Easy Watermark

Easy Watermarkは、画像にロゴやテキストの透かし(ウォーターマーク)を入れることができるプラグインです。テキストでコピーライト表記などを入れることもできます。

このプラグインは画像に配信元のサイト名やコピーライト表記を記載する際に役立ちます。画像にアップロード者の名前や会社名を表記することで、画像の不正コピーを予防(牽制)する効果があります。透かしを挿入する位置は自由に指定できます。過去にアップロードした画像に対して透かしを一括挿入することもできます。

このプラグインは自分のサイトで写真やイラストの作品をWeb上で公開したり、写真素材サイトなどを運営する際に利用すると役に立ちます。便利なプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 画像にロゴやテキストの透かし(ウォーターマーク)を入れることができる。
  2. テキストでコピーライト表記などを入れることができる。
  3. 記事に画像をアップロードすると、自動的に透かし(ウォーターマーク)を入れることができる。
  4. 透かしを入れる位置を自由に指定できる。余白や透明度なども設定できる。
  5. 過去にアップロードした画像に対して透かしを一括挿入できる。

利用イメージ

右下にロゴの透かしを入れた例

celebration-logo

右下にテキストの透かしを入れた例

テキスト

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Easy Watermark」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Easy Watermark

General(全体的な設定)

プラグインの全体的な設定の画面です。一番上の「Auto Watermark」にチェックを入れると、メディアに画像をアップロードすると自動的に透かしを挿入します。その他の設定項目としては、透かしを挿入する対象の画像種類やサムネイルサイズを指定できます。不要なものにはチェックを外しておきましょう。

全体的な設定

Image(画像設定)

ロゴ画像などを透かしで挿入する設定です。ロゴ画像は透過した画像も可能です。オフセットや透明度の数値は適度に調整しましょう。

画像設定

Text(文字設定)

テキストで透かしを挿入する設定です。オフセットや透明度の数値は適度に調整しましょう。

文字設定

アップロード済み画像に透かしを挿入する

過去にアップロードした画像に対して透かしを一括挿入できます。メディアの階層の中に専用のページがあります。

管理画面の場所

WordPress管理画面 > メディア > Easy Watermark

メディア

ボタンをクリックすると一括処理が実行されます。メディアに登録されている画像全てに対して処理が実行されるので操作は慎重に行って下さい。

メディア

まとめ

Easy Watermarkは、画像にロゴやテキストの透かし(ウォーターマーク)を入れることができるプラグインです。テキストでコピーライト表記などを入れることもできます。

このプラグインは、自分のサイトで写真やイラストの作品をWeb上で公開したり、写真素材サイトなどを運営する際に利用すると役に立ちます。便利なプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク