Post Snippets

Post Snippetsは、頻繁に利用するHTML・PHPコードを登録してショートコードで呼び出せるWordPressプラグインです。

頻繁に利用するHTML・PHPコードを登録して、定型文・パーツを使い回すことで、記事編集を効率化できます。便利なプラグインなので活用しましょう。

ちなみに、このプラグインは初期状態では記事本文の中でしか利用できませんが「functions.php」にPHPコードを追加すると、サイドバーやフッターのテキストウィジェットでも利用できるようになります。

はじめに

このプラグインが優れていること

  • 頻繁に利用するHTML・PHPコードの定型文・パーツを登録してショートコードで呼び出せる。
  • 登録したパーツに変数を受け渡すことができる。変数はショートコードに記述します。
  • 記事編集エディタにショートコードを呼び出すボタンが追加される。
  • 登録したデータのインポート・エクスポート機能あり。
  • 更に機能を拡張できる有料版が用意されている。

活用のヒント

記事本文

頻繁に利用するHTML・PHPコードを登録して、サイト全体でパーツを使い回すことができます。

例えば、頻繁に利用する説明文・注意書き・リンクなどを登録して利用すると役に立ちます。

ウィジェット

WPテーマによっては、ページごとにウィジェットが複数に別れている場合があります。サイト全体で利用するパーツを登録して利用すると、HTMLコードを一元管理できるので便利です。

例えば、サイト全体で利用するアイコン・バナー・SNSのブログパーツなどを登録して利用すると役に立ちます。

信頼性

プラグインが定期的にアップデートされており、安定的に保守が行われています。
サポートフォーラムでも開発者が質問に回答しています。
プラグインの保守は適切に行われているようです。

確認日:2021.04.01

確認できた内容
  • 定期的なアップデートの実績
  • サポートフォーラムの評判
  • プラグインの評価
  • プラグインの利用者数
  • 有料版のプラグインあり

インストール方法

Post Snippets

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは「wordpress.org」からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Post Snippets」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

プラグインの使い方

このプラグインには設定画面はありません。
頻繁に使用するHTML・PHPコードを登録して呼び出すだけです。
登録したデータはインポート・エクスポートすることもできます。

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Post Snippets

ショートコードの登録

最初にショートコードの名前を登録します。
「Shortcode」にチェックを入れて保存するとショートコードが有効化されます。
そして、PHPコードを利用する場合は「PHP Code」にチェックを入れます。

Post Snippets

記事編集エディタで利用する

記事編集エディタ

記事編集エディタに表示される専用のボタンをクリックすると、登録したショートコードを挿入できます。テキストエディタ・ビジュアルエディタの両方で利用できます。

Post Snippets

変数を利用する場合

ショートコードに変数(Variables)を設定している場合は、ショートコードを選択すると、変数を入力する画面が表示されます。

Post Snippets

ショートコードの例

ショートコードは下記の様に記述します。
ショートコードの名前は自分で設定した名前を利用します。後から変更することもできます。
変数(Variables)に関しては、省略可能です。必要な場合のみ利用します。

通常のショートコード

[test-post]

変数を利用する場合のショートコード

[test-text url="https://netaone.com" name="ネタワン編集部"]

ウィジェットでショートコードを利用する

テキストウィジェットでショートコードを利用可能にすると更に便利になります。
このプラグインを活用して、頻繁に利用するHTML・PHPのコードを登録してショートコードで呼び出して利用しましょう。

functions.phpに設定を追加する

「functions.php」に下記のPHPコードを追加すると、テキストウィジェットの中でショートコードが実行可能になります。

ショートコードの利用例

テキストウィジェットにショートコードを記述した例です。
下記の場合は、[navi-php]が登録したショートコードの名前です。
ショートコードの名前は、自由に設定できます。

まとめ

Post Snippetsは、頻繁に利用するHTML・PHPコードを登録してショートコードで呼び出せるWordPressプラグインです。

頻繁に利用する提携文のコードをこのプラグインに登録して呼び出すことで、記事作成の作業を効率化できます。便利なプラグインなので活用しましょう。