Post Type Switcher

Post Type Switcherは、記事の「投稿タイプ」を後から変更できるWordPressプラグインです。投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプの「投稿タイプ」を変更できます。

このプラグインを有効化すると、記事編集画面に「投稿タイプ」を指定できるプルダウンメニューの設定項目が追加されます。そのプルダウンメニューを選択するだけで記事の「投稿タイプ」を変更できるようになります。

記事の「投稿タイプ」を変更しても、記事ID(投稿ID)やスラッグは引き継がれるので不具合がでることはありません。また、プラグインを停止しても変更データはそのまま残ります。

もし、記事を公開した後から「投稿タイプ」を変更したくなった場合は、このプラグインを活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れていること

  • 記事の「投稿タイプ」を後から変更できる。プルダウンメニューから選ぶだけ。
  • 投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプに対応している。
  • プラグインを停止しても設定したデータはそのまま残る。

利用例

記事編集画面の右上のあたりに設定項目が追加されます。
プルダウンメニューで投稿タイプを選択できます。

Post Type Switcher

信頼性

プラグインが定期的にアップデートされており、安定的に保守が行われています。
サポートフォーラムでも開発者が質問に回答しています。
プラグインの保守は適切に行われているようです。

確認日:2021.04.01

確認できた内容
  • 定期的なアップデートの実績
  • サポートフォーラムの評判
  • プラグインの評価
  • プラグインの利用者数

インストール方法

Post Type Switcher

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは「wordpress.org」からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Post Type Switcher」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

このプラグインの専用の管理画面はありません。
記事編集画面と記事一覧画面に設定項目が追加されます。

WordPress管理画面 > 投稿 > 投稿の編集
WordPress管理画面 > 固定ページ > 固定ページを編集

投稿の編集

投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプの記事編集画面に設定項目が追加されます。
そのプルダウンメニューを選択して更新すると投稿タイプを変更できます。

Post Type Switcher

まとめ

Post Type Switcherは、記事の投稿タイプを後から変更できるWordPressプラグインです。投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプの「投稿タイプ」を変更できます。

もし、後から記事の「投稿タイプ」を変更したくなった場合は、このプラグインを利用して投稿タイプを変更すると簡単です。非常に便利なプラグインなので、覚えておくと後で役に立つかもしれません。