Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、GoogleとBingの検索エンジンに対し、XMLサイトマップを自動送信できるプラグインです。このプラグインをインストールして有効にすると、検索エンジンに対してXMLサイトマップを自動的に送信するようになります。

XMLサイトマップを送信することで、検索エンジンに対して自分のWebサイトの更新情報が円滑に反映されるようになります。

ちなみに、このプラグインはGoogleとBingの検索エンジンに対してXMLサイトマップを送信する機能のみです。送信結果や詳細レポートを見たい場合は、別途、Googleウェブマスターツールに登録する必要があります。

はじめに

XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップは、簡単に説明すると、Webサイト上のページを検索エンジンに円滑に反映させる為に利用される目次のような役割があります。GoogleとBingなどの検索エンジンがそのXMLサイトマップを定期的に取得し、検索エンジンの検索結果に反映させます。サイトマップはXML形式で作成されています。サイトマップを作成して送信すると、検索エンジンの通常のクロール処理では検出できない可能性があるURLを含むサイト上の全てのページを検索エンジンに知らせることができます。

このプラグインが優れている点

  1. GoogleとBingの検索エンジンに対し、XMLサイトマップを自動送信できる。
  2. XMLサイトマップを送信することで、検索エンジンに対して、自分のWebサイトの更新情報が円滑に反映されるようになる。
  3. プラグインが日本語化されているので分かりやすい。

プラグインのインストール

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Google XML Sitemaps」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

管理画面の設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

管理画面の場所
WordPress管理画面 > 設定 > XML-Sitemap

XMLサイトマップを生成する

管理画面に最初にアクセスした際は、まだXMLサイトマップが生成されていません。ページ上部にあるリンクをクリックして、XMLサイトマップを生成して下さい。一度クリックすると、後は定期的に自動生成されます。

XMLサイトマップを生成する

XMLファイルについて

XMLサイトマップを生成すると、トップページの階層にXMLファイルが生成されます。これがXMLサイトマップです。

ネタワンの場合の例

https://netaone.com/sitemap.xml

その他の設定について

このプラグインは、管理画面の設定を特に変更しなくても、そのまま運用可能です。必要に応じて、「投稿の優先順位」や「コンテンツの除外設定」を変更することもできます。

参考:ウェブマスターツール

管理画面の右側には、GoogleとBingのウェブマスターツールのリンクがありますので、後で必要に応じて登録しましょう。ウェブマスターツールに登録すると、XMLサイトマップの送信結果や詳細レポートが見れます。

登録するサイトマップ

sitemap.xml

投稿の優先順位の設定

上から4番目のボックスの「投稿の優先順位」の設定があります。設定の変更は任意ですが、Webサイトにコメントが投稿されるのが少ない場合、「優先順位を自動的に計算しない」に変更した方が良いかもしれません。コメントが頻繁に投稿されるWebサイトの場合は、そのままの設定でもよいです。

投稿の優先順位の設定

まとめ

Google XML Sitemapsは、自分のWebサイトの更新情報を検索エンジンに円滑に伝える役割があります。

XMLサイトマップを一度生成すれば、後はプラグインが自動で処理を行なってくれます。このプラグインは必ずインストールしておきましょう。

スポンサーリンク