Shortcoder

Shortcoderは、ショートコードを自作して記事作成を効率化できるプラグインです。記事の中で頻繁に利用する文章やHTMLコードをショートコードに登録してコードを使い回せます。

ショートコードは何個でも登録できます。その登録したショートコードを記事編集画面に記述して呼び出して利用します。ショートコードの編集は、ビジュアルエディタとテキストエディタ(HTMLモード)の両方を利用できます。

このプラグインを利用すると、記事作成作業を効率化できます。Webサイトを運営していると、頻繁に利用する定型文や補足説明文などがあると思います。その頻繁に利用する文章やHTMLコードをパーツ化して使い回すことで、記事作成作業を効率化しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. 頻繁に利用する「文章、HTMLコード、JavaScriptコード」をショートコードに登録して、記事作成作業を効率化できる。
  2. ショートコードは、何個でも登録できる。
  3. ショートコードの編集画面では、ビジュアルエディタとテキストエディタ(HTMLモード)の両方を利用できる。
  4. ショートコードを利用してパラメーターの受け渡しを行うこともできる。

利用イメージ(英語)

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Shortcoder」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Shortcoder

ショートコード登録画面

ショートコード登録画面では、ビジュアルエディタとテキストエディタ(HTMLモード)を利用できます。

ショートコード登録画面

記事の編集

記事の編集画面では、専用のボタンをクリックすることで、登録したショートコードを挿入できます。

ビジュアルエディタ

ビジュアルエディタ

テキストエディタ

テキストエディタ

まとめ

Shortcoderは、ショートコードを自作して記事作成を効率化できるプラグインです。記事の中で頻繁に利用する文章やHTMLコードをショートコードに登録してコードを使い回せます。

このプラグインを利用すると、記事作成作業を効率化できます。Webサイトを運営していると、頻繁に利用する定型文や補足説明文などがあると思います。その頻繁に利用する文章やHTMLコードをパーツ化して使い回すことで、記事作成作業を効率化しましょう。

スポンサーリンク