Post Snippets

Post Snippetsは、頻繁に利用するHTMLやPHPのコードを登録してショートコードで呼び出せるプラグインです。コードスニペットを管理できるプラグインです。

このプラグインは初期状態では記事本文の中でしか利用できませんが「functions.php」にコードを追加すると、サイドバーやフッターのウィジェットでも利用できるようになります。

このプラグインを上手く活用すると、記事作成の作業を効率化できます。非常に便利なプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • 頻繁に利用するHTMLやPHPのパーツを登録してショートコードで呼び出せる。
  • PHPコードも利用できる。
  • 設定を変更するとサイドバーやフッターのウィジェットでも利用できる。
  • 記事投稿画面にショートコードを呼び出すボタンが追加される。
  • 登録データのインポート・エクスポート機能がある。

活用のヒント

ページごとにウィジェットを複数に分けている場合、全画面共通で利用する要素を登録して利用すると、ソースコードの管理が一元化できるので便利です。

全画面共通で使用するアイコン、メニュー、ソーシャルメディアのブログパーツ等で利用すると便利です。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Post Snippets」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

管理画面の設定

プラグインの管理画面には、設定画面はありません。
頻繁に使用するコードを登録するだけです。
登録したデータは、インポート・エクスポートすることもできます。

管理画面の場所

管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Post Snippets

プラグインの管理画面

「Title」に登録した文字列がショートコード名になります。
「Shortcode」には、忘れずにチェックを入れましょう。
PHPを利用する場合は「PHP Code」にチェックを入れます。

ショートコードの例

上記設定例の場合は、ショートコードは下記の様になります。
ショートコードの名前は自由に変更可能です。
また、Variables(変数)は、省略可能です。

[navi-html]
[navi-php]

ウィジェットでショートコードを利用する方法

テキストウィジェットでショートコードを利用可能にすると更に便利になります。
このプラグインを活用して、頻繁に利用するHTMLやPHPのコードを登録してショートコードで呼び出して利用しましょう。

functions.phpに設定を追加する

「functions.php」に下記のPHPコードを追加すると、テキストウィジェットの中でショートコードが実行可能になります。

add_filter('widget_text', 'do_shortcode');

ショートコードの利用例

ウィジェットにショートコードを記述した例です。
下記の場合は、[navi-php]が登録したショートコードの名前です。
ショートコードの名前は、自由に設定できます。

まとめ

Post Snippetsは、頻繁に利用するHTMLやPHPのコードを登録してショートコードで呼び出せるプラグインです。頻繁に利用するコードをこのプラグインに登録して呼び出すことで、記事作成の作業を効率化できます。

上記に書いた方法で設定を変更すれば、サイドバーやフッターのウィジェットでも利用できるようになります。ページごとにウィジェットを複数に分けている場合、非常に役立つプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク