AddQuicktag

AddQuicktagは、WordPressの記事編集エディタに頻繁に使用するHTMLコードを登録しておき、必要に応じて呼び出して記事作成を効率化できるWordPressプラグインです。

このWPプラグインを利用すると、何度も同じHTMLコードを入力する作業を効率化でき、記事を書く作業が捗ります。

頻繁に利用するHTMLコードは、これに登録して作業を効率化しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. WordPressの記事編集エディタに頻繁に使用するHTMLコードを予め登録しておき、必要に応じて呼び出して使える。
  2. 投稿・固定ページ・コメント欄で利用できる。
  3. ビジュアルエディタとテキストエディタ(HTMLモード)の両方で利用できる。
  4. WPプラグインの設定データをエクスポート&インポートできる。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「AddQuicktag」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

記事編集エディタの例

テキストエディタでの使用例

テキストエディタ(HTMLモード)では、プラグインの管理画面でHTMLコードを登録すると、記事編集エディタにボタンが表示されます。ボタンをクリックすると、HTMLコードが挿入されます。

テキストエディタでの使用例

ビジュアルエディタでの使用例

ビジュアルエディタでは、プラグインの管理画面でHTMLコードを登録すると、記事編集エディタにプルダウンメニューが表示されます。プルダウンを選択すると、HTMLコードが挿入されます。

ビジュアルエディタでの使用例

プラグインの設定

AddQuicktagは、プラグインの管理画面が日本語化されています。管理画面の説明を読めば使い方がわかります。

プラグインの管理画面にHTMLコードを登録しておくだけです。頻繁に使用するHTMLコードをここに登録しておき、記事を書く際にエディタのボタンから呼び出して利用します。

プラグインの管理画面に登録したHTMLコードは、設定内容をエクスポート&インポートできます。他のサイトの環境にデータを移行しやすいので便利です。

カスタム投稿タイプを利用する場合の設定

カスタム投稿タイプを利用する場合は、初期状態のままではカスタム投稿タイプの記事編集エディタに反映されません。

下記PHPコードを「functions.php」に追加すると、カスタム投稿タイプでも利用できるようになります。PHPコード内の「カスタム投稿の名前」の部分は、あなたが使用するカスタム投稿の名前に入れ替えて利用して下さい。

そして、AddQuicktagの管理画面にあるチェックボックスにチェックを入れて保存してください。

//カスタム投稿編集画面にAddQuicktagを追加
function addquicktag_set_custom_post_type($post_types){
    $post_types[] = "カスタム投稿の名前";
    return $post_types;
}
add_filter('addquicktag_post_types', 'addquicktag_set_custom_post_type');

まとめ

AddQuicktagは、ビジュアルエディタとテキストエディタ(HTMLモード)の両方で利用できます。特にHTMLコードを直打ちする場合は、このWPプラグインを利用すると、何度も同じHTMLコードを入力する作業が簡略化でき、記事を書く作業が捗ります。頻繁に使用するHTMLコードを予め登録しておきましょう。

さらに、HTMLタグの自動除去を停止するプラグイン「PS Disable Auto Formatting」とセットで利用すると、さらに記事を書くのが捗りますよ。

スポンサーリンク