All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migrationは、WordPressのサーバー移設が簡単にできるプラグインです。サイトデータのバックアップおよび復元の機能もあります。

このプラグインを利用すると、WordPressのサイトデータ(データベース、画像、テーマ、プラグイン)を丸ごとインポート&エクスポートできます。インポートする際に、WordPressの設置先URLをプラグイン側で自動的に変更してくれます。

このプラグインを上手く活用すると、WordPressのサーバー移設作業やテストサーバー構築作業を効率化できます。例えば、MAMPなどのローカル環境にテストサーバーを構築する際に、このプラグインを利用してサイトデータをエクスポート&インポートするだけで、ローカル環境にテストサーバーを構築できます。非常に便利なプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPressのサーバー移設が簡単にできる。
  2. WordPressのサイトデータ(データベース、画像、テーマ、プラグイン)を簡単にインポート&エクスポートできる。
  3. サイトデータをインポートする際に、WordPressの設置先URLをプラグイン側で自動的に変更してくれる。ドメインや画像ファイルのURLも自動的に変更してくれる。
  4. WordPressのサイトデータのバックアップおよび復元が簡単にできる。
  5. サイトデータをエクスポートする際にデータベースの内容を指定キーワードで置換できる。移設先サーバーでのリンクURLの変更に対応できる。

エクスポート&インポート手順

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「All-in-One WP Migration」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migration

WordPressのサイトデータ移設の流れ

  1. プラグインを移設元と移設先のWordPressにインストールして有効化する。
  2. 移設元からサイトデータをエクスポートして、自分のPCにファイルをダウンロードする。
  3. 先ほど自分のPCにダウンロードしたファイルを移設先のWordPressのプラグインにインポートします。
  4. ファイルのインポートが完了すると、WordPressのサイトデータの移設が完了です。Webサイトを表示して確認してみましょう。

【移設元】サイトデータのエクスポート

WordPressのサイトデータは、専用のファイルとしてエクスポート(書き出し)されます。

ファイルをエクスポートする際は、データベース内にある文言やURLを置換することもできます。また、オプションでエクスポートしたくない対象を除外指定することもできます。何も指定しなければ、サイトデータを丸ごと出力します。

ちなみに、オンラインストレージサービスやFTPを利用したインポート&エクスポートは、有料の拡張機能として提供されています。

エクスポート

サイトデータのエクスポート

エクスポート実行中

サイトデータのエクスポート

完了するとファイルをダンロードできる

サイトデータのエクスポート

【移設先】サイトデータのインポート

先ほど自分のPCにダウンロードしたファイルを移設先のWordPressのプラグインにインポート(取り込み)します。インポートを実行すると、WordPressのサイトデータ(データベース、画像、テーマ、プラグイン)が上書きされます。

ファイルのインポートが完了したら、WordPressのサイトデータの移設が完了です。Webサイトを表示して確認してみましょう。

サイトデータのインポート

最大アップロードサイズ

無料版のプラグインで利用できる最大アップロードサイズは「512MB」以内となっています。それ以上の容量のファイルをアップロードするには、有料の拡張機能を利用する必要があります。

最大アップロードサイズを超える場合のヒント

サイトデータをエクスポートした際に、ファイル容量が「512MB」を超えてしまう場合は、メディアライブラリ(画像ファイル)をエクスポート対象から除外してみてください。画像ファイルが一番容量が多いので、それを除外すれば、「512MB」以内に収まるはずです。画像ファイルは、FTPソフトなどを用いて、手動でアップロードすると、最大アップロードサイズの問題を解決できるはず。

サイトデータのバックアップ&復元

このプラグインには、WordPressのサイトデータのバックアップおよび復元の機能があります。

サイトデータをエクスポートすると、サーバー上にもバックアップファイルが保存されます。そのファイルを利用してサイトデータの復元ができます。

サイトデータのバックアップ&復元

利用上の注意点

注意点

  1. このWPプラグインはサイトデータを丸ごと移設します。ユーザー情報も上書きされます。
  2. このWPプラグインはWordPressの「設置先URL」をプラグイン側で自動的に変更してくれます。ただ、設置先のディレクトリ構造が変更になる場合は、手動での変更が必要になります。例えば、グローバルメニューやテキストウィジェットに手動でリンクURLを記述していると、自動的には変更されません。その場合は、移設先のディレクトリ構造に合わせて、自分でURLを変更する必要があります。
  3. エクスポートしたデータを正しくインポートできない場合は、WPプラグインがPHPの関数制限が原因で正しく動作していない可能性があります。その場合は、レンタルサーバーの管理画面でPHPの関数制限を解除してください。

wpXレンタルサーバー&クラウドで利用する場合の注意点

wpXレンタルサーバー&クラウドで「All-in-One WP Migration」を利用する場合は、レンタルサーバーの管理パネルからPHPの関数制限を一時的に解除する必要があります。PHPの関数制限を解除しないと正しいデータがエクスポートされません。空の状態のデータがエクスポートされてしまいます。

WPプラグインの利用が終わったら、PHPの関数制限の設定を元に戻しておきましょう。

wpXレンタルサーバー

管理パネル > PHP関数 制限設定

詳しくは、wpXのオンラインマニュアルをご覧ください。

wpXオンラインマニュアル

PHP関数 制限設定

まとめ

All-in-One WP Migrationは、WordPressのサーバー移設が簡単にできるプラグインです。サイトデータのバックアップおよび復元の機能もあります。

このプラグインを上手く活用すると、WordPressのサーバー移設作業やテストサーバー構築作業を効率化できます。例えば、MAMPなどのローカル環境にテストサーバーを構築する際に、このプラグインを利用してサイトデータをエクスポート&インポートするだけで、ローカル環境にテストサーバーを構築できます。非常に便利なプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク