Velvet Blues Update URLs

Velvet Blues Update URLsは、WordPressのデータベース内にある「サイトURL」の変更ができるプラグインです。データベース内にある画像・リンクなどのURLを1クリックで一括置換できます。

このプラグインはWordPressの引越し・設置場所の変更など、WordPressのサーバー移転(データ移行)の際に利用します。

使い方は簡単です。変更前と変更後のURLを入力し、ボタンをクリックするだけで処理を完了できます。

WordPressの引越しの際に役立つプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れていること

  • WordPressのデータベース内にある画像・リンクなどのURLを1クリックで置換できる。
  • WordPressのサーバー移転や設置ディレクトリを変更する際に役立ちます。
  • 変更前と変更後のURLを入力し、ボタンをクリックするだけ処理を完了できる。

どんな時に使うの?

疑問

このプラグインはWordPressの設置場所を変更した際に利用します。

WordPressを新しいサーバー環境に移設して、URLが変更になった際に利用します。WordPressの引越しの際に役立ちます。

WordPressのデータをインポートする方法は「XML形式」や「phpMyAdmin」を利用してインポートする方法があります。

どちらの方法を利用しても問題ありません。

活用例

  • ブログのサーバー移転(ドメイン変更)
  • ブログにSSLを導入する(HTTPS・暗号化通信)
  • ブログの設置ディレクトリを変更する
  • ローカル環境にテストサーバーを構築する

置換の対象

  1. 記事本文(投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプ・記事のリビジョン)
  2. 抜粋
  3. リンク
  4. 添付ファイル
  5. カスタムフィールド・メタボックス
  6. GUID

信頼性

プラグインが定期的にアップデートされており、安定的に保守が行われています。
サポートフォーラムでも開発者が質問に回答しています。
プラグインの保守は適切に行われているようです。

確認日:2021.04.01

確認できた内容
  • 定期的なアップデートの実績
  • サポートフォーラムの評判
  • プラグインの評価
  • プラグインの利用者数

インストール方法

Velvet Blues Update URLs

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは「wordpress.org」からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Velvet Blues Update URLs」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > ツール > Update URLs

管理画面の使い方

プラグインの管理画面の使い方は簡単です。
「移転元URL、移転先URL、置換対象」を指定し、ボタンをクリックするだけです。
ボタンをクリックすると一括置換の処理が実行されます。

Velvet Blues Update URLs

置換対象

  1. URLs in page content(記事本文)
  2. URLs in excerpts(抜粋)
  3. URLs in links(リンク)
  4. URLs for attachments(画像などの添付ファイル)
  5. URLs in custom fields and meta boxes(カスタムフィールド、メタボックス)
  6. Update ALL GUIDs(GUID)

まとめ

Velvet Blues Update URLsは、WordPress移転時のデータベース内のサイトURLの変更ができるプラグインです。データベース内にある画像やリンクのURLを1クリックで一括置換できます。

使い方は簡単です。変更前と変更後のURLを入力し、ボタンをクリックするだけで処理を完了できます。

WordPressの引越しの際に役立つプラグインなので活用しましょう。