WPCore Plugin Manager

WPCore Plugin Managerは、プラグインを一括インストールできるWordPressプラグインです。WPプラグインのインストール作業をまとめて管理できます。

インストールするWPプラグインは「WPcore.com」で管理します。作成したコレクションのキー(鍵)をWPプラグインに登録することで、インストールするWPプラグインの情報を受け渡し、WPプラグインを一括してインストールできます。

例えば、相手にキー(鍵)を渡して、相手側のWPプラグインにキー(鍵)を登録すれば、インストールするWPプラグインの一覧が表示されます。後はインストールして有効化するだけです。

ちなみに、「WPcore.com」への会員登録なしでも一部機能は利用可能ですが、全ての機能を利用するには会員登録(無料)が必要になります。

このWPプラグインを活用すれば、WPプラグインのインストール作業を効率化できます。WordPressを利用してサイト構築を行う際にインストール作業を一括して管理したい方は活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WPプラグインを一括してインストールできる。インストール作業を効率化できる。
  2. インストールするWPプラグイン側にキー(鍵)を登録するだけでWPプラグインの一覧が表示される。後はインストールを実行して有効化するだけ。
  3. 相手にキー(鍵)を渡して登録してもらうこともできる。自分だけで利用する訳ではない。
  4. インストール済みのWPプラグインからエクスポート(出力)できる。
  5. 作成したコレクションは「公開・非公開」のどちらにも設定できる。
  6. 無料版だけでも十分に役に立ちます。有料版はコレクションやWPプラグインの登録数を増やせる。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WPCore Plugin Manager」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > WPCore

管理画面の使い方

コレクションのキー(鍵)を入力することで、インストールするWPプラグインの情報を受け渡すことができます。キー(鍵)はコレクションを識別・管理する役割があります。

作成済みのキー(鍵)を登録して下さい。自分以外が作成したキー(鍵)も利用できます。

WPCore Plugin Manager

キー(鍵)の登録

WPプラグインの管理画面にある「Add a collection key」ボタンをクリックするとコレクションのキー(鍵)を登録できます。

エクスポート機能

画面の右側にあるボタンをクリックすると、現在インストール済みのプラグインの情報を「WPcore.com」のコレクションにエクスポート(出力)できます。

WPcore.com

会員登録

WPCore Plugin Managerは、会員登録なしでも一部機能は利用できますが、全ての機能を利用するには会員登録(無料)が必要になります。会員登録(無料)して利用することをお勧めします。

公式サイト

WPcore.com

WPcore.com

新規会員登録(無料)

会員登録

コレクションの新規作成

インストールするWPプラグインをまとめた物がコレクションになります。

コレクションの新規登録は「インストール済みプラグインからエクスポート」または「個別に新規作成」の2通りの方法が利用できます。

コレクションの新規作成

必要な情報

コレクションを新規作成する際は下記の情報が必要になります。
コレクションを自分だけで利用する場合は非公開(Private)に設定することもできます。

  • 表題(Title)
  • 説明文(Description)
  • 公開状態 公開(Public) または 非公開(Private)

コレクションの編集画面

作成したコレクションのキー(鍵)は右上に表示されています。
このコードをコピー&ペーストして利用します。

コレクションの編集画面

手動でWPプラグインを追加する

WordPress.orgに登録されている情報から新規登録する場合は、プラグインのディレクトリ名を指定します。プラグイン名ではないのでご注意ください。

下記の場合は「wpcore」の部分を入力します。

https://wordpress.org/plugins/wpcore/

プラグインのインストール

コレクションのキー(鍵)を登録して「Save Collections」ボタンをクリックすると、「Install Plugins」ボタンが表示されます。ボタンをクリックするとWPプラグインのインストール画面が表示されます。

インストールしたいWPプラグインを選択してインストールと有効化を実行してください。インストールと有効化の実行は個別にリンクをクリックする必要があります。

キー(鍵)を登録する

キー(鍵)を登録する

インストール画面に進む

インストール画面に進む

インストール&有効化を実行する

インストール&有効化を実行する

  • インストール(Install)
  • 有効化(Activate)

有料版の紹介

WPCore Plugin Managerには有料版が用意されています。

無料版では作成できるコレクションやプラグインの数に制限がありますが、有料版ではより多くのコレクションやWPプラグインを利用できるようになります。

WPCore Plugin Manager

機能比較

無料版と有料版では利用できるコレクションの数に違いがあります。
登録できるWPプラグインの数も増えます。

無料版 有料版
コレクションの登録可能数 最大2個 最大200個
コレクションの中で利用できる
WPプラグインの個数
最大18個 最大100個

まとめ

WPCore Plugin Managerは、プラグインを一括インストールできるWordPressプラグインです。WPプラグインのインストール作業をまとめて管理できます。

例えば、相手にキー(鍵)を渡して、相手側のWPプラグインにキー(鍵)を登録すれば、インストールするWPプラグインの一覧が表示されます。後はインストールして有効化するだけです。

このWPプラグインを活用すれば、WPプラグインのインストール作業を効率化できます。WordPressを利用してサイト構築を行う際にインストール作業を一括して管理したい方は活用しましょう。

スポンサーリンク