Browser Shots

Browser Shotsは、外部サイトのスクリーンショットを撮影して記事にサムネイル画像として表示できるWordPressプラグインです。ショートコードにURLと画像サイズを指定するだけで利用できます。

このプラグインを利用すると自分で外部サイトのスクリーンショットを撮影したり、画像を編集する作業が不要になります。画像ファイルはサーバー側で管理されています。自分のサーバー側に画像が格納されることはありません。スクリーンショットの画像はリアルタイム生成ではなく、定期的に更新されているようです。

ちなみに、このプラグインは、以前「BM Shots」という名前のプラグインでしたが、名前を変えて開発が続けられています。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • 外部サイトのスクリーンショット画像を自分のブログに簡単に表示できる。
  • ショートコードにURLと画像サイズを記述すると、外部サイトのスクリーンショットが撮影されます。
  • スクリーンショットの画像は、自分のサーバー側に保存されません。
  • 画像はリアルタイム生成ではありません。定期的に更新されます。スクリーンショットが未撮影の場合でも、少し時間を待てば、スクリーンショットが反映されます。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Browser Shots」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

ショートコードの使い方

「スクリーンショットを撮影するURL」と「画像の横幅・縦幅」を指定します。
ショートコードの中に「url、width、height」の値を指定して下さい。
利用できるパラメーターは他にも幾つか用意されています。

[browser-shot url=”https://netaone.com” width=”300″ height=”200″]

利用できるパラメーター
url 取得する外部サイトのURL
width 画像の横幅
height 画像の縦幅
alt 画像のALTテキスト
link 画像のリンク先
target リンクターゲット。
別ウィンドウは「_blank」を付ける。
class classにCSSを追加する。
image_class 初期設定のclass「alignnone」から指定した内容に変更する。

管理画面の設定

このプラグインには管理画面がありません。
専用のショートコードでURLと画像サイズを指定するだけで利用できます。
出力されるスクリーンショット画像は、何も装飾されていません。
必要に応じてCSSを利用して画像を装飾すると見やすくなります。

まとめ

Browser Shotsは、外部サイトのスクリーンショットを撮影して記事にサムネイル画像として表示できるWordPressプラグインです。ショートコードにURLと画像サイズを指定するだけで利用できます。

このプラグインを利用すると自分で外部サイトのスクリーンショットを撮影したり、画像を編集する作業が不要になります。

画像ファイルはサーバー側で管理されています。自分のサーバー側に画像が格納されることはありません。スクリーンショットの画像はリアルタイム生成ではなく、定期的に更新されているようです。

スポンサーリンク