にWordPressテーマのテンプレートファイルを直接編集する必要が無くなり、広告コードの管理が楽になります。

もし、あなたのWebサイトでGoogle AdSense等の広告コードを利用する場合は、このプラグインを活用しましょう。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Quick Adsense」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Quick Adsense – Google AdSense 広告コードを記事やサイドバーに挿入できるWordPressプラグイン

AdRotate

AdRotate

AdRotateは、複数のバナー広告を管理できる高機能なプラグインです。登録したバナーの表示回数やクリック回数を確認できる統計機能もあります。表示位置の指定は、ウィジェット・ショートコード・PHPの3通りに対応しています。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「AdRotate」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

WP125

アフィリエイト

WP125は、125×125ピクセルのバナー広告を管理する事に特化したプラグインです。バナー広告のランダム表示機能やクリック数の統計機能もあります。

このプラグインは、ブログにアフィリエイト用のバナー広告を掲載する際に役立ちます。サイドバーの横幅が270ピクセル以上あるテーマで使用すると、125×125ピクセルのバナー広告を縦に二列に並べて表示できます。

もし、あなたがブログで125×125ピクセルのバナー広告を利用する場合は、このプラグインを活用しましょう。このプラグインは意外に役立ちますよ。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP125」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

WP125 – 125×125ピクセルのバナー広告を簡単に管理できるWordPressプラグイン

Amazonアソシエイト

Amazon JS

Amazon JS

Amazon JSは、アマゾンのアフィリエイト商品紹介リンクを記事に掲載できるプラグインです。あなたのWebサイト上でアマゾンで販売されている商品を簡単に紹介できます。

このプラグインは、ショートコードを利用して記事に何個もアリフィエイト用のタグ貼り付けることができます。CSSとJavaScriptで見栄えも良くなります。

このプラグインを利用するには、AmazonアソシエイトAmazon Product Advertising API のアカウントが必要です。Amazon.com の登録画面が英語表記ですが、登録作業は簡単です。アカウント登録は無料です。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Amazon JS」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Amazon JS – アマゾンのアフィリエイト商品紹介リンクを掲載できるWordPressプラグイン

広告の訴求力アップ

広告の訴求力アップには、サイドバーに配置した広告をスクロール追尾させると効果的です。広告以外でも、ソーシャルメディアのフォローボタンやメルマガ登録ボタンなどを追尾表示させると効果的です。

尚、AdSenseの広告をスクロール追尾させるとアドセンスの規約違反になります。これらのプラグインでAdSenseの広告を動かさないようにして下さい。スクロール追尾させるのは、AdSense以外の広告にして下さい。

Q2W3 Fixed Widget

Q2W3 Fixed Widget

Q2W3 Fixed Widgetは、サイドバーのウィジェットをスクロール移動(フローティング)させることができるプラグインです。

プラグインをインストールして有効にすると、ウィジェットの下に「Fixed widget」という設定項目が現れます。そこにチェックを入れると、ウィジェットの表示領域が画面の動きに合わせてスクロール移動するようになります。

このプラグインを活用すると、例えば、ソーシャルメディアの共有ボタンやアフィリエイトのバナー広告などを目立つように工夫できます。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Q2W3 Fixed Widget」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Q2W3 Fixed Widget – サイドバーのウィジェットをスクロール移動できるWordPressプラグイン

Strx Magic Floating Sidebar Maker

スクロール

Strx Magic Floating Sidebar Makerは、サイドバーの表示領域を画面の移動に合わせて、スクロール移動(フローティング)させることができるプラグインです。

このプラグインを使用するには、あなたが使用しているWordPressテーマのCSS構造に合わせて設定を変更する必要があります。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Strx Magic Floating Sidebar Maker」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Strx Magic Floating Sidebar Maker – サイドバーをスクロール移動できるWordPressプラグイン

短縮URL&リダイレクト

Pretty Link Lite

Pretty Link Lite

Pretty Link Liteは、WordPressに短縮URLの機能を拡張できるプラグインです。Webサイトを独自ドメインで運用している場合、自分の独自ドメインで短縮URLが利用できます。

このプラグインは、アフィリエイトやソーシャルメディアへの投稿で利用できます。特にアフィリエイトで活用すると役に立ちます。短縮URLの文字列は自由に変更可能です。なので、URLをディレクトリ構造のようにすることもできます。アフィリエイト用の紹介URLを隠す(目立たなくする)用途でも使えます。

尚、このプラグインは、有料版もありますが、無料版の機能だけでも十分に役に立ちます。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Pretty Link Lite」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Pretty Link Lite – 独自ドメインで短縮URLを利用できるWordPressプラグイン

