WordPress会員制サイト構築

WordPressで会員制サイトを構築できるプラグインを紹介します。プラグインの管理画面の大部分が日本語化されており、日本語の環境でも運用しやすいプラグインを厳選しました。

これらのプラグインを活用すれば、WordPressに会員制サイトを運用するためのコンテンツ管理機能と会員管理機能を拡張して、会員制サイトに登録した会員だけが保護されたコンテンツを閲覧できるように制限を設けることができます。

どのプラグインにも共通することですが、基本機能が無料で提供されており、拡張機能が有料販売されています。全ての機能を無料で利用できる訳ではありません。便利な機能が多いので、プラグインの機能が気に入ったら、有料の拡張機能を購入することも検討してみましょう。それがプラグイン開発者の支援にも繋がります。

プラグインごとに機能や特徴が異なります。どのプラグインも非常に高機能なので、自分の利用目的に合うプラグインを探してみましょう。

はじめに

選定基準

  • 記事の閲覧を会員限定に制限できる「会員制サイト」を構築できる。
  • プラグインの利用者が多くて信頼性がある。
  • 決済サービスと連携して「有料会員」の課金を管理できる。
  • 有料の拡張機能が用意されており、様々な利用目的に対応できる。
  • プラグインの管理画面が日本語化されている。(完全ではない)
  • 公式マニュアルの情報が充実している。

会員制サイトとは?

鍵

会員制サイトとは、コンテンツの閲覧が会員限定に制限されたWebサイトのことです。

会員登録した会員だけが保護されたコンテンツを閲覧できるように制限を設けることができます。

例えば、会員制サイトに「有料会員」と「無料会員」の会員レベルを設定して、会員レベルごとに閲覧できるコンテンツを管理することができます。

注意点

利用上の注意点

  1. この記事で紹介するプラグインは、初心者向けではありません。導入の難易度は高めです。
  2. 会員制サイトを構築するには、サイトごとの細かい作り込み・微調整が必要になります。
  3. 実際に会員制サイトを構築する際は、Web系エンジニアの方と相談して導入して下さい。
  4. 当ブログでは、記事に書いてあること以外の技術サポートを行うことはできません。

日本語翻訳が不完全な部分あり

日本語の翻訳が不完全だったり、会員登録フォームの氏名の表示順番が逆など、日本語環境での運用が不完全な部分あります。

機能比較

3つのプラグインを比較して「標準機能」と「有料の拡張機能」を比べてみました。
利用するプラグインを選ぶ際に参考にして下さい。

  1. Simple Membership
  2. Ultimate Member
  3. WP-Members
Simple MembershipUltimate MemberWP-Members
主な用途有料コンテンツの販売会員の交流有料コンテンツの販売
記事閲覧を会員のみに制限標準機能標準機能標準機能
会員レベル管理標準機能標準機能なし
有料会員の課金標準機能
PayPal
Stripe
有料機能
WooCommerce
有料機能
PayPal
WooCommerce
会員プロフィール表示標準機能標準機能標準機能
会員一覧表示有料機能標準機能有料機能
メール雛形の編集標準機能標準機能標準機能
高度なオプション標準機能有料機能有料機能
有料の拡張機能多数多数多数
管理画面の日本語化対応対応対応

プラグインの紹介

Simple Membership

Simple Membership

Simple Membershipは、会員制サイトを構築できるWordPressプラグインです。シンプルでありながら高機能で使いやすいのが特徴です。

WordPressにコンテンツ保護機能と会員管理機能を拡張して、登録した会員だけが保護されたコンテンツを閲覧できるように制限できます。

例えば、会員制サイトに「有料会員」と「無料会員」の会員レベルを設定してコンテンツを管理することができます。

決済サービスは「PayPal・Stripe」に対応しており、日本円での決済ができます。有料会員の料金支払方法は「即時払い、毎月払い」に対応しています。

会員制サイトに必要な機能が揃っています。ただし、初期設定は複雑です。公式マニュアル(英語)の内容をよく確認して利用して下さい。

主な特徴

  • 会員制サイトを構築できる。登録した会員だけが保護されたコンテンツを閲覧できる。
  • シンプルでありながら高機能で使いやすい。
  • 会員情報・会員レベルの管理機能あり。
  • 有料会員の課金を管理できる機能あり。(PayPal・Stripe)
  • 会員サイトの機能を拡張できる拡張機能あり。(無料・有料)
  • 送信メールの雛形は管理画面で編集できる。
  • プラグインの管理画面が日本語化されている。(翻訳が不完全な部分もある)
  • プラグインインストール時に固定ページに会員制サイト用のページが自動生成される。

有料の拡張機能

  • フォームビルダー機能(Form Builder)
  • 会員一覧表示機能(Member Directory Listing)
  • 会員データ書き出し機能(Member Data Exporter)
  • メニュー動的表示機能(Dynamic Menus)
  • 古い記事の保護機能(Protect Older Posts)
  • 支払い履歴表示(Member Payments Listing)
  • 二段階認証機能(Two-Factor Authentication)
  • WooCommerce Payments連携
  • その他にも多数の拡張機能あり

公式マニュアル

詳しくは公式マニュアル(英語)をご覧ください。
英語ですが、設定方法が詳しくまとめられています。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは「wordpress.org」からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Simple Membership」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロードする

