All in One SEO Pack

All in One SEO Packは、SEO対策の設定を総合的に管理できるWordPressプラグインです。検索エンジンの検索結果に表示される内容を最適化できます。

具体的に何ができるかを簡単に説明すると、記事ごとにタイトルとメタタグを細かく設定できます。SEO対策の設定を一括して管理できるので非常に便利です。

その他の便利な機能としては「XMLサイトマップ生成機能」「ソーシャルメディア用のメタタグ生成機能」「Google Analyticsのアクセス解析コード設定機能」などがあります。

このプラグインは基本機能の部分は日本語化されているのでわかりやすいです。ちなみに、オンラインマニュアルは英語表記です。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • 投稿(Post)、固定ページ(Page)、カスタム投稿タイプ(Custom Post Type)の記事のタイトルやメタタグを記事ごとに細かく設定できる。
  • スニペットプレビュー機能あり。検索エンジンの検索結果画面に表示される内容を模擬的に確認できる。
  • 検索エンジンにインデックスさせたくない記事の設定ができる。(noindexの設定)
  • 検索エンジンのGoogleとBing用のXMLサイトマップを自動生成できる。
  • ソーシャルメディア用のメタタグを自動生成できる。
    Facebook OGP、Twitter Cardsのメタタグを生成できる。
  • schema.org(スキーマ)に対応したタグを出力できる。
    出力した内容は検索エンジンの検索結果に表示される。
  • 重複コンテンツを防ぐ効果がある「Canonical URL」を設定できる。
  • Google Analyticsのアクセス解析コードの設定ができる。
  • Google+のプロフィール(著者情報)の設定ができる。
  • Googleサーチコンソール、Bingウェブマスターツールの認証コードをサイト上に表示して認証できる。
  • 記事に設定したカテゴリーやタグをメタキーワードに利用できる。
  • ヘッダーに追加するコードの設定ができる。
  • サーバー上の設定ファイルを管理画面上から編集できる。(.htaccess、Robots.txt)
  • 悪意のあるボットをブロックする機能がある。
  • SEO対策の設定をエクスポート・インポートできる。
    設定を他の環境に移す際に役立つ。
  • プラグインの機能を更に拡張した有料版のプラグインも用意されている。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「All in One SEO Pack」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

利用上の注意点

SEOに関するよくある勘違い

初心者

このプラグインは検索エンジンの検索結果で上位表示を狙う目的で利用する訳ではありません。検索エンジンに表示される内容を最適化する目的で利用します。

記事のタイトルやメタタグを記事ごとに細かく設定することで、検索エンジンの検索結果に表示される内容を最適化します。

それに加え、検索エンジンにインデックスさせたくない記事に対して、検索エンジン向けに非表示の設定(noindex)もできます。

直ぐにSEO対策の効果は出ません

このプラグインをインストールすれば、直ぐにSEO対策の効果が出る訳ではありません。

SEO対策は長期的にじっくり取り組む必要があります。あなた自身にもSEO対策の知識が必要です。このプラグインはあなたがSEO対策の知識を有している上で利用すると役に立ちます。

もし、SEO対策のことがよくわからない方は、書店でSEO対策の入門書籍を購入して勉強することをお勧めします。

WPテーマにSEO対策の管理機能がある場合

あなたが利用しているWPテーマに独自の「SEO対策の管理機能」が搭載されている場合、タイトルとディスクリプションの書き換えが正常に動作しない場合があります。

その場合は、WPテーマのテンプレートを修正する必要があります。

修正方法に関しては、WPテーマごとに異なります。あなたが利用しているWPテーマの開発元の「オンラインマニュアル」または「よくある質問集」をご確認ください。

HTMLコードを確認しながら設定を進める

このプラグインを利用する際は、実際に生成されるHTMLコードを自分の目で確認しながら設定を進める必要があります。管理画面で設定を行えば、それで作業完了ではありません。

あなたが設定した内容が正しくHTMLコードに出力されているかを自分の目で確認することが重要です。

プラグインの一般設定

このプラグインは管理画面の殆どの部分が日本語化されています。
もし、設定項目の意味がわからなかったら、左側の「?」マークをクリックして下さい。
補足説明が表示されます。

日本語の翻訳が少し不自然なところもありますが、説明を読めば機能について理解することができます。

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > All in One SEO

初期状態は全ての機能が有効化されていません。
「機能管理」で機能を有効化するとメニューが表示されます。

All in One SEO Pack

一般設定

サイト全体に関わる部分の設定になります。

重要な箇所

Canonical URL 重複コンテンツと判定されるのを防ぐ効果があります。
重要なので必ずチェックを入れて運用しましょう。
ページネイションを
Canonical URL
にしない
アーカイブや検索結果などの分割表示されるページの「Canonical URL」を1ページ目のURLに統一します。
重複コンテンツと判定されるのを防ぐ効果があります。
チェックを入れることを推奨します。
Schema.org
マークアップを使用
schema.org(スキーマ)の構造化データのコード出力します。

設定画面

一般設定

ホームページ設定

ホームページ(トップページ)のタイトル(表題)、ディスクリプション(説明文)の設定ができます。ここに設定した内容がトップページの文言と置き換えられます。

ホームページ設定

タイトル設定

記事のタイトル(表題)の書き換えを行うことができます。
記事のタイトルの雛形を変更したい場合に利用します。
そのままの設定でも運用できます。初めての方は、無理に変更する必要はありません。

タイトル設定

カスタム投稿タイプ設定

カスタム投稿タイプを利用している場合、SEO対策の設定をカスタム投稿タイプでも利用できます。カスタム投稿タイプを利用していない場合は、設定変更の必要はありません。

カスタム投稿タイプとは?