Linker

Linker

Linkerは、自分のWebサイトで短縮URLを利用できるWordPressプラグインです。WPプラグインの機能はシンプルです。

短縮URLはURLが長いリンクを効率的に管理する為に利用します。短縮URLから「転送先のURL」にリダイレクトします。短縮URLのクリック数も記録できます。

例えば、Webサイトやメルマガに広告のリンクを掲載する場合、広告配信サービス(ASP)から提供された紹介URLをそのまま利用すると、URLが広告であることが一目でわかるので、URLがクリックされにくい場合があります。このWPプラグインを利用すると、自分のWebサイトのパーマリンク構造(URL構造)で短縮URLを利用できるので、その問題を解消できます。尚且つ、広告やリンク先のURLを管理しやすくなります。

短縮URLの機能があるシンプルなWPプラグインを探している方は活用しましょう。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Linker」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Linker – 短縮URLを利用できるシンプルなWordPressプラグイン

Affiliate Link Cloaking

リダイレクト

Affiliate Link Cloakingは、アフィリエイトの転送URL(短縮URL)を管理できるプラグインです。短縮URLを利用したリダイレクトや転送回数の統計機能があります。

このプラグインは、アフィリエイトの紹介URLに転送させて利用します。アフィリエイトの紹介URLは、標準では長くて分かりにくいので、自分が管理しやすい転送URL(短縮URL)を登録し、そのURLからアフィリエイトの紹介URLに転送されるように設定します。

このプラグインを上手く活用すると、テキストリンク経由のアフィリエイト成果報酬が発生しやすくなります。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Affiliate Link Cloaking」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Affiliate Link Cloaking – アフィリエイトの転送URLを管理できるWordPressプラグイン

Quick Page/Post Redirect Plugin

Quick Page/Post Redirect Plugin

Quick Page/Post Redirect Pluginは、Webサイト内のリダイレクトを管理できるプラグインです。記事やURLごとにリダイレクトを自由に設定できます。

このプラグインを利用すると、Webサイト内のリダイレクトをまとめて管理できます。専用のリダイレクト管理画面や記事編集画面にリダイレクトの設定項目を追加できます。

このプラグインは「記事のURLを変更した場合」や「アフィリエイトなどのテキスト広告にリダイレクトを利用する場合」に活用できます。リダイレクトを沢山利用する場合は、このプラグインでまとめて管理した方が効率的です。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Quick Page Post Redirect Plugin」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Quick Page/Post Redirect Plugin – リダイレクトをまとめて管理できるWordPressプラグイン

Google AdSense

Google AdSense

Google AdSense

Google AdSenseは、グーグル・アドセンス公式のプラグインです。AdSense広告の掲載位置をHTML編集なしで設定できます。

広告管理機能に加え、WordPress管理画面にAdSenseとウェブマスターツールのリンクを追加し、1クリックでAdSenseとウェブマスターツールにアクセスできるようになります。

AdSenseとウェブマスターツールを頻繁に閲覧する方は、このプラグインを利用すると、WordPress管理画面から1クリックでアクセスできるので、サイト管理の効率が上がります。

もし、あなたのWebサイトにAdSense広告をまだ掲載していなければ、このプラグインを活用し、AdSense広告を掲載してみましょう。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Google AdSense」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Google AdSense – グーグル・アドセンス公式のWordPressプラグイン

Google Adsense Dashboard

Google Adsense Dashboard

Google Adsense Dashboardは、Google AdSenseのパフォーマンスレポートをWordPressのダッシュボード上に表示できるプラグインです。AdSenseの収益金額をグラフ表示で確認きます。

このプラグインを利用すると、Google AdSenseの管理画面にログインすることなく、ダッシュボード上でAdSenseのパフォーマンスレポートを閲覧できます。

もし、Google AdSenseのアカウントがあなたが普段利用しているGoogleアカウントと別のアカウントの場合や、Google AdSenseの管理画面に毎回ログインするのが面倒な場合は、このプラグインを利用すると便利です。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Google Adsense Dashboard」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Google Adsense Dashboard – アドセンスのパフォーマンスレポートをダッシュボードに表示できるWordPressプラグイン

期間限定の記事を公開する

Post Expirator

カレンダー

Post Expiratorは、記事に対して公開期限(公開終了日時)を設定できるプラグインです。記事を期間限定で公開したい場合に利用すると便利です。

例えば、期間限定のキャンペーンの記事を公開する際に、キャンペーン日時終了後に自動的に記事が非公開になるように設定できます。

このプラグインは、ビジネスやアフィリエイトで利用すると非常に役立ちます。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Post Expirator」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Post Expirator – 記事に公開期限を設定できるWordPressプラグイン

