User Role Editor

User Role Editorは、WordPressのユーザー権限をカスタマイズできるプラグインです。編集者・投稿者・寄稿者・購読者の権限グループに設定された権限を増やしたり、減らしたりできます。

このプラグインはWordPressを複数のユーザーで運用する場合に利用します。ユーザーごとに利用できる権限を管理できます。ユーザーごとに何ができて、何ができないかの権限をカスタマイズして利用します。

例えば、WordPressを利用してニュースサイトなどを運営する場合、複数の記者(ユーザー)に記事を書いてもらいますが、その記者(ユーザー)ごとに与えたい権限(機能)は異なる場合が多いです。そんな場合にこのプラグインを利用して与える権限をカスタマイズします。

記事を編集する担当者が多くなってくると必要になるプラグインです。権限の管理に役立つプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れていること

  • WordPressの権限グループと権限をカスタマイズできる。
  • 「編集者・投稿者・寄稿者・購読者」の権限グループに設定された権限をカスタマイズできる。権限を増やしたり、減らしたりできる。
  • ユーザーごとに権限をカスタマイズできる。
  • オリジナルの権限グループや権限を作成できる。
  • 使用していない権限グループを削除できる。
  • WordPressの権限グループと権限を初期状態にリセットできる。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは「wordpress.org」からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「User Role Editor」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

注意事項

初心者は利用しないで下さい

このプラグインは初心者向けではありません。
WordPressの仕組みを理解している技術者が利用するプラグインです。

バックアップ

このプラグインを利用する前に必ずデータベースのバックアップをお取り下さい。
このプラグインを利用すると、WordPressの権限グループと権限をカスタマイズできます。
使い方を誤ると、権限を利用しているユーザーやプラグインに影響が出る場合があります。

権限グループ

権限グループとは?

WordPressには、権限グループと権限という概念があります。
ユーザーごとに何ができて、何ができないかの権限を管理できます。
権限がないと、記事を書くなどの機能を利用できません。

権限グループは、複数の権限を利用しやすいようにグループとしてまとめたものです。WordPressの権限グループは、下記の5種類が用意されています。

管理者
(Admin)
全ての機能を利用できます。
プラグインやテーマの管理もできます。
編集者
(Editor)
投稿と固定ページの作成・編集・公開、他のユーザーが書いた記事の編集・公開、カテゴリーとタグの編集ができます。
投稿者
(Author)
自分が書いた投稿の作成・編集・公開はできますが、他のユーザーが書いた記事の編集や公開はできません。
また、固定ページの作成はできません。
寄稿者
(Contributor)
投稿の作成・編集はできますが、記事の公開はできません。
作成した記事はレビュー待ちの状態になります。
また、他のユーザーが書いた記事の編集、メディアファイルのアップロードはできません。
購読者
(Subscriber)
使用できる機能が最も制限された権限グループです。
WordPressの管理画面にログインできますが、記事の作成はできません。ブログのコメント欄のコメントを読んだり、コメントを投稿できます。

詳しくは下記の記事にまとめているので参考にしてください。

参考

WordPressのユーザーの種類と権限について

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

権限グループの編集

WordPress管理画面 > ユーザー > User Role Editor

設定

WordPress管理画面 > 設定 > User Role Editor

権限グループの編集

「編集者・投稿者・寄稿者・購読者」の権限グループをカスタマイズできます。

権限グループの編集

概略の説明で表示する

「権限」を概略の説明で表示する機能も用意されています。
チェックボックスをONにすると、権限の部分が概略の説明に入れ替わって表示されます。

権限を概略の説明で表示する

ユーザー一覧

ユーザー一覧の画面でもユーザーごとの権限グループの編集ができます。

管理者ユーザーとしてログインした状態で、管理画面の「ユーザー > ユーザー一覧」の画面を表示すると、権限グループを編集する機能が追加されています。

ユーザー一覧

設定

プラグインの設定画面では、各種設定や「ユーザー権限の初期化」などができます。

各種設定

各種設定

ユーザー権限の初期化

ユーザー権限の初期化

まとめ

User Role Editorは、WordPressのユーザー権限をカスタマイズできるプラグインです。編集者・投稿者・寄稿者・購読者の権限グループに設定された権限を増やしたり、減らしたりできます。

例えば、WordPressを利用してニュースサイトなどを運営する場合、複数の記者(ユーザー)に記事を書いてもらいますが、その記者(ユーザー)ごとに与えたい権限(機能)は異なる場合が多いです。そんな場合にこのプラグインを利用して与える権限をカスタマイズします。

記事を編集する担当者が多くなってくると必要になるプラグインです。権限の管理に役立つプラグインなので活用しましょう。