WP Super Cache

WP Super Cacheは、キャッシュ機能でブログのページ表示を高速化できるWordPressプラグインです。

このプラグインを利用すれば、静的なHTMLを生成することで、ブログの表示を高速化できます。キャッシュを生成する際の設定を細かく調整することもできます。

プラグインの管理画面は日本語化されています。日本語の翻訳が変なところもありますが、初心者でも利用できます。まずは、「推奨」と表示されている設定で運用することをお勧めします。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • キャッシュを利用してブログのページ表示を高速化できる。
  • キャッシュの設定はシンプルでわかりやすい。
  • キャッシュを生成する際の設定を細かく調整できる。
  • アクセス数の多い大規模サイト向けにCDN機能も用意されている。
  • プラグインの管理画面が日本語化されているのでわかりやすい。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP Super Cache」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

キャッシュ機能がなぜ必要なの?

WordPressの標準の仕様では、ブログの記事にアクセスがあると、毎回動的にページを生成します。しかし、アクセス数が増えると、サーバーに負荷がかかり過ぎるので、ページ表示が遅くなることがあります。

このプラグインを利用すると、毎回負荷のかかる処理は行わずに、以前生成したキャッシュを利用してページを表示します。そうすることで、ブログのページ表示を高速化できます。

管理画面の設定

プラグインの管理画面は、殆どの部分が日本語化されています。
管理画面の説明を読んで設定を調整して下さい。

一般的なブログを運用する場合は、「推奨」と記載されているものを選択して設定を保存すれば、問題なく運用できます。

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > WP Super Cache

簡易

プラグインをインストールした直後は、キャッシュ機能が無効化されています。
キャッシュ機能を有効化して利用して下さい。

簡易

詳細

キャッシュを生成する際の設定を細かく調整できます。
必要に応じて設定を調整して下さい。
まずは、「推奨」と表示されている項目にチェックを入れて運用することをお勧めします。

詳細

CDN

CDNの機能を利用すると、アクセス数の多いブログでも効率的にコンテンツを配信できます。
ちなみに、CDNはアクセス数が多い大規模サイトを運営する場合に利用する機能です。
ブログのアクセス数がそれほど多くない場合は、利用しても殆ど効果はありません。
設定が複雑なので、この記事では説明を省略します。

CDN

コンテンツ

プラグインが生成したキャッシュファイルや有効期限切れのファイルの数を確認できます。
「キャッシュ状況データを再生成」をクリックすると、統計の数値が更新されます。

コンテンツ

プリロード

プリロードはキャッシュを再生成する間隔を指定できます。
「600」分と指定すれば、10時間ごとにキャッシュが自動的に再生成されます。

プリロード

プラグイン

他のプラグインと連携する場合に利用する機能です。必要に応じて活用して下さい。

まとめ

WP Super Cacheは、キャッシュ機能でブログのページ表示を高速化できるWordPressプラグインです。このプラグインを利用すれば、静的なHTMLを生成することで、ブログをの表示を高速化できます。

このプラグインは「エックスサーバー」などの一般的な共用レンタルサーバーを利用してブログを運営する際に役に立ちます。

便利な便利なプラグインなので活用しましょう。

キャッシュ機能があるレンタルサーバー

参考までに、キャッシュの機能が標準搭載されたレンタルサーバーを紹介します。

ページ表示の高速化については、ネタワンでも利用している「wpXレンタルサーバー」をお勧めします。このレンタルサーバーは、最初からサーバーにキャッシュ機能が組み込まれています。難しい設定が不要で運用も簡単です。ブログがサクサク表示されるので非常にお勧めです。

「14日間の無料お試し期間」もあるので、実際に自分で試してみましょう。

スポンサーリンク