MAMP(マンプ)を利用してMac OSX上にWordPressのテスト環境(テストサーバー)を構築する手順を紹介します。この記事はMacユーザー向けの記事です。

MAMPは、ローカル環境のMac OSX上に手軽にWebのテストサーバーを構築できるアプリケーションです。Apache、Nginx、MySQL、PHP、phpMyAdminが利用できます。Webサーバー上でPHPとMySQLが利用できるので、WordPressをインストールして運用することもできます。

この記事では、Mac OSXのローカル環境にインストールされているMAMPにWordPressを設置し、それをテスト環境とする手順を解説しています。WordPressテーマやWebサイト全体に変更を加える際は、自分のローカル環境にあるテストサーバーで試した上で本番サーバーにアップロードする方が安全です。ローカル環境にテストサーバーを設けておくと、いろいろ役に立ちます。WordPressを運用しているMacユーザーの方は、MAMPを活用しましょう。

ちなみに、Windowsユーザーの方には、XAMPPの利用をお勧めします。

はじめに

MAMPとは?

MAMP

MAMPは、Mac OSXのローカル環境に手軽にWebのテストサーバーを構築できるアプリケーションです。非常に簡単にテスト環境を構築できます。その手軽さからMacでは利用者が多いです。使い方が簡単なので、Webデザイナーでも十分に使いこなせます。

名前は「Mac、Apache、MySQL、PHP」の頭文字をとってMAMP(マンプ)と呼びます。ちなみに、Nginx、phpMyAdminも利用できます。Webサーバー上でPHPとMySQLが利用できるので、WordPressをインストールして運用することもできます。

念のため説明しておきますが、MAMPは、あくまでも一時的に使用するテストサーバーとして利用します。常時稼働させておく本番サーバーではありません。MAMPを使用する際にサーバーを起動し、テストが終わるとサーバーを停止させます。

公式サイト

MAMP – ローカル環境のWebサイト管理ツール

MAMPの主な特徴

  1. MAMPはインストールと初期設定が簡単で導入しやすい。
  2. Apache、Nginx、MySQL、PHP、phpMyAdminを利用できる。
  3. 通常のレンタルサーバーと同じようにWordPressをインストールして利用できる。
  4. アプリケーションは日本語対応。

利用できるサーバー機能

Webサーバー Apache、Nginx
データベース MySQL
データベース管理 phpMyAdmin
スクリプト言語 PHP

XAMPP for MACについて

Webのテスト環境を構築するアプリケーションとして、XAMPP(ザンプ)を一番に思い浮かべる方もいると思いますが、それのMac版にあたる「XAMPP for MAC」は利用しない方がよいです。

XAMPPは、Windows版は有名ですが、Mac版は不具合やら問題がいろいろが多いです。評判もよくありません。

Macを利用する場合は、MAMPを利用しましょう。その方が無駄な時間を浪費せずに済みます。

インストール手順

作業の流れ

大まかに作業の流れを説明すると、下記の流れになります。

  1. 【事前準備】本番サーバーにあるWordPressのデータベースをphpMyAdminを利用してエクスポートする。
  2. 【事前準備】本番サーバーにあるWordPressのwp-contentディレクトリをFTPで丸ごとダウンロードする。
  3. MAMP本体のデータを公式サイトからダウンロードし、MacOSXにインストールして初期設定を行う。
  4. WordPress本体のデータを公式サイトからダウンロードし、MAMPにインストールする。
  5. 先程用意しておいた「WordPressのデータベース」をphpMyAdminを利用してインポートする。そして、「WordPressのwp-contentディレクトリ」のデータを入れ替える。
  6. WordPressのデータベース内に格納されている「本番サーバーのドメイン名」を新しいテスト環境に合わせて一括置換する。(画像のパス、リンクURLの一括置換)
  7. Webサイトを確認して問題がなければ作業完了です。