Ultimate Member

Ultimate Member

Ultimate Memberは、オンラインコミュニティ型の会員制サイトを構築できる高機能なWordPressプラグインです。名前の通り、Ultimate(究極・最終形態)のように高機能なプラグインです。

基本機能が無料、拡張機能が有料で提供されています。有料会員を管理する機能、会員限定コンテンツ機能は、有料の拡張機能を購入する必要があります。

プラグインの管理画面から様々な部分の設定をカスタマイズできます。そして、プラグインの管理画面や会員画面の大部分が日本語に翻訳されています。

初期設定は複雑です。公式マニュアル(英語)の内容をよく確認して利用して下さい。

主な特徴

  • オンラインコミュニティ型の会員制サイトを構築できる。非常に高機能です。
  • プラグインの基本機能が無料、拡張機能が有料で提供されている。
  • 記事の閲覧をログインユーザーのみに制限する機能あり。
  • 会員限定コンテンツ機能は、有料の拡張機能で提供されている。
  • 有料会員の課金を管理する機能は、有料の拡張機能で提供されている。(WooCommerce)
  • 会員・会員レベルの管理機能あり。
  • 送信されるメールの雛形は管理画面で編集できる。
  • プラグインの管理画面が日本語化されている。(翻訳が不完全な部分もある)
  • 1クリックで固定ページに会員情報を登録・編集するページを自動生成できる。

有料の拡張機能

  • 会員限定コンテンツ機能(Private Content)
  • 有料会員の課金を管理する機能(WooCommerce)
  • ユーザータグ機能(User Tags)
  • ユーザーごとの活用内容書き込み機能(Social Activity)
  • プライベートメッセージ機能(Private Messages)
  • フォロワー機能(Followers)
  • リアルタイム通知機能(Real-time Notifications)
  • ソーシャルログイン機能(Social Login)
  • ユーザーレビュー機能(User Reviews)
  • ユーザー認証機能(Verified Users)
  • 重要なお知らせ機能(Notices)
  • プロフィール情報入力を促す機能(Profile Completeness)
  • フレンド機能(Friends)
  • Instagram連携機能
  • bbPress連携機能
  • MailChimp連携機能
  • myCRED連携機能

公式マニュアル

詳しくは公式マニュアル(英語)をご覧ください。
英語ですが、設定方法が詳しくまとめられています。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは「wordpress.org」からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Ultimate Member」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロードする

WP-Members

WP-Members

WP-Membersは、シンプルな会員制サイトを構築できるWordPressプラグインです。

WordPressにコンテンツ保護機能を拡張して、登録した会員だけが保護されたコンテンツを閲覧できるように制限できます。

基本機能はシンプルですが、拡張機能を利用して、様々な機能を拡張できます。有料の拡張機能を利用すれば、決済サービスの「PayPal」を利用して、日本円での決済ができます。有料会員の料金支払は「即時払い」に対応しています。

会員制サイトに必要な機能が揃っています。ただし、初期設定は複雑です。公式マニュアル(英語)の内容をよく確認して利用して下さい。

主な特徴

  • シンプルな会員制サイトを構築できる。
  • プラグインの基本機能が無料、拡張機能が有料で提供されている。
  • 有料会員の課金を管理する機能は、有料の拡張機能で提供されている。
    (PayPal・WooCommerce)
  • 送信されるメールの雛形は管理画面で編集できる。
  • プラグインの管理画面が日本語化されている。(翻訳が不完全な部分もある)

有料の拡張機能

  • 高度なオプション(Advanced Options)
  • ダウンロードコンテンツ保護機能(Download Protect)
  • 招待コード機能(Invite Codes)
  • PayPal有料購読機能(PayPal Subscriptions)
  • WooCommerce有料購入機能(Memberships for WooCommerce)
  • 会員一覧表示機能(User List)
  • セキュリティ機能
  • ユーザー利用状況追跡機能(User Tracking)
  • 他にも拡張機能あり

公式マニュアル

詳しくは公式マニュアル(英語)をご覧ください。
英語ですが、設定方法が詳しくまとめられています。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは「wordpress.org」からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP-Members」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロードする

まとめ

WordPressで会員制サイトを構築できるプラグインを紹介しました。

プラグインの管理画面の大部分が日本語化されており、日本語の環境でも運用しやすいプラグインです。

どのプラグインにも共通することですが、基本機能が無料で提供されており、拡張機能が有料販売されています。全ての機能を無料で利用できる訳ではありません。

便利な機能が多いので、プラグインの機能が気に入ったら、有料の拡張機能を購入することをお勧めします。

これらのプラグインを活用すれば、WordPressに会員制サイトを運用するためのコンテンツ管理機能と会員管理機能を拡張して、登録会員だけが保護されたコンテンツを閲覧できるように制限を設けることができます。便利なプラグインなので活用しましょう。

注意点
  1. この記事で紹介するプラグインは、初心者向けではありません。導入の難易度は高めです。
  2. 会員制サイトを構築するには、サイトごとの細かい作り込み・微調整が必要になります。
  3. 実際に会員制サイトを構築する際は、Web系エンジニアの方と相談して導入して下さい。
  4. 当ブログでは、記事に書いてあること以外の技術サポートを行うことはできません。