List category posts

List category postsは、投稿や固定ページの記事やサイドバーに指定したカテゴリー・タグの記事一覧を表示できるWordPressプラグインです。カテゴリーだけでなくタグにも対応しています。

プラグインを利用する際は、専用のウィジェットまたは専用のショートコードにカテゴリのID、カテゴリ名などを指定して利用します。記事一覧の抽出条件を細かく指定できるので便利です。

このプラグインは手動で関連記事の一覧を表示する際に利用すると便利です。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • 投稿や固定ページの記事内に指定したカテゴリー・タグの記事一覧を表示できる。
  • ショートコードを利用して記事本文に記事一覧を表示できる。
    様々なパラメーターが用意されており、抽出条件を細かく指定できる。
  • ウィジェットを利用してサイドバーやフッターに記事一覧を表示できる。
    様々なパラメーターが用意されており、抽出条件を細かく指定できる。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「List category posts」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は、下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > List Category Posts

管理画面の設定

ショートコードを利用して記事一覧を表示する場合の表示件数や表示条件などを指定できます。

List Category Posts

ショートコードの使い方

ショートコードの基本的な使い方は、カテゴリーID、カテゴリーネームなどを指定して利用します。よく利用されるパラメーターは下記の通りです。

カテゴリーIDの指定

カテゴリーID(またはタグID)の数字を指定して記事一覧を取得できます。

カテゴリーIDの調べ方がわからない場合は「WordPressの記事ID、カテゴリーIDの確認方法」を参照して下さい。

利用例

[catlist id=24]

カテゴリーネームの指定

カテゴリーネーム(またはスラッグ)を指定して記事一覧を取得できます。

利用例

[catlist name=”カテゴリーネーム”]

タグの指定

タグを指定して記事一覧を取得できます。

利用例

[catlist tags=”タグの文字列”]

現在表示している記事と同じカテゴリーの記事一覧を検出

現在表示している記事と同じカテゴリーの記事一覧を取得できます。
関連記事の表示などで利用すると便利です。

利用例

[catlist categorypage=”yes”]

AND指定

複数のカテゴリーIDをプラス(+)でAND指定することができます。

利用例

[catlist id=17+25+2]

OR指定

複数のカテゴリーIDをカンマ(,)でOR指定することができます。

利用例

[catlist id=17,24,32]

除外指定

除外はマイナス(-)で指定します。

利用例

[catlist id=11,-32,16]
[catlist id=1+2-3]

検索指定

検索キーワードに合致する記事を表示できます。

利用例

[catlist search=”検索キーワード”]

表示件数指定

取得する記事の件数を指定できます。

利用例

[catlist id=17 numberposts=10]

並び順

記事の並び順を指定できます。ASC(昇順)、DESC(降順)

利用例

[catlist id=17 orderby=title order=asc]
[catlist id=17 orderby=date order=desc]

その他のパラメーター

ショートコードで使用できるパラメーターは、他にも沢山あります。
詳しくは「WordPress.org にある公式の説明(英語)」をご覧下さい。

ウィジェットの使い方

ウィジェットを利用してサイドバーやフッターに記事一覧を表示できます。

List category posts ウィジェット設定

まとめ

List category postsは、投稿や固定ページの記事内に指定したカテゴリー・タグの記事一覧を表示できるWordPressプラグインです。カテゴリーだけでなく、タグにも対応しています。

もし、記事内やサイドバーに記事一覧を表示させたい場合は、このプラグインを活用しましょう。関連記事の表示、記事カテゴリーの表示などを手動で作成する場合に利用すると便利です。