ワードプレス関連の役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

無料で使えるコンテンツスライダーのWordPressプラグイン5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2013.04.06

最終更新 2017.02.08

無料で使えるコンテンツスライダーのWordPressプラグインを紹介します。

コンテンツスライダー機能を利用すると、Webサイトの訪問者に対し、視覚的にサイトのイチオシ情報をアピールすることができます。Webサイトのトップページなどで、動く大きなバナー画像を配置し、そこからおすすめ記事や特集記事にリンクして誘導することができます。

もし、あなたが利用しているWordPressテーマにコンテンツスライダーの機能が無ければ、これらのWPプラグインを活用しましょう。無料で提供されているプラグインですが役に立つWPプラグインです。

追記 2016.04.18

  • Smart Slider を最新バージョンの内容に差し替えました。
  • 最近更新されていないプラグインを削除しました。

はじめに

必ずバックアップをお取り下さい!

WordPressプラグインをインストールする前に、必ずデータベースのバックアップをお取り下さい。

サーバー環境によってはWPプラグインにエラーが発生する場合があります。十分にご注意下さい。WPプラグインはいきなり本番サーバーで利用せず、別に用意したテスト環境で試した上で本番サーバーで利用することをお勧めします。

コンテンツスライダーとは?

コンテンツスライダーは、大きなバナー画像をスライド表示させ、Webサイトの訪問者に見てもらいたい記事や情報をアピールする際に用いられます。訪問者をおすすめ記事や特集記事に誘導する役割もあります。Webサイトのトップページ等でよく利用されています。

ちなみに、コンテンツスライダーの名称は「スライダー」「カルーセル」とも呼ばれます。基本的に同じものとお考え下さい。

コンテンツスライダー動作見本

Smart Slider 3 動作見本

Meta Slider 動作見本

コンテンツスライダーを利用するメリット

  1. Webサイト訪問者に対し、視覚的にサイトのイチオシ情報をアピールできる。
  2. Webサイト訪問者をおすすめ記事や特集記事に誘導できる。
  3. なんか動いているので、凄そうに見える。(先進性の印象を与える?)

コンテンスライダー

Smart Slider 3

Smart Slider 3

Smart Slider 3 は、WordPressにコンテンツスライダー機能を拡張できるプラグインです。バージョンアップして更に使いやすくなりました。スライダーにバナー画像・テキスト・リンクなどを配置して一定間隔で切り替え表示ができます。スライダーの上に複数のレイヤーを重ねてレイアウトを自由に編集することもできます。

管理画面の機能が非常に高機能になっており、スライダーを柔軟にカスタマイズ可能です。スマートフォンやタブレット端末に表示内容を自動的に最適化できるレスポンシブWebデザインにも対応しています。スライダーの表示位置はショートコードまたはPHPコードを記述して指定します。

このプラグインは無料版と有料版があります。無料版だけても十分過ぎるほど高機能で使いやすいです。非常に役に立つプラグインなので活用しましょう。

このプラグインが優れている点

  1. コンテンツスライダーを簡単に作成・管理できる。
  2. スライダーの上に複数のレイヤーを重ねて自由にレイアウトを編集できる。
  3. プラグインの管理画面が高機能で使いやすい。
  4. コンテンツスライダーを表示させる位置はショートコード又はPHPコードで指定できる。
  5. プラグインの管理画面は英語表記ですが、日本語の文言を登録して利用することもできる。
  6. 無料版には機能制限がありますが、十分過ぎるほど高機能で使いやすい。プラグインの有料版も用意されています。本格的に運用する場合は活用しても良いかもしれません。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Smart Slider 3」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Smart Slider 3 – 高機能で使いやすいコンテンツスライダーのWordPressプラグイン

Meta Slider

Meta Slider

Meta Sliderは、コンテンツスライダーを簡単に作成できるプラグインです。 1つのプラグインを利用するだけで、jQueryを利用した4種類のコンテンツスライダー機能が利用できます。(Nivo Slider、Flex Slider、Coin Slider、Responsive Slides)

このプラグインは、機能が限定された無料版になりますが、スライドのサイズやエフェクトを細かく設定でき、汎用性が高くて非常に役に立つプラグインです。スライドごとにURLの設定もできます。プラグインの管理画面は、シンプルで非常に使いやすいです。

