Shortcoder

Shortcoderは、頻繁に利用するコードを登録してショートコードで呼び出して利用できるWordPressプラグインです。記事作成の効率化に役立ちます。

記事の中で頻繁に利用する文章・HTMLのコードを登録して、頻繁に利用するコードを使い回すことができます。

ブログを運営していると、頻繁に利用する定型文や補足説明などがあると思います。その頻繁に利用する文章やHTMLコードをパーツ化して使い回すことで、記事作成作業を効率化しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • 頻繁に利用する「テキスト・HTML・JavaScript」のコードを登録して記事作成作業を効率化できる。コードは何個でも登録できる。
  • 記事に表示する際はショートコードを記述して利用する。
  • クラシックエディタを利用する場合は、ビジュアルエディタ・テキストエディタの両方を利用できる。
  • ブロックエディタを利用する場合は、ブロック追加画面に専用のショートコード追加ボタンが表示される。
  • 登録したコンテンツにパラメーターを受け渡せる。
  • 登録したデータのエクスポート・インポートができる。

利用イメージ(英語)

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは「wordpress.org」からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Shortcoder」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Shortcoder

ショートコードの作成

ショートコード作成

コンテンツの登録

頻繁に利用するコンテンツの「テキスト・HTML・JavaScript」のコードを登録します。
ちなみに、登録したコンテンツの中にパラメーターを受け渡す機能も用意されています。

コンテンツの登録

登録済みのショートコード一覧

作成済みのショートコードが一覧表示されます。
登録したショートコードは、後からでも編集できます。

登録済みのショートコード一覧

記事編集での使い方

このプラグインは「ブロックエディタ・クラシックエディタ」の両方に対応しています。

ブロックエディタを利用しての記事編集

ブロックエディタを利用する場合は、ブロック追加画面にShortcoder専用ボタンが表示されます。利用するショートコードを選択して、記事にショートコードを挿入します。

ブロック追加画面

ブロック追加

ショートコード選択

ショートコード選択

ショートコード挿入

ショートコード挿入

ブロック編集画面

ブロック編集

クラシックエディタを利用しての記事編集

クラシックエディタを利用する場合は、ビジュアルエディタ・テキストエディタの両方を利用できます。

記事編集画面では、専用のボタンをクリックすることで、登録したショートコードを挿入できます。

ビジュアルエディタ

ビジュアルエディタ

テキストエディタ

テキストエディタ

ショートコード挿入画面

記事編集画面でショートコード挿入ボタンをクリックすると、下記の画面が表示されます。
ショートコードを選択すると、記事に選択したショートコードが挿入されます。

ショートコード挿入画面

まとめ

Shortcoderは、頻繁に利用するコードを登録してショートコードで呼び出して利用できるWordPressプラグインです。

このプラグインを利用すると、記事作成の作業を効率化できます。

ブログを運営していると、頻繁に利用する定型文や補足説明などがあります。その頻繁に利用する文章やHTMLコードをパーツ化して使い回すことで、記事作成作業を効率化しましょう。