AddQuicktag

AddQuicktagは、頻繁に使用するHTMLコードの雛形を登録しておき、記事編集エディタから呼び出してHTMLコードを使い回せるWordPressプラグインです。

このプラグインを上手く活用すると、何度も同じHTMLコードを入力する作業を省略でき、記事作成の作業を効率化できます。

頻繁に利用するHTMLコードは、このプラグインに登録して記事作成を効率化しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • 頻繁に利用するHTMLコードの雛形を予め登録しておき、記事編集エディタから呼び出して使える。記事作成を効率化できる。
  • 投稿・固定ページ・カスタム投稿タイプで利用できる。
  • テキストエディタ・ビジュアルエディタの両方で利用できる。
  • プラグインの設定データをエクスポート・インポートできる。
  • 管理画面が日本語化されているのでわかりやすい。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「AddQuicktag」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

テキストエディタでの使用例

テキストエディタ(HTMLモード)では、プラグインの管理画面でHTMLコードを登録すると、記事編集エディタにボタンが表示されます。
ボタンをクリックすると、エディタにHTMLコードが挿入されます。

テキストエディタ

ビジュアルエディタでの使用例

ビジュアルエディタでは、プラグインの管理画面でHTMLコードを登録すると、記事編集エディタにプルダウンメニューが表示されます。
プルダウンメニューを選択すると、エディタにHTMLコードが挿入されます。

ビジュアルエディタ

プラグインの設定

このプラグインは管理画面が日本語化されています。

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > AddQuicktag

プラグインの管理画面

使い方は簡単です。まずは、プラグインの管理画面にHTMLコードを登録します。

頻繁に利用するHTMLコードの登録

頻繁に利用するHTMLコードをここに登録しておき、記事を書く際にエディタから呼び出して利用します。HTMLコードは何個でも登録できます。

HTMLコードは「開始タグ」と「終了タグ」に分けて登録できます。
この機能を利用すると、選択した対象を登録したHTMLコードで囲むことができます。

AddQuicktag

ボタンの非表示の設定

エディタに初期状態から表示されるボタンを非表示にすることもできます。
チェックを入れて保存すると対象のボタンが非表示になります。

ボタンの非表示の設定

エクスポート・インポート

プラグインに登録した設定データは、エクスポート・インポートすることができます。
外部の環境にデータを移行しやすいので便利です。

エクスポート・インポート

カスタム投稿タイプを利用する設定

カスタム投稿タイプを利用する場合は、初期状態のままでは利用できません。

下記PHPコードを「functions.php」に追加すると、カスタム投稿タイプでも利用できるようになります。PHPコード内の「カスタム投稿の名前」の部分は、あなたが使用するカスタム投稿の名前に入れ替えて利用して下さい。

そして、AddQuicktagの管理画面にあるチェックボックスにチェックを入れて保存してください。

//カスタム投稿編集画面にAddQuicktagを追加
function addquicktag_set_custom_post_type($post_types){
    $post_types[] = "カスタム投稿の名前";
    return $post_types;
}
add_filter('addquicktag_post_types', 'addquicktag_set_custom_post_type');

まとめ

AddQuicktagは、頻繁に使用するHTMLコードの雛形を登録して、必要に応じて呼び出してHTMLコードを使い回せるWordPressプラグインです。テキストエディタ・ビジュアルエディタの両方で利用できます。

このプラグインを利用すると、何度も同じHTMLコードを入力する作業を省略でき、記事作成の作業を効率化できます。

頻繁に利用するHTMLコードをこのプラグインに登録しておき、記事作成を効率化しましょう。

スポンサーリンク