【参考】phpMyAdminの使い方

作業で使用するphpMyAdminは、殆どのレンタルサーバーで利用可能です。参考までに、下記にレンタルサーバーごとの使い方の解説ページへのリンクをまとめておきます。

phpMyAdminは、ロリポップ、ヘテムル、さくらインターネットなどのレンタルサーバーでも利用可能です。

参考記事

サイト移転時にWordPress記事をXML形式でエクスポート&インポートする手順

XML形式でエクスポートしても問題ありません

この記事では、phpMyAdminを利用してWordPressのデータを移設していますが、もし、難しく感じるのであれば、別の方法を利用しても問題ありません。

WordPressのデータを移設する方法は、XMLを利用してインポートする方法もあります。phpMyAdminの操作に慣れていない方は、phpMyAdminの代わりに、XML形式でエクスポート&インポートしてください。

インストール前の準備

MAMPをインストールする前に、テストサーバーで利用するWordPressの「データベース」を自分のマシンにエクスポートし、「wp-contentディレクトリ」をダウンロードしておきます。

1. データベースのエクスポート

WordPressのデータベースは、記事のデータやWordPressの設定データなどが格納されています。データベースは、phpMyAdminを利用してデータをエクスポートします。(データ書き出し)

まずはじめに、レンタルサーバー(本番サーバー)にあるphpMyAdminの画面をブラウザで表示してください。そして、エクスポートするデータベースを選択し、「エクスポート」とのタブをクリックします。オプション項目が沢山表示されますが、設定を変更するのは印を付けた部分のみで大丈夫です。この画面でダウンロードしたファイルがデータベースのSQLファイルです。

phpMyAdmin

データベースのエクスポート

※ データベースの容量が大きい場合は、出力するSQLファイルを圧縮しましょう。SQLファイルの容量が大きすぎると、PHPのアップロードサイズの最大値に引っかかる場合があります。php.iniの設定ファイルを変更すればアップロードサイズの最大値を変更できます。

データベースに格納されているデータ

  • WordPressの各種設定データ
  • 記事のデータ
  • ユーザーアカウントのデータ
  • テーマの設定データ
  • プラグインの設定データ など

2. wp-contentディレクトリのダウンロード

WordPressの「wp-content」ディレクトリは「記事の画像ファイル、テーマのデータ、プラグインのデータ」などが格納されています。そのディレクトリをFTPソフトで丸ごとダウンロードします。

その他のディレクトリやファイルは、テスト環境に新規インストールしたWordPressのデータを使用します。ダウンロードは不要です。

丸ごとダウンロードするディレクトリ

/wp-content/

wp-contentディレクトリに格納されているデータ

  • 記事の画像データ
  • テーマのデータ
  • プラグインのデータ など

全てのWordPress関連ファイルを移す場合

wp-contentディレクトリのみではなく、Web環境にある全てのWordPress関連ファイルを移す場合は、テストサーバーの環境に合わせて設定ファイルを手動で変更してください。この記事では説明が長くなるので省略します。

Mac OSXのApacheは停止する

MAMPをインストールする前に、Mac OSXに標準搭載されているApache(Webサーバー)は停止してください。また、別途MySQLのデータベースをインストールしている場合は、全て停止してください。設定が影響したり、ポート番号がぶつかりそうなものは事前に停止しておく必要があります。

MAMPのインストール

MAMPのダウンロード

MAMPをインストールするには、公式サイトからインストーラーをダウンロードします。ダウンロードするファイルは、250MBを超えるのでダウンロード完了までに少し時間がかかります。
MAMPは「無用版のMAMP」と「有料版のMAMP PRO」があります。インストーラーはその2つがセットになっています。インストールしたファイルの中に「MAMP PRO」のデータも含まれていますが、利用しない場合は後で削除しても問題ありません。

公式サイト

MAMP – ローカル環境のWebサイト管理ツール

MAMP

ダウンロード

MAMP

MAMPのインストール

ダウンロードしたファイルをクリックします。クリックするとインストーラーが起動します。

パッケージ

パッケージ

インストーラー

インストーラー

インストーラー

使用許諾契約に同意

使用許諾契約に同意

使用許諾契約に同意

インストール開始

インストール開始

インストール完了

インストール完了

アプリケーション起動

インストールが完了したら、アプリケーションの中にMAMPフォルダができます。

その中の「MAMP.app」をクリックするとアプリケーションが起動します。「MAMP.app」をドックに登録しておきましょう。

アプリケーション起動

MAMPの起動

「MAMP.app」をクリックするとMAMPが起動します。まず最初にMAMPの初期設定を行います。「設定…」をクリックすると、設定画面が開きます。

MAMPの起動

MAMPの初期設定

ポート番号の変更

初期設定では、Apacheのポート番号が「8888」になっています。初期設定のままでも利用できますが、Webサーバーを確認する際のURLが長くなるので、Apacheのポート番号を「80」に変更します。NginxのポートはApacheとかぶらない別の番号にします。Nginxに関しては、今回は使用しないのでポート番号は何番でも構いません。

ポート番号の変更

変更するポート番号

Apache ポート番号:80
MySQL ポート番号:3306

サーバーの起動

上記でMAMPの初期設定は完了です。早速、サーバーを起動しましょう。

ちなみに、サーバーを起動・停止する際にマシンの管理者パスワードの入力を求められます。

サーバーの起動

スタートページ

サーバーを起動すると、下記画面が最初に表示されます。この画面でPHP、MySQL、phpMyAdminなどの情報やリンクが確認できます。

この画面を含め、テスト環境(テストサーバー)に設置したWebページは、サーバーを起動している時にのみ閲覧できます。サーバーを停止すると閲覧できなくなります。

スタートページ

Webサーバーのドキュメントルート

Webサーバーのドキュメントルートは、下記のフォルダになっています。これで自分のマシンにテスト環境(テストサーバー)ができました。自分で作成したHTMLやPHPファイルを入れて確認してみましょう。

Webサーバーのドキュメントルート

/Macintosh HD/アプリケーション/MAMP/htdocs/

WebサーバーのURL

http://localhost/

WordPress用のデータベースを作成する

phpMyAdminを利用してデータベースを作成する

次に、phpMyAdminを利用してWordPressで利用するMySQLのデータベースを作成します。今回は分かりやすく「wordpress」という名前でデータベースを作成します。(別のデータベース名でも構いません)

phpMyAdminを表示するには、MAMPのスタート画面にリンクがあります。それをクリックしてください。

データベース作成

データベース作成

データベースと照合順序を指定

データベースと照合順序を指定

作成ボタンをクリックすると、「wordpress」という名前のデータベースが作成されます。

この状態ではデータベースの中身が空になっています。このデータベースに後でWordPressをインストール後、データをインポートします。(データ取り込み)

今回、テスト環境で使用するMySQLのデータベース情報は、下記の通りです。

データベース wordpress
ホスト localhost
ユーザ名 root
パスワード root

※ テスト環境なので、初期状態から用意さユーザー名とパスワードを利用します。

※ MySQLのユーザー名やパスワードは、新たにユーザーアカウントを作成しても問題ありません。新たにユーザーを作る場合は、ユーザーにデータベースを編集する権限を与えてください。

WordPressのインストール

次に、WordPressをインストールします。

WordPressのダウンロード

インストールするWordPressのデータは、公式サイトからダウンロードします。

公式サイト

WordPress 日本語ローカルサイト

ファイルのコピー

MAMPのWebサーバーにWordPressをインストールします。基本的に通常のレンタルサーバーにインストールするのと同じ手順です。テストサーバーが自分のマシンの中にあるので、「htdocs」のフォルダにファイルを入れます。

1. ドキュメントルートにインストールする場合

ドキュメントルート(一番上の階層のディレクトリ)にインストールする場合は、ZIPファイルを解凍し、「htdocs」直下にフォルダの中身だけを設置します。

/Macintosh HD/アプリケーション/MAMP/htdocs/

2. ディレクトリを作ってインストールする場合

ディレクトリを作ってインストールする場合は、ZIPファイルを解凍し、「htdocs」の下の階層にフォルダを作って設置します。下記は「wordpress」というディレクトリにイスントールする例です。

