ワードプレスやブログ運営に役立つ情報をまとめています。WordPressプラグイン、WordPressテーマ(テンプレート)の情報をわかりやすく紹介します。

WP Fastest Cache - キャッシュでページ表示を高速化できるWordPressプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事公開 2016.08.31

最終更新 2016.12.09

WP Fastest Cacheは、キャッシュでWordPressのページ表示を高速化できるプラグインです。Webサイトの表示速度が劇的に速くなります。

非常に高機能なプラグインですが、管理画面はシンプルで使いやすく、初心者から上級者まで利用できます。プラグインの言語設定を変更すれば、管理画面を日本語表記に変更できます。

このWPプラグインは有料版も用意されており、アクセス数の多い本格的なWebサイトでの運用も可能です。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. キャッシュでWordPressのページ表示を高速化できる。
  2. プラグインの言語設定を変更すれば、プラグインの管理画面を日本語表記にできる。
  3. キャッシュ処理の様々な機能が搭載されている。
  4. 更に高機能な有料版のプラグインも用意されている。

主な機能

  1. ページのキャッシュ機能
  2. キャッシュの有効期限管理機能
  3. キャッシュの個別削除機能
  4. ログインユーザーに対してのキャッシュの無効化
  5. モバイルユーザーに対してのキャッシュの無効化
  6. ファイル圧縮&最適化機能(HTML/CSS/JavaScript)
  7. サーバーから送信されるデータのGzip圧縮機能
  8. ブラウザ・キャッシュ機能
  9. 画像の最適化機能
  10. キャッシュの除外設定機能
  11. CDNとの連携(MaxCDN、Photon、その他CDN)

注意事項

WordPressにキャッシュ処理のプラグインをインストールする場合は、細心の注意が必要です。プラグインを本番サーバーにいきなりインストールしないでください。必ず、別に設置したテスト環境(テストサーバー)で正常に動作することを確認した上で、本番サーバーに導入する必要があります。

このプラグインはキャッシュ処理のプラグインが稼働しているレンタルサーバーでは利用しないでください。また、格安レンタルサーバーや無料レンタルサーバーでも利用しないで下さい。処理がぶつかってサーバーエラーになる可能性があります。エックスサーバーなどの通常のレンタルサーバーで利用して下さい。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP Fastest Cache」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > WP Fastest Cache

管理画面の設定

設定

プラグインの管理画面はシンプルな構成になっています。一般的なサイトを運営する場合であれば、「設定」のタブで機能を有効化するだけで運用できます。

言語設定でプラグインの管理画面を日本語化することもできます。ところどころ日本語化されていない部分もあります。下記画像の補足をご覧ください。

WP Fastest Cache

キャッシュの削除

プラグインが生成したキャッシュは手動で削除できます。それに加え、キャッシュの有効期限や除外設定などもできます。

WP Fastest Cache

ページ表示速度の計測

参考までに、サイトの表示速度などを計測できる「GTmetrix」を利用して「WP Fastest Cache」のプラグインを利用する場合と利用しない場合でページの表示速度を計測してみました。サイトの表示速度は、計測する時間帯やサイト内容によって計測結果が異なってきます。あくまでも参考情報としてお考え下さい。

下記は「エックスサーバー」で運用するサイトのパフォーマンスを計測しています。

おそらく、多少の変動はありますが、殆どのWebサイトでページの表示速度のパフォーマンスが良くなります。キャッシュ処理のプラグインの利用を検討している方は、実際にあなたのサイトでも試してみましょう。

WP Fastest Cacheを利用した場合のスコア

計測1回目
GTmetrix

計測2回目
GTmetrix

キャッシュ処理を利用しない場合のスコア

計測1回目
GTmetrix

計測2回目
GTmetrix

補足

上記は同じサイトの同じページを計測しています。スコアが改善した原因は、おそらく、通常のキャッシュ機能に加えて、下記の機能があるのでスコアが良くなったのだと思われます。

プラグインを有効化する前と後でHTMLソースを見比べてみてください。HTML、CSS、JavaScriptのコード及び画像ファイルが最適化されているのが確認できます。

  • ファイル圧縮&最適化機能(HTML/CSS/JavaScript)
  • サーバーから送信されるデータのGzip圧縮機能
  • ブラウザ・キャッシュ機能
  • 画像の最適化機能

まとめ

WP Fastest Cacheは、キャッシュ処理でWordPressのページ表示を高速化できるプラグインです。

プラグインの言語設定を変更すれば、プラグインの管理画面を日本語表記に変更できます。プラグインの管理画面はシンプルで使いやすく、初心者から上級者まで利用できます。キャッシュ機能を簡単に利用できるのでお勧めのプラグインです。

尚、このプラグインは有料版も用意されており、更に高度な機能も利用できます。アクセス数の多い本格的なWebサイトでの運用も可能です。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます

ネタワンは皆様の善意に支えられています。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSフィードを購読する

follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ネタワンを購読する

  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus
  • Feedly
  • RSS
  • Push7

初心者向け

WordPress使い方ガイド
WordPress入門

スポンサーリンク

ワードプレステーマTCD

ネタワンでも利用しているTCDのWordPressテーマを紹介します。様々な種類のテーマが販売されています。

CORE(TCD027)

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」

マガジンスタイルのメディアサイト(ポータルサイト)を構築できるWordPressテーマ


ワードプレステーマTCDの詳細&レビューはこちら