Pixabay Images

Pixabay Imagesは、パブリックドメイン扱いの写真素材やクリップアート素材を無料で利用できるプラグインです。商用・非商用を問わず無料で利用できます。

このプラグインは、無料で利用できるパブリックドメイン扱いの写真素材やクリップアート素材を検索できるサイト「Pixabay」のWordPressプラグイン版です。画像素材を探す際は、日本語検索にも対応しています。

記事のアイキャッチ画像などに登録する画像は、パブリックドメインの写真素材を活用しましょう。有料の写真素材には品質で劣りますが、探すと結構良質な素材が見つかります。アイキャッチ画像の有無で記事の印象が大きく変わります。あなたも活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. パブリックドメインの写真素材やクリップアート素材を無料で利用できる。
  2. 画像素材を探す際は、日本語検索にも対応してる。
  3. 画像素材のクレジット表記は、管理画面の設定で非表示にできる。
  4. 記事編集画面の上部に専用の画像挿入ボタンを追加できる。
  5. 画像素材の画像サイズは3種類の中から選択できる。(150×99、640×425、1280×850)

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Pixabay Images」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

パブリックドメインとは?

パブリックドメイン(Public Domain)とは、著作物などの知的創作物において、知的財産権が発生していない状態又は消滅した状態のことをいいます。

その知的財産権を行使しうる者が存在しないため、その知的創作物を誰でも自由に利用できます。

パブリックドメイン扱いの画像素材の場合は、権利者が権利を放棄している又は権利が消失している状態の写真素材になります。つまり、営利・非営利を問わず、誰でも自由に利用できる画像素材になります。

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Pixabay Images

管理画面の設定

プラグインの初期設定を変更できます。画像素材のクレジット表記は非表示にすることもできます。

管理画面の設定

画像素材を記事に挿入する

記事編集画面の画像挿入ボタン

記事編集画面の上部に専用の画像挿入ボタンが追加されます。

記事編集画面の画像挿入ボタン

画像素材の検索

キーワードを入力して画像素材を検索します。日本語検索にも対応しています。

全てのキーワードが正しく翻訳されるわけではないので、英単語で検索した方が探している素材を発見しやすいです。

画像素材の検索

画像素材の記事への挿入

検索結果の画像を選択すると、選択画像がメディアライブラリに登録されます。

「投稿に挿入」をクリックすると、記事に画像が挿入されます。

画像素材の記事への挿入

まとめ

Pixabay Imagesは、パブリックドメイン扱いの写真素材やクリップアート素材を無料で利用できるプラグインです。商用・非商用を問わず無料で利用できます。

記事のアイキャッチ画像などに登録する画像は、パブリックドメインの写真素材を活用しましょう。有料の写真素材には品質で劣りますが、探すと結構良質な素材が見つかります。アイキャッチ画像の有無で記事の印象が大きく変わります。あなたも活用しましょう。

スポンサーリンク