有料の写真素材サイト

有料のストックフォト(写真素材サイト)を紹介します。圧倒的に高品質で、ロイヤリティフリーの写真素材を利用できます。購入した写真素材は、自分のサイト内であれば、何度でも使い回して利用できます。

有料販売と言っても、海外の写真素材サイトの場合は、安いサイトは「素材画像1枚あたり200円」くらいで買えたりします。結構安いので、費用対効果に優れています。

有料の写真素材を購入しても、十分に元が取れます。まだ利用したことがない人は、試しに利用してみましょう。

はじめに

ストックフォトとは?

ストックフォト

ストックフォト(Stock Photo)とは、写真素材やイラスト素材などを購入できる素材サイトのことです。

デザインの制作現場で頻繁に利用される素材を販売者側が予め用意しておき、素材の利用者は使用料を支払うことで素材を利用する権利を購入します。

主に広告代理店・出版社・Web制作会社・フリーランスのデザイナーなどのプロの制作現場で利用されることが多いです。もちろん、個人で利用しても問題ありません。

例えば、予め用意されている素材の中から予算に応じて目的に合う素材を選び、素材の使用料を支払うことで、高品質な素材を入手することができます。そうすることで、写真の撮影や画像の編集作業にかかる時間や人件費を節約できます。

なぜ有料の写真素材を買うの?

疑問

無料の写真素材サイトがあるのに、なぜお金をかけてまで有料の写真素材を購入する必要があるのかと疑問に思われる方もいると思います。

無料の写真素材サイトは、どうしても「素材の品質が低い」「探している素材がなかなか見つからない」など、無料だから諦めないといけない部分が多々あります。

ブログで記事を書く際に、アイキャッチ画像に登録する画像は、記事の内容を視覚的に分かりやすくする画像を登録します。

その画像の品質が高ければ、記事を読む人の印象も良くなります。そして、SNSで記事が拡散されやすくなり、ブログのアクセス数が増えて、結果的に広告収入が増える効果が期待できます。

圧倒的に高品質

有料の写真素材サイト(ストックフォト)は、圧倒的に写真素材の品質が高いです。また、登録されている素材の数が多いので、あなたが探している素材を短時間で見つけやすいです。

登録されている素材は、写真素材だけでなく、イラスト素材も多数登録されています。イラスト素材の場合は、ベクター形式(EPS)の素材が用意されているものもあります。

素材探しの時間を節約できる

無料の写真素材を探す際、探している素材がなかなか見つからなくて、時間を無駄に費やしていませんか?

この問題は写真素材サイトを使っている人の共通の悩みかもしれません。時間はお金と同じです。時給に換算してみてください。場合によっては、有料の写真素材を購入した方が安上がりかもしれません。

素材を何に使うの?

購入した素材は、例えば下記の様な用途で利用できます。

  • ブログのアイキャッチ画像(記事の先頭に配置する画像)
  • ブログの挿し絵(記事の内容を視覚的に説明する画像)
  • Webサイトのメインビジュアル画像(トップページなどに配置する大きな画像)
  • Webサイトのバナー画像
  • Webサイトの背景画像

安くて高品質な海外の写真素材サイト

海外の安くて高品質な写真素材サイト(ストックフォト)を紹介します。
日本語キーワードでの検索にも対応しています。

特徴としては、圧倒的に安くて、素材が高品質です。
低解像度の画像は、ブログ用のアイキャッチ画像として利用するのに最適です。

Fotolia

Fotolia

Fotolia(フォトリア)は、安価で高品質な写真素材サイトです。写真素材、イラスト素材、ベクター素材、動画素材のロイヤリティフリー素材を利用できます。この素材サイトはAdobeの関連会社が運営しています。

サイト全体が日本語化されており、日本語キーワードで素材を検索できます。写真素材は欧米のモデル・日本人のモデルの両方が登録されています。グラフィック素材は英語表記の素材が多いです。

クレジットカード決済の他に「PayPal決済」に対応しています。日本からでも安心して購入ができます。非常にお勧めの素材サイトです。

補足

Fotoliaは、Adobeの傘下の会社が運営しています。
「Adobe Stock」への誘導リンクが大きく表示されますが、
「Fotolia」と「Adobe Stock」は、別々のサービスです。

Fotoliaでは、低解像度の写真素材を利用することができます。
ブログで利用する場合は、Fotoliaの方が素材の単価が安いのでお勧めです。

単品価格 低解像度 1素材あたり 185円~
※ 素材ごとに料金が異なる
品質 安くて高品質
素材の種類 写真素材 JPEG
イラスト素材 JPEG
ベクター素材 EPS
動画素材 MP4
※ ファイル形式は素材によって異なる。
素材登録数 117,000,000以上
素材の探し方 日本語・英語のキーワードで検索できる。
日本語のキーワード検索は精度が高い。
支払方法 クレジットカード
PayPal
銀行振込
運営会社拠点 アメリカ

日本の高品質な写真素材サイト

日本の会社が運営しているストックフォト(写真素材サイト)を紹介します。
日本の会社が運営する素材サイトなので、日本向けの写真素材が多いです。
また、購入後のサポート体制も万全です。

PIXTA

PIXTA

PIXTA(ピクスタ)は、日本の高品質な写真素材サイトです。写真素材、イラスト素材、動画素材、音楽素材のロイヤリティフリー素材を利用できます。

日本の会社が運営しているので安心して利用できます。様々な支払方法に対応しています。法人利用の場合は、請求書払いにも対応しています。

日本の制作会社やフリーランスの方が利用する場合は、この素材サイトが一番使いやすいかもしれません。

単品価格 Web用 1素材あたり 540円~
※ 素材ごとに料金が異なる
品質 高品質
素材の種類 写真・イラスト素材 JPEG形式
ベクター素材 EPS形式
PNG素材 PNG形式
動画素材 MOV形式
音楽素材(BGM、効果音、音声、歌)
※ ファイル形式は素材によって異なる。
素材登録数 32,100,000以上
素材の探し方 日本語のキーワードで検索できる。
支払方法 クレジットカード
請求書払い(法人のみ)
口座振替(法人のみ)
運営会社拠点 日本

海外の高品質な写真素材サイト

海外の高品質なストックフォト(写真素材サイト)を紹介します。

Shutterstock

Shutterstock

Shutterstock(シャッターストック)は、海外の高品質な写真素材サイトです。登録されている素材の数が圧倒的に多く、素材の質も圧倒的に高品質なのが特徴です。

写真、イラスト、ビデオ、ミュージックのロイヤリティフリー素材を利用できます。一般向けの写真素材だけでなく、報道機関向けのエディトリアル素材も用意されています。

登録されている素材は、欧米と日本の素材が登録されています。

単品価格 オンデマンドプラン 1素材あたり 1,200円~
※ 詳しい料金体系はサイト上の説明をご覧ください。
品質 圧倒的に高品質
素材の種類 写真素材 JPEG、TIFF
報道用素材
動画素材
音楽素材
※ 素材ごとに料金が異なる
素材登録数 199,000,000以上
素材の探し方 日本語のキーワードで検索できる。
英語表記のグラフィック素材を探す際は、英語のキーワードで探した方がヒットする件数が多い。
支払方法 クレジットカード
運営会社拠点 アメリカ

iStock

iStock

iStock(アイストック)は、海外の高品質な写真素材サイトです。写真、イラスト、ビデオ、オーディオのロイヤリティフリー素材を利用できます。

登録されている素材は、欧米と日本の素材を利用できます。素材が非常に高品質です。

単品価格 1素材あたり 1,200円〜
※ 素材ごとに料金が異なる
品質 高品質
素材の種類 写真素材 JPEG
イラスト素材 ベクター形式
映像素材 MOV、MP4、WMV
素材登録数 多数
素材の探し方 日本語・英語のキーワードで検索できます。英語表記のグラフィック素材を探す際は、英語のキーワードで探した方がヒットする件数が多いです。
支払方法 クレジットカード
PayPal
運営会社拠点 カナダ

出版・報道向け

テレビ・雑誌などでよく利用されているストックフォト(写真素材サイト)を紹介します。
価格単価は高めですが、圧倒的に高品質で様々な種類の素材があります。

Getty Images

Getty Images

Getty Images(ゲッティ イメージズ)は、高品質な写真素材サイトです。写真、イラスト、ビデオ、ミュージックのロイヤリティフリー素材を利用できます。

この素材サイトは、主にテレビ・雑誌などのマスコミ関連でよく利用されています。業務向けの素材サイトです。クリエイティブ関連の素材に加え、ニュース、エンターテイメント、スポーツ、歴史関連の素材が充実しています。

単品価格 低解像度 1素材あたり 9,000円〜
※ 素材ごとに料金が異なる
品質 高品質
素材の探し方 日本語のキーワードで検索できます。
運営会社拠点 アメリカ

アマナイメージズ

アマナイメージズ

アマナイメージズは、高品質な写真素材サイトです。写真、イラスト、動画、音素材のロイヤリティフリー素材を利用できます。

この素材サイトは、主にテレビ・雑誌などのマスコミ関連でよく利用されています。業務向けの素材サイトです。通常の写真素材に加え、ニュース、エンターテイメント、スポーツの素材が充実しています。

単品価格 低解像度 1素材あたり 4,536円~
※ 素材ごとに料金が異なる
品質 高品質
素材の探し方 日本語のキーワードで検索できます。
運営会社拠点 日本

備考

各サイトに記載されている素材の単価は、購入金額が多い場合の最安単価なので、実際の購入単価と異なる場合が多いです。この記事では、1万円以内の金額の場合で、1枚あたりの単価を計算しています。

まとめ

有料のストックフォト(写真素材サイト)で有名なサービスは上記サイトになります。
有名所はひと通り紹介していると思います。

「Fotolia」と「Shutterstock」の素材サイトは、素材の品質が高いのでお勧めです。
日本語のキーワードで素材を探すこともできます。
自分の利用目的に合う素材サイトを選びましょう。

アイキャッチ画像で記事の印象が変わる

ブログのアイキャッチ画像は、ブログを運営する上で非常に重要な役割があります。

記事の内容に関連する写真素材やイラスト素材を上手く活用すると、記事の印象が大きく変わります。上手く活用すると、記事を読む人の反応が格段に良くなります。

本気で運営しているブログであれば、有料の素材を利用しても、十分に元が取れます。ブログから発生する収益を拡大するための投資と考えましょう。

まずは、ブログのアイキャッチ画像を劇的に変えてみることから始めてみましょう。

特にお勧め

Fotolia

海外と日本の高品質な写真素材・イラスト素材・動画素材を利用できます。日本の素材も多数登録されています。

低解像度の写真素材もあるので、ブログ用のアイキャッチ画像を安価に購入できます。

Shutterstock

圧倒的に高品質な写真素材・イラスト素材・動画素材・報道機関向け写真素材などを利用できます。

高品質なプロ仕様の素材をお探しの方にお勧めです。