WordPressコンテンツスライダー

無料で使えるコンテンツスライダーのWordPressプラグインを紹介します。

コンテンツスライダー機能を利用すると、ブログの訪問者に対し、視覚的にサイトのイチオシ情報をアピールすることができます。ブログのトップページなどで、動く大きなバナー画像を配置し、そこからおすすめ記事や特集記事にリンクして誘導することができます。

もし、あなたが利用しているWordPressテーマにコンテンツスライダーの機能が無ければ、これらのプラグインを活用しましょう。無料で提供されているプラグインですが非常に役に立ちます。

追記 2018.04.27

紹介しているプラグインを整理しました。

はじめに

コンテンツスライダーを利用する利点

  • ブログの訪問者に対して、視覚的にサイトのイチオシ情報を知らせることができる。
  • ブログの訪問者をおすすめ記事や特集記事に誘導できる。
  • なんか動いているので、凄そうに見える。
    (先進性の印象を与える?)

コンテンツスライダーとは?

スライダー

コンテンツスライダーは、大きなバナー画像をスライド表示させ、ブログの訪問者に見てもらいたい記事や情報をアピールする際に用いられます。

ブログの訪問者をお勧め記事や特集記事に誘導する役割もあります。ブログのトップページなどでよく利用されています。

ちなみに、コンテンツスライダーの名称は「スライダー」「カルーセル」とも呼ばれます。基本的に同じものとお考え下さい。

コンテンツスライダー動作見本

Smart Slider 3 動作見本

Meta Slider 動作見本

コンテンスライダー

Smart Slider 3

Smart Slider 3

Smart Slider 3 は、コンテンツスライダー機能を拡張できるWordPressプラグインです。

スライダーにバナー画像・テキスト・リンクなどを配置して一定間隔で切り替え表示ができます。スライダーの上に複数のレイヤーを重ねてレイアウトを自由に編集することもできます。

管理画面の機能が非常に高機能になっており、スライダーを柔軟にカスタマイズできます。スマートフォンやタブレット端末に表示内容を自動的に最適化できるレスポンシブWebデザインにも対応しています。スライダーの表示位置はショートコードまたはPHPコードを記述して指定します。

このプラグインは無料版と有料版があります。無料版だけても十分過ぎるほど高機能で使いやすいです。非常に役に立つプラグインなので活用しましょう。

このプラグインが優れている点

  • コンテンツスライダーを簡単に作成・管理できる。
  • スライダーの上に複数のレイヤーを重ねて自由にレイアウトを編集できる。
  • プラグインの管理画面が高機能で使いやすい。
  • 表示位置はショートコードまたはPHPコードで指定できる。
  • プラグインの管理画面は英語表記ですが、日本語の文言でも利用できる。
  • 無料版には機能制限がありますが、十分過ぎるほど高機能で使いやすい。
    プラグインの有料版も用意されています。

インストール方法

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Smart Slider 3」で検索

プラグインの解説

Smart Slider 3 – 高機能で使いやすいコンテンツスライダーのWordPressプラグイン

MetaSlider

MetaSlider

MetaSliderは、コンテンツスライダーを簡単に作成できるWordPressプラグインです。

1つのプラグインで4種類のコンテンツスライダー機能が利用できます。
(Nivo Slider、Flex Slider、Coin Slider、Responsive Slides)

このプラグインは機能が限定された無料版になりますが、スライドのサイズやエフェクトを細かく設定でき、汎用性が高くて非常に役に立つプラグインです。スライドごとにURLの設定もできます。

プラグインの管理画面は、シンプルで非常に使いやすいです。

このプラグインが優れている点

  • 複数のコンテンツスライダーを簡単に作成できる。
  • 1つのプラグインで4種類のコンテンツスライダー機能を利用できる。
    (Nivo Slider、Flex Slider、Coin Slider、Responsive Slides)
  • コンテンツスライダーを表示させる位置はショートコードとPHPコードで指定できる。
  • プラグインの機能を拡張する有料版が用意されている。
  • プラグインの管理画面がシンプルで非常に使いやすい。
  • プラグインの管理画面の大部分が日本語化されているのでわかりやすい。

インストール方法

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「MetaSlider」で検索

プラグインの解説

MetaSlider – 4種類のコンテンツスライダー機能を利用できるWordPressプラグイン

Easing Slider

Easing Slider

Easing Sliderは、コンテンツスライダーを簡単に作成できるWordPressプラグインです。

プラグインの管理画面でスライドショーの動きやデザインの細かい設定ができます。もちろん、スライドごとにリンクの設定もできます。

尚、このプラグインは無料版なので機能制限があります。ブログのトップページや固定ページなどで使用する場合は、このプラグインでも十分に役に立ちます。

このプラグインが優れている点

  • シンプルで汎用性が高い。
  • 管理画面で画像やリンク先URLを自由に設定できる。
  • 表示場所はショートコードまたはPHPコードを記述してスライドを表示できる。
  • 無料版には機能制限がありますが、十分過ぎるほど高機能で使いやすい。
    プラグインの有料版も用意されています。

プラグインのインストール

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Easing Slider」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

Meteor Slides

Meteor Slides

Meteor Slidesは、簡単にコンテンツスライダーを利用できるWordPressプラグインです。

管理画面で表示内容の細かい設定ができ、シンプルで使い易いのが特徴です。全ての機能を無料で利用できます。

このプラグインが優れている点

  • シンプルで汎用性が高い。
  • 管理画面でスライドの追加・編集ができる。
  • 管理画面で画像・テキスト・リンクを自由に編集できる。
  • 表示場所はウィジェット・ショートコード・PHPコードを利用して指定できる。
  • 管理画面が日本語化されているのでわかりやすい。

プラグインのインストール

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Meteor Slides」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

まとめ

コンテンツスライダーの機能を利用すると、ブログの訪問者に対し、視覚的にサイトのイチオシ情報をアピールすることができます。ブログのトップページなどで、動く大きなバナー画像を配置し、そこからお勧め記事や特集記事にリンクして誘導することができます。

もし、あなたが利用しているWordPressテーマにコンテンツスライダーの機能が無ければ、これらのプラグインを活用しましょう。無料で提供されているプラグインですが非常に役に立ちます。

スポンサーリンク