SNS

WP Social Bookmarking Lightは、ソーシャルメディアの公式のシェアボタン(共有ボタン)をWordPressの記事に表示できるプラグインです。

投稿や固定ページの記事にソーシャルメディアのシェアボタンを表示できます。Twitter、Facebook、Google+、Pocket、はてなブックマーク、LINEなど、様々なソーシャルメディアに対応しています。

定期的に新しいソーシャルメディアにも対応するので、このWPプラグインを利用しておくと、新しいソーシャルメディアのシェアボタンを手動で追加する手間が省けます。便利なWPプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. Facebook・Twitterなどの数多くのソーシャルメディアの公式のシェアボタン(共有ボタン)をWordPressの記事に表示できる。
  2. 定期的にバージョンアップし、新たなソーシャルメディアにも対応する。
  3. シェアボタンの表示位置を指定する方法は、「管理画面で指定する方法」と「PHPで指定する方法」のどちらにも対応しています。

ソーシャルメディアのシェアボタンとは?

ソーシャルメディアのシェアボタン(共有ボタン)とは、ブログの記事をTwitter・Facebookなどのソーシャルメディアで共有する為に設けられたシェアボタンのことです。下記は画像の見本です。

シェアボタンの表示例(画像)

共有ボタンの表示例

シェアボタンを沢山表示した場合(画像)

共有ボタンを沢山表示した場合

管理画面の見本

シェアボタンは「WP Social Bookmarking Light」の管理画面で自由に追加・削除できます。利用したいシェアボタンのみ表示させましょう。管理画面は日本語化されていますので、設定はそれほど難しくありません。

管理画面の見本

対応ソーシャルメディア

はてなブックマーク(Hatena)
Facebookいいね!ボタン(Facebook Like Button)
Facebookに送るボタン(Facebook Send Button)
ツイッター(Twitter)
Livedoor Clip
BuzzURL
@nifty clip
Tumblr
FC2 Bookmark
newsing
Choix
Yahoo!JAPAN Bookmark
Yahoo!Buzz
Google Bookmark
Google Buzz
Google +1
Delicious
Digg
FriendFeed
reddit
LinkedIn
Evernote
Instapaper
StumbleUpon
mixi Check
mixi Like
GREE Social Feedback
atode (toread)
LINE
Poket

※ 2013年6月現在

おすすめのソーシャルメディアの共有ボタン

もし、どのシェアボタンを利用したらいいのか分からなかったら、下記のシェアボタンを利用してみて下さい。日本で利用者の多いソーシャルメディアのサービス一覧です。

  1. Facebook(いいね!ボタン)
  2. Twitter
  3. Google +1
  4. はてなブックマーク
  5. LINE
  6. Poket

プラグインのインストール

下記2通りのどちらかの方法でインストールし、プラグインを有効にして下さい。

  1. 管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP Social Bookmarking Light」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定画面

下記の場所にプラグインの管理画面がありますので、必要に応じて設定を変更しましょう。

WP管理画面 > 設定 > WP Social Bookmarking Light

基本的にSNSのシェアボタンを手動で設置した場合と表示結果は同じです。WPプラグインで一括して設定が管理できるので便利です。設定画面はソーシャルメディアごとにタブで分かれています。タブをクリックすると各ソーシャルメディアの設定画面が表示されます。

プラグインの設定方法

シェアボタンの表示位置の指定は「管理画面で表示位置を指定する方法」と「PHPで表示位置を指定する方法」の2通りあります。

管理画面では記事の上下くらいしか場所が指定できませんが、PHPで記述すると、表示位置を自由に指定できます。

1. 管理画面で表示位置を指定する場合

管理画面の一般設定で表示位置を指定できます。スタイルのタブでは、CSSの設定もできます。

管理画面で表示位置を指定する場合

位置
Top: 記事の上側に共有ボタンを表示させる
Bottom: 記事の下側に共有ボタンを表示させる
Both: 記事の上下に共有ボタンを表示させる
None: 表示させない

個別記事のみ
Yes: 投稿に共有ボタンを表示させる
No: 投稿に共有ボタンを表示させない

ページ
Yes: 固定ページに共有ボタンを表示させる
No: 固定ページに共有ボタンを表示させない

2. PHPで表示位置を指定する場合

PHPで表示位置を指定する場合は、サイト全体のバックアップを取った後に自己責任で行い下さい。PHPがよくわからない人は、編集しない方がよいです。記述を間違うと、エラーになり、ページが表示されなくなります。

以下のソースコードを投稿のテーマファイル(single.php)に記述します。次に必要に応じて、固定ページのテーマファイル(page.php)にも記述します。そして、管理画面の一般設定は、二重に共有ボタンが表示されてしまうので、全て非表示にしておきましょう。

<?php wp_social_bookmarking_light_output_e(null, get_permalink(), the_title("", "", false)); ?>

設定に関するメモ

各ソーシャルメディアの設定に関しては、省略しますが、ちょっとわかりにくい点のみ補足説明しておきます。

共有ボタンの日本語化

シェアボタンは、初期設定では殆どが英語になっています。「Japanese」を指定すると日本語のボタンになります。

mixi

mixiチェックを利用するには、mixi Developer Center (ミクシィ デベロッパーセンター)にサイトの登録が必要です。登録はヘルプを参照して下さい。

LINE

WP Social Bookmarking Lightで「管理画面で表示位置を指定する方法」でLINEを利用すると、LINEの共有ボタンが異常に大きく表示される場合があります。その場合は、PHPで記述すると普通の大きさで表示されます。

TCDの古いWPテーマを利用していると、CSSでオリジナルのアイコンサイズに拡大表示される場合があります。

まとめ

ソーシャルメディアのシェアボタン(共有ボタン)は、設置すると記事がソーシャルメディアで拡散されやすくなるので、設置することをお勧めします。

WPテーマによっては、FacebookやTwitterの共有ボタンを標準で利用できる場合がありますが、いろいろなソーシャルメディアのシェアボタン(共有ボタン)を増やしたい場合、「WP Social Bookmarking Light」利用した方が一元管理できるので便利です。まだ利用したことがない方は試してみましょう。

スポンサーリンク