/Macintosh HD/アプリケーション/MAMP/htdocs/wordpress/

※ 以降の説明は、「wordpress」ディレクトリにインストールする場合の説明になります。

インストール実行

WordPressの新規インストールを実行します。設置したディレクトリにある「index.php」ファイルをクリックしてください。

一旦、WordPressを新規インストールし、その後、データベースを入れ替えます。インストール時には、先ほど作成したMySQLのデータベース情報を利用します。

WordPressのインストーラーのURL

http://localhost/wordpress/index.php

インストール開始

インストール開始

インストールに必要な情報の入力

インストールに必要な情報の入力

インストール実行

インストール実行

WordPressのインストール設定

WordPressのインストール設定

まずはWordPressを新規インストールしてください。後で、データベースを入れ替えます。その方法が一番簡単です。

インストール完了

インストール完了

上記画面が表示されれば、WordPressのインストールは完了です。

念の為、管理画面にログインして確認してみましょう。

WordPressのデータを移設する

wp-contentディレクトリを丸ごと入れ替える

次に、WordPressの各種データが格納されている「wp-content」ディレクトリの中身を丸ごと入れ替えます。これで、「画像・テーマ・プラグイン」のデータをテスト環境に移設できます。

尚、既にある「wp-content」ディレクトリは、念のため別のディレクトリ名に変更してバックアップしておきましょう。(後で削除しても問題ありません)

中身を丸ごと入れ替えるディレクトリ

/wp-content/

ディレクトリ&ファイル一覧

ファイル一覧

phpMyAdminでデータベースを空の状態に戻す

データベースをインポートする前に、WordPressを新規インストールした際にデータベースの中にテーブルが自動生成されています。一旦、全て削除して空の状態に戻します。(又は別のデータベースを新規作成する)

削除するテーブルの選択

削除するテーブルの選択

削除実行

削除実行

phpMyAdminでデータベースをインポートする

次に、phpMyAdminを利用してデータベースをインポートします。(データ取り込み)

本番サーバーから自分のマシンに保存しておいたSQLファイルを、データベース「wordpress」に対してインポートします。

インポート先のデータベース「wordpress」を選択した状態で、インポートタブをクリックします。そして、SQLファイルを指定してアップロードします。インポート画面の設定項目は、変更する必要はありません。

インポート実行後、「インポートは正常に終了しました。」と表示されれば、無事インポート完了です。

データベースのインポート

データベースのインポート

エラーになる場合

もし、アップロードしようとしてエラーになる場合は、PHPのアップロードサイズの最大値を超えている可能性があります。その場合は、SQLファイルを圧縮しましょう。圧縮すると容量がだいぶ減ります。

それでも容量が超えてエラーになる場合は、php.iniにあるアップロードサイズの最大値を変更してください。

WordPressの設定ファイルを変更する

次に、WordPressの設定ファイルをテキストエディタなどで開いて編集します。

使用するテキストエディタは、UTF-8の文字コードで保存できるテキストエディタであれば何でも構いません。文字コードは「UTF-8」で保存してください。

編集するWordPressの設定ファイル

/wp-config.php

WordPressの設定ファイル(wp-config.php)の編集

変更が必要になる箇所は、下記の通りです。主にデータベース情報の設定です。何か初期状態からカスタマイズしている場合は、設定ファイルを修正しましょう。特に、データベース名やテーブルの接頭辞の内容が一致しているか確認しましょう。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'root');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'root');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');
$table_prefix  = 'wp_';

phpMyAdminから設置URLを修正する

phpMyAdminを利用して設置URL(ドメイン名)の情報を直接編集します。該当箇所はデータベースの「wp_options」のテーブルの中にあります。

「wp_options」の中にWebサイトの設置URL(ドメイン名)の情報があります。その2箇所を直接修正します。

phpMyAdminから設置URLを修正する

phpMyAdminから設置URLを修正する

変更前(本番サーバー)

下記は、本番サーバのドメインが「https://netaone.com」の場合の例です。

option_id option_name option_value
1 siteurl https://netaone.com
36(※30番目付近) home https://netaone.com

