WordPressの「.org」と「.com」の違い

WordPress(ワードプレス)を初めて利用する方のために、知っておくべき基礎知識を解説しています。

WordPressを利用する方法は「インストール型のソフトウェア」と「レンタル型のブログサービス」の2種類の提供方法があります。

この2つ違いを理解していないと、WordPressを利用する上で、混乱してしまうかもしれないので、基礎知識として理解しておきましょう。

はじめに

WordPressの2つの利用方法

WordPressは「インストール型のソフトウェア」と「レンタル型のブログサービス」の2種類の提供方法があります。詳しくは記事の下の方で解説します。

wordpress.orgインストール型のソフトウェア
wordpress.comレンタル型のブログサービス

インストール型のソフトウェア

ワードプレス

日本においては、WordPressは「wordpress.org」からダウンロードするソフトウェアのことを指す場合が多いです。

「wordpress.org」では、WordPressのソフトウェアのデータをダウンロードできます。

そして、そのダウンロードしたソフトウェアを自分が契約したレンタルサーバー(ホスティング)にインストールして利用します。

自分が管理しているサーバーにインストールしたWordPressは、基本的に自分が全て管理します。

WordPress本体・テーマ・プラグインの保守管理はを自分で行う必要があります。アップデートの適用も自分が行います。

主な特徴

  • ソフトウェア本体は無料で提供される。
  • ソフトウェアは自分でサーバーにインストールする。
  • サーバーは自分で管理する。
  • アップデートの適用は自分で行う。
  • テーマ・プラグインは自分で追加・削除できる。
  • 有料販売されているテーマ・プラグインを利用することもできる。
  • 独自ドメインを利用することもできる。

WordPressの公式サイト

「wordpress.org」は、WordPressに関する情報がまとめられた公式サイトでもあります。
WordPressの利用者が質問や意見を出し合うフォーラムもあります。

wordpress.org

wordpress.org

レンタル型のブログサービス

ワードプレス

「wordpress.com」では、WordPressをレンタル型のブログサービスとして利用できます。EC機能も用意されています。

このブログサービスは、WordPressの共同創始者が立ち上げた会社「Automattic(オートマティック)」によって運営されています。

「wordpress.com」は、WordPress本体・テーマ・プラグインがサーバーに組み込まれた状態で提供されます。自分でサーバーを用意したり、インストール作業を行う必要がありません。

ただし、利用する上で注意点もあります。このブログサービスは制限が多いです。プランによって利用できる機能や制限内容が異なります。無料プランも用意されていますが、広告が表示されます。

また、複数の有料プランがあり、ビジネスプラン以上でないとテーマ・プラグインを自由にアップロードすることができません。

主な特徴

  • WordPressをレンタル型のブログサービスとして利用できる。
  • 無料プラン・有料プランがある。
  • 有料プランでは、EC(通販)機能も用意されている。
  • プランによって利用できる機能や制限内容が異なる。
  • 自分でサーバーを用意したり、インストール作業を行う必要がない。
  • 自分でサーバーを管理する必要がない。
  • 自分でWordPressのアップデートを管理する必要がない。
  • ブログに「Jetpack」の機能が組み込まれている
  • テーマ・プラグインをアップロードするには「ビジネスプラン」以上の有料契約が必要。
  • 独自ドメインを利用するには「ビジネスプラン」以上の有料契約が必要。
wordpress.com

wordpress.com

まとめ

WordPressを利用する方法は「インストール型のソフトウェア」と「レンタル型のブログサービス」の2種類の提供方法があります。

この2つ違いを理解していないと、WordPressを利用する上で、混乱してしまうかもしれないので、基礎知識として理解しておきましょう。


日本においては、WordPressは「wordpress.org」からダウンロードするソフトウェアのことを指す場合が多いです。


「wordpress.com」では、WordPressをレンタル型のブログサービスとして利用できます。

ただし、このブログサービスは制限が多いです。プランによって利用できる機能や制限内容が異なります。


どちらが良いとかはありませんが、日本においては「インストール型のソフトウェア」を利用している方が多いです。