PublishPress Future

PublishPress Future(旧名称:Post Expirator)は、記事の有効期限(公開終了日時)を設定できるWordPressプラグインです。記事を期間限定で公開したい場合に利用すると役に立ちます。

例えば、期間限定のキャンペーンの記事を公開する際に、キャンペーン終了後に自動的に記事が非公開になるように設定できます。

このプラグインはブログの記事に期間限定のキャンペーン情報を掲載する際などで活用できます。
ブログ運営に役立つプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れていること

  • 記事ごとに有効期限を設定できる。
  • 設定日時を過ぎたら、記事の状態を「下書き・非公開・ゴミ箱・削除・先頭に固定」に変更できる。
  • 設定日時を過ぎたら、記事の「カテゴリー」を変更できる。
  • 記事の有効期限が過ぎたら、管理者ユーザー宛にメール通知ができる。
  • ブロックエディタ・クラシックエディタの両方に対応。
  • プラグインが日本語化されているので分かりやすい。

プラグインの名称・開発者の変更

プラグインの名称と開発者が変わりました。
PublishPressのチームが開発を引き継いでいます。
機能面では大きな変更はありませんが、プラグインの画面が少し変わっています。

新名称:PublishPress Future
旧名称:Post Expirator

信頼性

プラグインが定期的にアップデートされており、安定的に保守が行われています。
サポートフォーラムでも開発者が質問に回答しています。
プラグインの保守は適切に行われているようです。

確認日:2021.12.23

確認できた内容
  • 定期的なアップデートの実績
  • サポートフォーラム評判
  • プラグインの評価
  • プラグインの利用者数
  • 有料版のプラグインあり

インストール方法

PublishPress Future

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは「wordpress.org」からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「PublishPress Future」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

プラグインの使い方

記事編集エディタに「有効期限を設定する」の設定項目が表示されます。
記事の有効期限(公開終了日時)を設定できます。

記事の有効期限の設定

記事の有効期限の設定

プラグインの設定

プラグインの管理画面は日本語化されています。
管理画面の説明を読んで設定を調整します。
初期状態は機能が無効化されているので、必要に応じて機能を有効化して利用して下さい。

メニュー

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Future

初期設定

初期設定やメール通知の設定などができます。
メール通知を利用する場合は、機能を有効化して下さい。

初期設定

Display(表示設定)

記事の下にフッターコンテンツを表示する場合は、機能を有効化して下さい。

表示設定

投稿タイプ

投稿タイプごとに初期値を設定できます。
必要な機能を有効化して利用して下さい。

投稿タイプ

まとめ

PublishPress Futureは、記事の有効期限(公開終了日時)を設定できるWordPressプラグインです。
記事を期間限定で公開したい場合に役に立ちます。

このプラグインはブログの記事に期間限定のキャンペーン情報を掲載する際などで活用できます。
ブログ運営に役立つプラグインなので活用しましょう。