Shortcoder

Shortcoderは、頻繁に利用するコードを登録してショートコードで呼び出して利用できるWordPressプラグインです。記事作成の効率化に役立ちます。

記事の中で頻繁に利用する「文章、HTML、JavaScript」のコードを登録して、頻繁に利用するコードを使い回すことができます。

このプラグインを利用すると、記事作成の作業を効率化できます。ブログを運営していると、頻繁に利用する定型文や補足説明などがあると思います。その頻繁に利用する文章やHTMLコードをパーツ化して使い回すことで、記事作成作業を効率化しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • 頻繁に利用する「文章、HTML、JavaScript」のコードを登録して記事作成作業を効率化できる。コードは何個でも登録できる。
  • 記事に表示する際はショートコードを記述して利用する。
  • 編集画面ではビジュアルエディタとテキストエディタの両方を利用できる。
  • パラメーターの受け渡しができる。
  • 登録したデータのエクスポート・インポートができる。

利用イメージ(英語)

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Shortcoder」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Shortcoder

ショートコード登録画面

ショートコード登録画面では、ビジュアルエディタとテキストエディタ(HTMLモード)を利用できます。

ショートコード登録画面

記事の編集

記事の編集画面では、専用のボタンをクリックすることで、登録したショートコードを挿入できます。

ビジュアルエディタ

ビジュアルエディタ

テキストエディタ

テキストエディタ

まとめ

Shortcoderは、頻繁に利用するコードを登録してショートコードで呼び出して利用できるWordPressプラグインです。

このプラグインを利用すると、記事作成の作業を効率化できます。

ブログを運営していると、頻繁に利用する定型文や補足説明などがあります。その頻繁に利用する文章やHTMLコードをパーツ化して使い回すことで、記事作成作業を効率化しましょう。

スポンサーリンク