無料で使えるコンテンツスライダーのプラグインの中で一番お勧めです。

このプラグインが優れている点

  1. 複数のコンテンツスライダーを簡単に作成できる。
  2. 1つのプラグインを利用するだけで、jQueryを利用した4種類のコンテンツスライダー機能が利用できる。(Nivo Slider、Flex Slider、Coin Slider、Responsive Slides)
  3. コンテンツスライダーを表示させる位置は、ショートコードとPHPで指定できる。
  4. プラグインの管理画面がシンプルで非常に使いやすい。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Meta Slider」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Meta Slider – 4種類のコンテンツスライダー機能を利用できるWordPressプラグイン

Easing Slider

Easing Slider

Easing Sliderは、コンテンツスライダーを簡単に作成できるプラグインです。管理画面でスライドショーの動きやデザインの細かい設定ができます。もちろん、スライドごとにリンクの設定もできます。

尚、このプラグインは無料版なので、スライドショーは1パターンしか登録できません。でも、トップページ等で使用する場合は、このプラグインでも十分に役に立ちます。

このプラグインが優れている点

  1. 汎用性が高い。
  2. 管理画面で画像やリンク先URLを自由に設定できる。
  3. 表示させたい場所にショートコード又はPHPを記述してスライドを呼び出します。

プラグインのインストール

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Easing Slider」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Easing Slider – コンテンツスライダーを簡単に作成できるWordPressプラグイン

Meteor Slides

Meteor Slides

Meteor Slidesは、簡単にコンテンツスライダーを利用できるWordPressプラグインです。管理画面で細かい設定ができ、使い易いです。英語になりますが、動画でチュートリアルの説明があります。

このプラグインが優れている点

  1. 汎用性が高い。
  2. 管理画面でスライドの追加・編集ができます。
  3. 管理画面で画像・テキスト・リンクを自由に編集できる。
  4. 表示させたい場所にショートコード又はPHPを記述し、スライドを呼び出します。

プラグインのインストール

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Meteor Slides」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

Tribulant Slideshow Gallery

Tribulant Slideshow Gallery

Tribulant Slideshow Galleryは、画像のスライドショーを簡単に作成できるプラグインです。無料でコンテンツスライダーを利用できます。

このプラグインは、写真またはバナー画像をスライド表示できます。スライドごとにリンクを設定することもできます。また、表示位置の指定はショートコードまたはPHPコードを利用できます。

大きな画像をスライド表示させることで、Webサイト訪問者に対し、視覚的にサイトのイチオシ情報をアピールできます。または、写真をスライド表示させてギャラリーのように見せることもできます。シンプルで使いやすいプラグインなので活用しましょう。

このプラグインが優れている点

  1. 画像のスライドショーを簡単に作成できる。
  2. 写真をスライド表示させたり、バナー画像をスライド表示できる。スライドにリンクも設定できる。
  3. Webサイト訪問者に対し、視覚的にサイトのイチオシ情報をアピールできる。
  4. スライドの外観や視覚効果は、管理画面でカスタマイズできる。

インストール方法

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Tribulant Slideshow Gallery」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの解説

Tribulant Slideshow Gallery – 画像のスライドショーを簡単に作成できるWordPressプラグイン

まとめ

コンテンツスライダーの機能を利用すると、Webサイトの訪問者に対し、視覚的にサイトのイチオシ情報をアピールすることができます。Webサイトのトップページなどで、動く大きなバナー画像を配置し、そこからおすすめ記事や特集記事にリンクして誘導することができます。

もし、あなたが利用しているWordPressテーマにコンテンツスライダーの機能が無ければ、これらのWPプラグインを活用しましょう。無料で提供されているWPプラグインですが役に立つWPプラグインです。

参考

WordPressプラグインのまとめ記事

この記事以外にもWordPressプラグインの解説記事を用意しています。
下記の記事も合わせてご覧下さい。

参考記事

WordPressテーマをパワーアップしよう!

