Tabify Edit Screen

Tabify Edit Screenは、WordPressの記事編集画面に表示される内容をタブで整理できるプラグインです。自分好みに表示内容をタブで整理することで、記事を書く作業を効率化できます。

WordPressの記事編集画面に表示される内容は、表示オプションで非表示にすることもできますが、このWPプラグインを利用すれば、タブで表示内容を整理することができます。

WordPressで記事を書く際に、記事編集画面に表示される内容が多過ぎると感じていたら、このWPプラグインを活用しましょう。記事を書く作業が効率化できるかもしれません。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPressの記事編集画面をタブ表示に変更できる。
  2. 記事編集画面に表示される内容を自分好みにタブでグループ分けして整理できる。
    利用頻度が低い項目をタブに分けて整理できる。
  3. タブの追加・編集が簡単にできる。
  4. 固定ページ(Page)、カスタム投稿タイプ(Custom Post Type)でも利用できる。

タブの表示例

記事編集画面の上の方にタブが表示されます。
タブをクリックすると、タブでグループ分けした項目の表示・非表示ができます。

記事編集画面

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、wordpress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Tabify Edit Screen」で検索
  2. wordpress.org からダウンロードする

プラグインの設定

下記は「記事編集」「SEO」「その他」の3つのタブに分けた設定例です。

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Tabify edit screen

タブの編集

投稿(Post)の記事編集画面は、初期状態からタブの表示が有効化されています。

設定を有効化すれば、「固定ページ(Page)、カスタム投稿タイプ(Custom Post Type)」でも利用できます。

タブの中身や表示順番は、ドラッグ&ドロップで自由に編集できます。

タブ

プラグインの使い方

下記は「記事編集」「SEO」「その他」の3つのタブに分けた場合の表示例です。

タブの切り替え

種類別にタブでグループ分けすることができます。利用頻度が低い項目をタブに分けて整理すると、記事編集画面が整理できて良いかもしれません。

タブ1(記事編集の設定項目)

記事編集画面

タブ2(SEOの設定項目)

タブの切り替え

タブ3(その他の設定項目)

タブの切り替え

まとめ

Tabify Edit Screenは、WordPressの記事編集画面に表示される内容をタブで整理できるプラグインです。自分好みに表示内容をタブで整理することで、記事を書く作業を効率化できます。

WordPressで記事を書く際に、記事編集画面に表示される内容が多過ぎると感じていたら、このWPプラグインを活用しましょう。記事を書く作業が効率化できるかもしれません。

スポンサーリンク