Quick Adsense

Quick Adsenseは、広告コードをブログの記事本文またはサイドバー(ウィジェット)に挿入できるWordPressプラグインです。

ブログに表示する広告コードを一元管理できます。AdSense以外の広告コードを利用することもできます。

このプラグインを利用すると、WordPressテーマのテンプレートファイルを直接編集することなく、記事の「上部・中央・下部」「サイドバー」などの場所に広告コードを挿入できます。

あなたのブログに「Google AdSense」などの広告を表示する場合は、このプラグインを活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • アフィリエイトの広告コードを効率的に管理できる。
  • 全ての機能を無料で利用できる。
  • 広告コードをブログの記事本文またはサイドバー(ウィジェット)に挿入できる。
  • ブログの記事本文の「上部・中央・下部」「サイドバー」に広告コードを挿入できる。
  • 記事編集画面に表示されるクイックタグ機能を利用すれば、広告コードの挿入位置を自由に指定できる。
  • ウィジェットを利用してサイドバーに広告コードを挿入できる。
  • 広告コードのランダム表示にも対応している。
  • WordPressテーマのテンプレートファイルを直接編集する必要が無い。

広告を挿入できる場所

  1. 記事本文の上部
  2. 記事本文の中央
  3. 記事本文の下部
  4. 記事本文に専用のタグを挿入した位置
  5. 記事本文の指定した行数や画像の下部
  6. ウィジェトで指定した位置

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Quick Adsense」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

補足情報

Google AdSenseとは?

google

Google AdSense(グーグル・アドセンス)とは、Googleが提供しているコンテンツマッチ型の広告配信サービスです。

自分のブログに広告コードを貼り付けておくと、ブログ読者のGoogle内での検索履歴や記事内容に合わせて広告が自動的に配信される仕組みになっています。

ブログの管理者は、記事を書くことに専念でき、ブログの読者が増えれば、広告の収益も比例して増えていきます。収益性が最も高い広告なので、一番おすすめの広告配信サービスです。

公式サイト

Google AdSense(グーグル・アドセンス)

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Quick Adsense

広告コードの管理

プラグインの管理画面では、広告コードの挿入位置や広告コードの登録などができます。
広告コードの表示位置は、挿入する位置を細かく指定できます。
広告コードはウィジェットを利用して挿入することもできます。

広告コードの管理

テキストエディタに追加されるボタン

広告コードを挿入する位置は、クイックタグ機能を利用して任意の位置を指定することができます。その専用のタグをテキストエディタのボタンをクリックすることで簡単に挿入できます。

ちなみに、このボタンは設定で非表示にすることもできます。

テキストエディタに追加されるボタン

ウィジェトで表示位置を指定する

ウィジェトを利用して広告コードの表示位置を指定することもできます。

ウィジェトで表示位置を指定する

コードの追加

HTMLのヘッダーまたはフッターにJavaScript/CSSのコードを挿入する機能も用意されています。

コードの追加

まとめ

Quick Adsenseは、広告コードをブログの記事本文またはサイドバーに自動挿入できるWordPressプラグインです。AdSense以外の広告コードを利用することもできます。

このプラグインを利用すると、ブログに広告コードを記述する際に、WordPressテーマのテンプレートファイルを直接編集する必要が無くなり、広告コードの管理が楽になります。

あなたのブログに「Google AdSense」などの広告を表示する場合は、このプラグインを活用しましょう。