Duplicatorは、WordPressのデータを丸ごと複製して簡単にサーバー移転ができるプラグインです。運用中のWordPressのデータのクローンを作成して別の場所に移設できます。

具体的に説明すると、WordPressの「データのバックアップ」「データの移設」ができます。データを移設する際は、専用のインストーラーとアーカイブを作成して、そのデータを移転先のサーバーにアップロードして利用します。

このプラグインを利用すると、WordPressのサーバー移転作業を簡略化できます。WordPressの設置場所の移設やローカルPCに開発環境を新たに設ける場合は、このプラグインを活用して移設作業を効率化しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPressのデータを丸ごと複製して簡単にサーバー移転(移設)ができる。
  2. 「データのバックアップ」「データの移設」が簡単にできる。
  3. インストーラーがあるので移転先でのWordPressの再構築が簡単。
  4. 移転前のサーバーをスキャンして、このプラグインが利用可能か事前に確認できる。

利用イメージ

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Duplicator」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

使用上の注意点

  1. このプラグインは比較的規模の小さいWebサイトのデータ移設に適しています。Webサイト全体のファイル容量が大きい場合、処理に時間がかかりすぎてエラーになる場合があります。記事や画像ファイルの数が多いサイトでの利用には向いていません。
  2. このプラグインは処理に負荷がかかるので、いわゆる格安レンタルサーバーでは動作しません。また、WordPressを自動インストールでしかインストールできないレンタルサーバーでは利用できません。ちなみに、「エックスサーバー」では問題なく動作することを確認しました。
  3. WordPressを移設するには、移転先のMySQLのデータベース情報(DBホスト名、データベース名、ユーザー名、パスワード)が必要です。予め情報を用意しておきましょう。

パッケージの作成

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Duplicator

Duplicator

パッケージの作成

まず始めに、インストーラーとバックアップデータの役割があるパッケージを作成します。「Create New」のタブをクリックして下さい。

パッケージ作成

パッケージ作成の準備

パッケージ作成に必要な情報を入力します。「Archive」と「Installer」の情報は、初期設定のままでも問題ありません。

「Next」をクリックすると、パッケージが作成可能かどうかを確認する為のスキャンを実行します。

パッケージ作成の準備

スキャン実行中

スキャンを実行中の画面です。スキャン完了までお待ち下さい。

スキャン実行中

スキャン完了

スキャンが完了すると、スキャンの結果が表示されます。一般的なレンタルサーバーの環境では、スキャン結果が「Good」になります。パッケージのファイルサイズも確認できます。

「Build」をクリックすると、パッケージ生成が実行されます。

もし、スキャン結果が「Warn」と表示される場合は、現在利用中のレンタルサーバーでは、利用できない可能性があります。特殊なサーバー環境の可能性があるので、このプラグインは利用しない方が良いかもしれません。その場合は、「XMLエクスポート」などの方法で移転作業を行いましょう。

スキャン完了

パッケージのダウンロード

パッケージ生成が完了すると、インストーラー(Installer)とアーカイブ(Archive)の2つのファイルをダウンロードできるようになります。各ボタンをクリックして自分のPCにファイルをダウンロードして下さい。ダウンロードした2つのファイルは、移転先のサーバーにアップロードして、WordPressを再構築する際に利用します。

パッケージのダウンロード

インストーラー installer.php
アーカイブ NETAONE_544301515c5d73489141019000953_archive.zip

パッケージのインストール

次に、移転先のサーバーのWordPressを設置するディレクトリに先程ダウンロードした2つのファイルをFTPソフトでアップロードします。ファイルをアップロードしたディレクトリがWordPressを設置するディレクトリになります。

そして、パッケージのインストーラーのPHPファイル(installer.php)をブラウザで開いて実行して下さい。

URLの例

http://移転先サーバー/設置ディレクトリ/installer.php

MySQLのデータベース情報入力&構築

MySQLのデータベース情報を入力します。データベース情報を入力したら、「Test Connection…」をクリックして、データベースの接続テストを行って下さい。接続に問題がなければ、「Success」と表示されます。接続テストが上手くいかない場合は、入力した情報に誤りがあるということです。入力したデータベースの情報を再度確認しましょう。

データベースの接続テストが完了し、注意事項(英語)を確認した上でチェックを入れると、「Run Deployment」のボタンがクリックできるようになります。ボタンをクリックすると、パッケージの再構築が実行されます。

MySQLのデータベース情報入力&構築

設定の上書き

WordPressの設定を上書きする内容が表示されます。上が移転前の設定で、下が移転先の新しい設定です。内容に問題がなければ、「Run Update」をクリックして設定の上書きを実行しましょう。

設定の上書き

WordPressの再構築完了

WordPressの再構築が完了しました。エラーメッセージが表示されていなければ、正常に完了しています。何か問題が発生した場合は、メッセージの内容を確認しましょう。

これで作業は完了です。移転先のWordPress管理画面にログインし、問題がないか確認しましょう。ログインIDとログインパスワードは移転前のサーバーと同じです。WordPressテーマとプラグインの設定は、移転前のサーバーと同じ状態になっています。

WordPressの再構築完了

不要なデータを削除する

WordPressの再構築完了後、インストール時に利用した2つのファイルは、不要なので削除しておきましょう。

まとめ

Duplicatorは、WordPressのデータを丸ごと複製して簡単にサーバー移転ができるプラグインです。運用中のWordPressのデータのクローンを作成して別の場所に移設できます。

このプラグインを利用すると、WordPressのサーバー移転作業を簡略化できます。WordPressの設置場所の移設や、ローカルPCに開発環境を新たに設ける場合は、このプラグインを活用して移設作業を効率化しましょう。

個人的に、このプラグインが役に立つと思うのが、ローカルPCにテストサーバーなどの開発環境を新たに設ける場合です。運用中のWordPressのデータを丸ごと複製できます。WordPressテーマやプラグインを開発または変更を加える場合は、WordPress用のテスト環境を簡単に素速く構築できるので役に立ちます。あなたも活用してみましょう。

スポンサーリンク