ソーシャルメディア連携

Revive Old Post

Revive old post

Revive Old Postは、WordPressの過去記事をTwitterとFacebookにランダム投稿できるプラグインです。

このプラグインは、ソーシャルメディアに対して、過去記事のランダム投稿を自動化できます。ツイートに含めたくないカテゴリーや記事の除外設定もできます。

WordPressを利用してWebサイトを運営する場合、記事数が増えてきたら、過去に書いた記事をソーシャルメディアに再投稿しましょう。そうすることで、Webサイトのアクセス数を増やすことができます。このプラグインを活用し、過去に書いた優良記事などを再投稿してWebサイトを活性化させましょう。

ちなみに、このプラグインは、以前は「Tweet old post」という名前でした。現在はバージョンアップして機能が拡張されています。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Revive Old Post」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Revive Old Post – 過去記事をTwitterとFacebookにランダム投稿できるWordPressプラグイン

便利なツール

直接アフィリエイトに関係はありませんが、これらのプラグインも役に立ちます。アフィリエイトの収益を上げるのに活用しましょうう。

Redirection

Redirection

Redirectionは、301リダイレクトを管理するプラグインです。任意のURLに対してのアクセスを自動転送できます。

その機能に加え、記事URLを変更した場合、新しいURLに転送する処理をプラグイン側が自動で行なってくれます。記事URLを変更しても、リンク切れを防いでくれるので、非常に役立ちます。

このプラグインは、アフィリエイト用のプラグインではありませんが、アフィリエイトリンクのリダイレクトに利用してみても良いかもしれません。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Redirection」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Redirection – 301リダイレクトを管理できるWordPressプラグイン

Broken Link Checker

Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、自分のWebサイト内のリンク切れを自動的に探して、リンク切れがあったら教えてくれるプラグインです。

プラグインをインストールするだけで、後はプラグイン側が継続的にリンク切れのチェックを行なってくれます。管理画面は初期設定のままでも利用でき、非常に簡単で便利なプラグインです。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Broken Link Checker」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Broken Link Checker – リンク切れを自動的にチェックするWordPressプラグイン

Search Meter

Search Meter

Search Meterは、あなたのWebサイトの「検索ボックス」で何のキーワードで検索されているかがわかるプラグインです。Webサイト利用者の検索需要がわかるので便利です。サイト利用者が何を探しているかを分析することで、それに対応する商材を紹介することでアフィリエイトの成約率が上がるかもしれません。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Search Meter」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Search Meter – 検索ボックスで検索しているキーワードが分かるWordPressプラグイン

まとめ

これらのWPプラグインを活用し、アフィリエイトやAdSense等のPPC広告で収益を上げましょう。どのWPプラグインも非常に役に立ちます。

自分のアフィリエイトサイトと相性の良いWPプラグインを探してみましょう。

参考

WordPressプラグインのまとめ記事

この記事以外にもWordPressプラグインの解説記事を用意しています。
下記の記事も合わせてご覧下さい。

参考記事

WordPressテーマをパワーアップしよう!

ロケット

この記事で紹介しているプラグインを活用すれば、WordPressの機能拡張はバッチリですね。

もし、WordPressテーマ(テンプレート)も合わせて格好良くパワーアップしたい場合は、下記の記事を参考にして下さい。お勧めのWPテーマをまとめています。

個人的には、ワードプレステーマTCDがお勧めです。簡単に格好良いWebサイトが運営できます。様々な種類があるので、自分の目的に合うWPテーマを選びましょう。

参考記事

WPテーマ比較

ワードプレステーマTCD

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます

ネタワンは皆様の善意に支えられています。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

    • もいすちゃ
    • 2016年 5月 15日

    お聞きしたい事があります。

    ウィジェットで広告を表示させるため
    Adrotate を利用しております。
    広告はA8のものです。

    最近、A8の広告でリンク切れ?
    (その広告が終わると、A8のおなじみの
    人気ランキングのページに差し換わります)

    になっていました。

    こういう事に対しての対策って
    どの様に取れば宜しいのでしょうか?

    最低限、リンク切れとそのページを知る方法さえあればいいのですが・・・

      • ネタワン管理人
      • 2016年 5月 15日

      プログラム管理にある「終了プログラム」から終了した(終了予定の)プログラムを確認するしか方法はないと思いますよ。
      または、登録したプログラムが終了する際は、メールでもお知らせが来るので、日頃からそのメールをチェックしておきましょう。

        • もいすちゃ
        • 2016年 7月 17日

        やはり地道にそうですか・・・

        ありがとうございます!

CAPTCHA


ネタワンを購読する

Twitter
Facebook
Google+
Feedly follow us in feedly
Push7

初心者向け

WordPress使い方ガイド
WordPress入門

スポンサーリンク

賢威7 - SEOマニュアル&テンプレート

新バージョンの賢威7が購入者向けに先行公開中。


賢威7の詳細&レビューはこちら