変更後(テスト環境)

option_id option_name option_value
1 siteurl http://localhost
36(※30番目付近) home http://localhost

注意点

「home」は上から数えて30番目付近にあります。番号は環境によって異なります。行数を50行以上表示させないとが画面に表示されません。初期状態では隠れているのでご注意ください。

WordPressの管理画面にログインする

データベースを修正すれば、これでWordPressの管理画面にログインできるようになります。

この後の作業は、WordPressの管理画面から行うので、WordPressの管理画面にログインします。本番サーバーで使用していたID、パスワードを入力してログインしてください。

管理画面のURL

http://localhost/wp-admin/

URLが正しいのにページが表示されない場合

リンクのURLが正しいのにページが表示されない場合は、「パーマリンク設定」を何も変更しないままで設定を更新してみてください。そうすると、パーマリンクの設定が最新の状態に更新されるので、リンクが正しく表示される場合があります。

画像のパスやリンクを一括置換する

画像ファイルやリンク先のURLをドメイン名から直接記述している場合は、データベースに登録されている情報を一括置換しましょう。一括置換する際は、下記のプラグインが役に立ちます。

もし、既に画像やリンクが正常に表示されている場合は、この内容は関係ないので、読み飛ばしてください。

お勧めプラグイン

Velvet Blues Update URLs WordPress移転時のデータベース内にあるURLの変更ができるプラグインです。データベース内にある画像やリンクのURLを1クリックで一括置換できます。
Search Regex データベースの中身を検索&一括置換できるWordPressプラグインです。手動で置換や検索を行いたい場合は、このプラグインをお勧めします。

不要なプラグインなどを停止&削除する

テスト環境では、不要なプラグイン・広告コード・アクセス解析コードなどは停止または削除しましょう。

例えば、Google AdSense、Google Analyticsなどは、直ぐに停止しましょう。本番サーバーの集計結果に影響が出る恐れがあります。

テスト環境で停止すべきもの

  1. Google AdSense(PPC広告)
  2. Google Analytics(アクセス解析)
  3. ソーシャルメディアのアカウントに更新情報を自動投稿するプラグイン
  4. XMLサイトマップを自動生成&自動送信するプラグイン
  5. バックアップ処理を行うプラグイン

動作確認

全ての作業が完了したら、最後にWebサイトの動作確認を行いましょう。

テストサーバーで確認すること

  1. リンク先の記事が正しく表示されるか。
  2. 記事の画像が正しく表示されているか。
  3. プラグインやテーマの機能が正常に動作しているか。

セキュリティの設定

もし、余裕があれば、MAMPのセキュリティ対策も行っておきましょう。主にWebサーバーに対しての外部からのアクセス制限です。

それに加え、Mac OSXに標準搭載されているファイアウォール機能も有効化しておきましょう。

セキュリティ対策

  1. Apacheの設定ファイル(httpd.conf)に外部からのアクセス制限を追加
  2. Mac OSXのファイアウォール機能の有効化
    (システム環境設定>セキュリティとプライバシー>ファイアウォール)

記事が長くなってしまったので、セキュリティ対策の内容の解説は省略しますが、検索エンジンで「MAMP セキュリティ」などのキーワードで検索すれば、該当記事が幾つも見つかります。念のためそれらの対策も行っておきましょう。

まとめ

MAMPを利用したテスト環境の構築手順の解説は以上です。非常に記事の内容が長くなってしまいました(汗)

MAMPは、ローカルのMac OSX上に手軽にWebのテスト環境を構築できるアプリケーションです。Apache、Nginx、MySQL、PHP、phpMyAdminが利用できます。Webサーバー上でPHPとMySQLが利用できるので、WordPressをインストールして利用することもできます。

WordPressでWebサイトを運営する上で、テスト環境は可能であれば用意した方が良いです。自分のマシン上でいろいろと実験的に試せるので役に立ちますよ。Macユーザーであれば、あなたもMAMPを活用しましょう。ちなみに、試してませんが、MAMPはWindows版もあるようです。

バージョン Mac OS 10.10.1 MAMP 3.0.7.3

スポンサーリンク