MetaSlider

MetaSliderは、コンテンツスライダーを簡単に作成できるWordPressプラグインです。シンプルで使いやすいのが特徴です。

1つのプラグインで4種類のコンテンツスライダーが利用できます。
(Nivo Slider、Flex Slider、Coin Slider、Responsive Slides)

このプラグインは機能が限定された無料版になりますが、スライドのサイズやエフェクトを細かく設定でき、汎用性が高くて非常に役に立つプラグインです。スライドごとにURLの設定もできます。プラグインの管理画面はシンプルで非常に使いやすいです。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • 複数のコンテンツスライダーを簡単に作成できる。
  • 1つのプラグインで4種類のコンテンツスライダーが利用できる。
    (Nivo Slider、Flex Slider、Coin Slider、Responsive Slides)
  • コンテンツスライダーを表示させる位置はショートコードとPHPコードで指定できる。
  • プラグインの管理画面がシンプルで使いやすい。
  • プラグインの機能を拡張する有料版が用意されている。
  • プラグインの管理画面の大部分が日本語化されているのでわかりやすい。

動作見本

MetaSliderをテストサーバーに設置してみました。
実際に動くスライダーをご覧ください。

Meta Slider 動作見本

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「MetaSlider」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

コンテンツスライダーとは?

コンテンツスライダーとは、ブログのトップページなどでよく利用される大きなバナー画像をスライド表示させ、訪問者に見てもらいたいページや情報をアピールする際に用いられるものです。「カルーセル」「スライダー」とも呼ばれます。

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > MetaSlider

MetaSlider

管理画面の使い方

管理画面の使い方を簡単に説明すると、まず最初にスライドショーを作成して、その中にスライドを追加していきます。

画面左側でスライド画像を登録し、表示順番・文言・URLを設定します。そして、画面左側でスライドの外観やエフェクトを設定し、設定を保存します。

最後に画面右下にあるショートコードまたはPHPコードをコンテンツスライダーを表示させたい位置に記述します。

MetaSlider

コンテンツスライダー作成の流れ

  1. 「+ New」をクリックして新しいスライドショーを作成する。
  2. 「スライドを追加」をクリックして、スライドさせる画像をアップロードして登録する。
  3. 登録した画像に対して、それぞれに表示させる文言・URLを登録する。
  4. 画面右上にあるスライダーの種類を選択する。
  5. プレビューで設定内容を確認しながら、スライダーの表示サイズやエフェクトなどの外観を調整する。
  6. 「保存」をクリックして設定を保存する。
  7. 画面右下に表示される専用の「ショートコード」または「PHPコード」を表示させたい場所に記述して、スライダーを表示させます。

備考

  1. コンテンツスライダーの表示位置を指定方法は、ショートコードは記事本文に記述します。
    PHPコードはテンプレートに直接記述する場合に利用します。
  2. 管理画面の設定項目の中には、選択項目がグレーで選択できないものがあります。
    それは、無料版では提供されていない機能です。
    その機能は有料版を購入すれば利用できます。

まとめ

MetaSliderは、コンテンツスライダーを簡単に作成できるWordPressプラグインです。4種類のコンテンツスライダーが利用できます。

このプラグインは機能が限定された無料版になりますが、スライドのサイズやエフェクトを細かく設定でき、非常に役に立つプラグインです。

もし、バナーをスライド表示させるコンテンツスライダーを利用したい場合は、このプラグインを活用しましょう。

スポンサーリンク