Wp-Insert

Wp-Insertは、ブログの様々な場所に広告コードを挿入できるWordPressプラグインです。AdSenseやアフィリエイトの広告コードを投稿や固定ページに挿入できます。

広告コードの挿入位置は、記事の上部・下部・中央・左回り込み・右回り込み、ウィジェット、PHPコード指定など、様々な場所と方法に対応しています。広告コードの表示条件やCSS設定も細かく設定できます。Google Analyticsなどのアクセス解析コードの挿入機能もあります。

このプラグインは、ブロガーやアフィリエイターにお勧めです。ブログに表示する広告コードを管理するプラグインとして非常に高機能で役に立ちます。便利なプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • 広告コードを挿入する位置を細かく指定できる。
    (記事上部、記事中央、記事下部、左回り込み、右回り込み、ウィジェット指定、PHPコード指定)
  • 広告コードを表示する条件を細かく指定できる。(Rules)
  • 広告コードを表示する地域ターゲットを指定できる。(Geo Targeting)
  • 広告コードごとにCSSの設定ができる。
    広告の表示枠のマージンやパディングを設定可能。
  • 1つの広告枠に2つの広告コードを登録してランダム表示できる。
    (Primary、Secondary)
  • 広告コードをウィジェットで指定できる。
  • 広告コードの表示位置をPHPコードで指定できる。
  • Google Analyticsなどのアクセス解析コードを挿入できる。
  • ヘッダーとフッターにアクセス解析コードを挿入できる。

利用イメージ

投稿と固定ページの記事、サイドバーのウィジェットに広告コードを挿入した例です。

Wp-Insert

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Wp-Insert」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

使用上の注意点

広告コードに設定するCSSのマージン(余白)は、適度な間隔を空ける必要があります。記事本文に広告コードを挿入する場合は、20ピクセル程度のマージン(余白)を設定しましょう。

AdSenseを利用する場合は、記事本文のテキストと広告の間隔が近すぎると、AdSenseのプログラムポリシー違反になる恐れがあるのでご注意下さい。

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Wp-Insert

プラグインの管理画面

広告の表示位置や広告コードごとに表示条件やCSSの設定ができます。
それに加え、アクセス解析コードも設定できます。

Wp-Insert

広告コードの登録

広告を表示したい場所に広告コードを登録後、左下にあるスイッチを右側にスライドさせると広告コードが有効化されます。緑色になると有効化した状態です。

Wp-Insert

広告コードを挿入できる場所

  • 記事の上部(Above Post Content)
  • 記事の中央(Middle of Post Content)
  • 記事の下部(Below Post Content)
  • 記事の左回り込み(Left of Post Content)
  • 記事の右回り込み(Right of Post Content)
  • ウィジェット指定(Ad Widgets)
  • PHPコード指定(In-Theme Ads)

アクセス解析コードを挿入できる

  • Google Analytics Tracker IDの指定
  • アクセス解析コードをHTMLの上部に埋め込む(Embed Code in Header)
  • アクセス解析コードをHTMLの下部に埋め込む(Embed Code in Footer)

まとめ

Wp-Insertは、ブログの様々な場所に広告コードを挿入できるWordPressプラグインです。AdSenseやアフィリエイトの広告コードを投稿や固定ページに挿入できます。

このプラグインは、ブロガーやアフィリエイターにお勧めです。ブログに表示する広告コードを管理するプラグインとして非常に高機能で役に立ちます。便利なプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク