Enhanced Media Library

Enhanced Media Libraryは、メディアライブラリにカテゴリーを追加して画像ファイルを整理できるプラグインです。

WordPressのメディアライブラリは、画像ファイルの登録数が増えてくると、過去に登録した画像ファイルが探しにくくなる問題があります。このプラグインは画像ファイルに対して分類カテゴリーを設定できます。

このプラグインを上手く活用すると、過去に登録した画像ファイルを登録カテゴリーから探すことができ、メディアライブラリが使いやすくなります。そして、記事を書く作業が捗ります。例えば、素材サイトの画像ファイルを複数の記事で何度も使い回す場合、画像ファイルをカテゴリー分けして整理できるので非常に役立ちます。便利なプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. メディアライブラリにカテゴリーを追加して画像ファイルをカテゴリーごとに分類して整理できる。メディアライブラリの画像ファイルが増えても画像ファイルが探しやすい。
  2. メディアライブラリのカテゴリーは自由に追加・変更できる。
  3. プラグインの設定データは、自由にインポート(取り込み)・エクスポート(書き出し)ができる。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Enhanced Media Library」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > メディア > Media Categories
WordPress管理画面 > 設定 > Enhanced Media Library

カテゴリーの追加

プラグインを有効化すると、「メディア」の中に「Media Categories」が追加されます。
メディアライブラリの一覧画面やメディアファイルの編集画面にも登録情報が表示されます。

メディアライブラリ

登録したカテゴリーからメディアファイルを絞り込んで探すことができます。

メディアライブラリ

メディア編集画面

メディアファイルの編集画面からもカテゴリーを指定できます。

メディア編集画面

カテゴリー編集画面

メディアライブラリのカテゴリーは自由に追加・編集できます。

カテゴリー編集画面

インポート・エクスポート

プラグインの設定データを他の環境に移したい場合は、インポート・エクスポート機能を利用できます。また、プラグインの設定データを簡単にクリーンアップすることもできます。

Enhanced Media Library

まとめ

Enhanced Media Libraryは、メディアライブラリにカテゴリーを追加して画像ファイルを整理できるプラグインです。

このプラグインを上手く活用すると、過去に登録した画像ファイルを登録カテゴリーから探すことができ、メディアライブラリが使いやすくなります。そして、記事を書く作業が捗ります。例えば、素材サイトの画像ファイルを複数の記事で何度も使い回す場合、画像ファイルをカテゴリー分けして整理できるので非常に役立ちます。

便利なプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク