Q2W3 Fixed Widget

Q2W3 Fixed Widgetは、サイドバーのウィジェットをスクロール追尾させることができるWordPressプラグインです。サイドバーに配置したウィジェットが画面の動きに合わせてスクロールするようになります。

WPプラグインをインストールして有効化すると、ウィジェットの下側に「Fixed widget」という設定項目が追加されます。その設定項目にチェックを入れて保存すると、ウィジェットの表示領域が画面の動きに合わせてスクロール追尾するようになります。

例えば、このWPプラグインを活用すると、アフィリエイトのバナー広告やソーシャルメディアのシェアボタン・フォローボタンなどをより目立つようになります。便利なプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. サイドバーに配置したウィジェットをスクロール追尾させることができる。
  2. 設定は簡単。ウィジェットの下側に「Fixed widget」という設定項目が追加されます。そこにチェックを入れて保存すると、ウィジェットの表示領域が画面の動きに合わせてスクロールするようになります。
  3. 殆どのウィジェットで利用できます。
  4. アフィリエイトのバナー広告やソーシャルメディアのシェアボタン・フォローボタンなどをより目立つようにできる。

利用イメージ

このWPプラグインはネタワン(当サイト)でも実際に利用しています。
サイドバー右下の広告がスクロールして追尾表示するように設定しています。
ご自身の目で実際の動作例をご確認ください。

使用上の注意点

このWPプラグインを利用するには注意が必要な点があります。

スクロールさせる表示領域に「Google AdSense」の広告を掲載していると、広告がスクロールしてしまいます。それは、AdSenseプログラムポリシー違反になってしまいます。
スクロールさせる部分には「Google AdSense」の広告を配置しないように注意して下さい。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WP管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Q2W3 Fixed Widget」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

このWPプラグインの管理画面は日本語化されています。
初期設定のままでも運用可能です。
スクロール追尾させる対象はウィジェットの設定で指定します。

管理画面の場所

WP管理画面 > 外観 > Fixed Widget 設定

Fixed Widget 設定

停止ID、カスタムID、マージンなどを設定できます。
初期設定のままでも運用できます。
まずは初期設定のままで利用しましょう。

Fixed Widget 設定

ウィジェットの設定

スクロールさせる対象はウィジェットで指定します。

管理画面の場所

WP管理画面 > 外観 > ウィジェット

スクロール追尾の対象指定

設定は簡単です。ウィジェットの下にチェックボックスが追加されます。それにチェックを入れると、指定したウィジェットの表示領域がスクロール移動します。

スクロール追尾の対象指定

まとめ

Q2W3 Fixed Widgetは、サイドバーのウィジェットをスクロール追尾させることができるWordPressプラグインです。サイドバーに配置したウィジェットが画面の動きに合わせてスクロールするようになります。

例えば、このWPプラグインを活用すると、アフィリエイトのバナー広告やソーシャルメディアのシェアボタン・フォローボタンなどをより目立つようになります。便利なプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク