Search Meter

Search Meterは、WordPressの検索ボックスで、ブログの記事を読む人が何のキーワードで検索しているかを記録・閲覧できるプラグインです。

このプラグインはブログの閲覧者の検索需要が分かるので便利です。利用者が何を探しているかを把握することで、ブログのコンテンツ改善に役立ちます。

このプラグインを利用していると、利用者の検索キーワードをヒントとして、現状のブログの「不足しているコンテンツ」が分かる場合があります。

例えば、「ABC商品を検索しているユーザーがたまにいる。」→「ABC商品の需要があるので、その解説記事を書けば、利用者の評価を得やすい。」など、コンテンツの改善に役立たせましょう。

追記

WordPressを利用して構築したブログの検索履歴を記録する方法は、下記の記事で紹介している方法をお勧めします。Google Analyticsの機能を活用しましょう。

WordPressのサイト内検索の検索履歴をGoogle Analyticsに反映させる方法

はじめに

このプラグインが優れている点

  • WordPressの検索ボックスで、ブログの記事を読む人が何のキーワードで検索しているかを記録・閲覧できる。簡易的な統計機能もある。
  • 利用者の検索需要が分かる。
  • 利用者が何を探しているかを把握することでコンテンツ改善に役立つ。

Search Meterの表示例

ダッシュボード

プラグインを有効にすると、ダッシュボードに簡易版の統計が表示されます。
ちなみに、試しに自分で検索したキーワードも表示されていますが気にしないでください。

search meter

検索キーワードの統計画面

検索ボックスで検索されたキーワードの統計を見ることができます。Webサイトの閲覧者が何を探しているかが分かるので、その需要に対する記事を書くと良いでしょう。

search meter

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Search Meter」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

備考

検索の統計が集計できるのは、WordPress標準の検索ボックスのみです。
Googleカスタム検索などの他の検索ボックスは対象外です。

管理画面の設定

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。
初期設定のままでも利用できますが、必要に応じて設定を変更しましょう。

管理画面の場所

管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > Search Meter

管理画面の見本

管理画面の見本

まとめ

Search Meterを利用していると、たまに、検索キーワードから新しく作るべきコンテンツが見えてくる場合があります。

ブログの記事を読む人の需要を知ることは、ブログを運営する上で重要です。プラグインをインストールしておいて損は無いので試しに利用してみましょう。

スポンサーリンク