ロケット

この記事で紹介しているプラグインを活用すれば、WordPressの機能拡張はバッチリですね。

もし、WordPressテーマ(テンプレート)も合わせて格好良くパワーアップしたい場合は、下記の記事を参考にして下さい。お勧めのWPテーマをまとめています。

個人的には、ワードプレステーマTCDがお勧めです。簡単に格好良いWebサイトが運営できます。様々な種類があるので、自分の目的に合うWPテーマを選びましょう。

参考記事

WPテーマ比較

ワードプレステーマTCD

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます

ネタワンは皆様の善意に支えられています。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

    • 名無しさん
    • 2014年 1月 07日

    こんにちは。
    大変参考になる記事で感謝しています。

    wordpress初心者なのですが、ページにコンテンツスライダーを加えたく上記のプラグインをすべて試してみたのですが、殆どのプラグインでNotice:~~ と出たりWarning:~~と出たりして、問題なく使える物がありませんでした。

    WordPressではそういう問題はよくあるものなのでしょうか。

    例えばDyanmic Content Gallery では、プラグイン有効化後、設定の際に『変更を保存』ボタンを押すと

    Notice: Undefined index: reset in /Applications/MAMP/htdocs/nobucreation/wp-content/plugins/dynamic-content-gallery-plugin/includes/dfcg-admin-ui-sanitise.php on line 43

    Notice: Undefined index: mootools in /Applications/MAMP/htdocs/nobucreation/wp-content/plugins/dynamic-content-gallery-plugin/includes/dfcg-admin-ui-sanitise.php on line 155

    Notice: Undefined index: reset in /Applications/MAMP/htdocs/nobucreation/wp-content/plugins/dynamic-content-gallery-plugin/includes/dfcg-admin-ui-sanitise.php on line 165

    Notice: Undefined index: errors in /Applications/MAMP/htdocs/nobucreation/wp-content/plugins/dynamic-content-gallery-plugin/includes/dfcg-admin-ui-sanitise.php on line 165

    Notice: Undefined index: id-sort-control in /Applications/MAMP/htdocs/nobucreation/wp-content/plugins/dynamic-content-gallery-plugin/includes/dfcg-admin-ui-sanitise.php on line 165

    Warning: Cannot modify header information – headers already sent by (output started at /Applications/MAMP/htdocs/nobucreation/wp-content/plugins/dynamic-content-gallery-plugin/includes/dfcg-admin-ui-sanitise.php:43) in /Applications/MAMP/htdocs/nobucreation/wp-includes/pluggable.php on line 899

    と出てページが真っ白になってしまいます。

    何も変更を加えてなくても、ボタンを押すとこの画面がでます。

    何か根本的な対処の仕方があるのでしょうか。
    それとも様々な要因が重なって起こる事であり別の方法を試した方が効率的なのでしょうか。

    もしよければ一言頂ければ幸いです。

      • ネタワン管理人
      • 2014年 1月 07日

      推測なのでお役に立つか分かりませんが、恐らくサーバー環境の問題ではないでしょうか。

      使用しているレンタルサーバーの環境とプラグインが要求しているサーバー環境に乖離があるのだと思います。例えば、PHPのバージョンが古いとか、Apacheの設定が厳し目に設定されているなど考えられないでしょうか?
      上記の問題があると、画面が真っ白になったりします。
      レンタルサーバーによっては、プラグインが正常に動作しないことはよくあります。

      ネタワン管理人はサーバー関連のことは詳しくないので、これぐらいしか分かりません。

        • 名無しさん
        • 2014年 1月 07日

        管理人様

        ありがとうございます。
        一度調べてみます。迅速なご回答感謝します。

    • Wordprssの糞初心者
    • 2015年 9月 13日

    これはとても役に立ちそうなプラグインばかりで!
    参考になります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ネタワンを購読する

Twitter
Facebook
Google+
Feedly follow us in feedly
Push7

初心者向け

WordPress使い方ガイド
WordPress入門

スポンサーリンク

ワードプレステーマTCD

ネタワンでも利用しているTCDのWordPressテーマを紹介します。様々な種類のテーマが販売されています。

MAG(TCD036)

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

ハイクオリティーな人気ブログを構築できるWordPressテーマ


ワードプレステーマTCDの詳細&レビューはこちら