カスタム投稿タイプ(Custom Post Type)とは、「投稿」と「固定ページ」以外にカスタムした独自の投稿タイプを定義して利用するWordPressの機能のことです。

設定画面

カスタム投稿タイプ設定

表示設定

記事一覧ページに「SEOタイトル」「SEOディスクリプション」などの情報を表示できます。

投稿と固定ページは初期状態からその情報が表示されますが、カスタム投稿タイプにも表示させることができます。

表示設定

ウェブマスター認証

Googleサーチコンソール、Bingウェブマスターツールの認証を行う際に利用する機能です。

認証を行う際は「認証コード」のみを登録します。そうすると、HTMLのヘッド要素に認証用のメタタグが出力されて認証を行うことができます。

注意点としては、この機能を利用する際は、キャッシュ機能のプラグインを一時的に停止した上で利用して下さい。古いキャッシュが影響して正常に認証ができない場合があります。

ウェブマスター認証

Google設定

「Google+」と「Google Analytics」の設定ができます。
「Google Analytics」は、IDを指定するだけでブログにアクセス解析コードを挿入することができます。

重要な箇所

Google+ 「Google+」を利用している場合のみ設定を行います。
「Google+」のプロフィール(著者情報)の機能を利用する際は、個人アカウントのURLを設定します。
Google Analytics アクセス解析ツール「Google Analytics」のID番号を登録するだけで、アクセス解析コードをHTMLのヘッダーに出力できます。便利な機能なので活用しましょう。

設定画面

Google設定

noindex設定

検索エンジンにインデックスさせたくない対象に「noindex」のメタタグを追加できます。

SEO対策において、「noindex」の設定の役割は非常に重要です。

インデックスとは?

検索エンジンにおいてのインデックスとは、検索エンジンの検索結果に反映させるかどうかのことを表しています。検索エンジンにインデックスさせない設定が「noindex」になります。

「noindex」を設定する理由

投稿・固定ページの記事を検索エンジンでの露出を増やし、上位表示しやすくするために、カテゴリー・タグなどの固有の情報が少ないページは「noindex」に設定しておくことを推奨します。

そうすることで、投稿や固定ページの記事の露出が増え、記事の直帰率が下がり、結果的に検索エンジンから良い評価を受けやすくなります。

それに加え、同じような情報が多数存在して「重複コンテンツ」と判断されそうなページは「noindex」に設定しておくことを推奨します。

具体例

例えば、あなたが検索エンジンで、疑問・不安を解決するために解決方法を探していると仮定した場合、ブログのカテゴリー・タグのページが検索結果に表示されるより、記事詳細ページが最初に表示される方が、クリックして記事本文を読む確率が高くなります。

「カテゴリー、タグ、日付別アーカイブ、投稿者アーカイブ、検索結果、404ページ」のページの本来の目的は、記事を整理して、利用者が探している情報を見つけやすくする目的で用意されています。検索エンジンからの流入で最初に表示されるべきページではありません。

設定画面

noindex設定

詳細設定

詳細設定の画面です。設定項目が沢山ありますが、利用しない機能は設定を変更する必要はありません。重要な設定項目に絞って説明します。

重要な箇所

ディスクリプションを自動生成 ディスクリプション(説明文)のメタタグを生成する際に、記事本文または抜粋からテキストを自動的に取得します。
チェックを入れることを推奨します。
ページ区切り付きページの説明を削除 アーカイブや検索結果のページなど、分割表示される2ページ目以降からディスクリプションのメタタグを削除します。
チェックを入れることを推奨します。

設定画面

詳細設定

キーワード設定

記事に設定したカテゴリー・タグのデータを基にメタキーワード(meta keywords)のメタタグを自動生成できます。

ただ、現在はメタキーワードはGoogleの検索エンジンには全く効果がありません。
効果がないものをHTMLに記述していても意味がありません。
記述を省略しても問題ありません。「無効」を推奨します。

キーワード設定

XMLサイトマップの設定

このプラグインには検索エンジン用のXMLサイトマップを自動生成する機能があります。

この機能は初期状態は無効化されています。もし、XMLサイトマップを生成するプラグインをまだ利用していなければ、この機能を活用しましょう。

XMLサイトマップの機能を有効化する

「機能管理」からXMLサイトマップの機能を有効化すると、XMLサイトマップのメニューが追加されます。

XMLサイトマップの設定

XMLサイトマップに出力する内容を設定できます。必要に応じて設定を調整して下さい。

設定を変更後、画面上部にある「サイトマップを表示」をクリックすると、実際に生成されたXMLサイトマップを確認できます。

XMLサイトマップの設定

補足説明

サイトマップの
ステータス
作成したサイトマップを実際に確認することができます。
XMLサイトマップ XMLサイトマップに出力する内容を設定できます。
必要に応じて設定を調整して下さい。
追加ページ WordPressで管理されていないHTMLページなどがある場合、XMLサイトマップに追加できます。
特に何もなければ設定はそのままで問題ありません。
除外項目 XMLサイトマップから除外したい記事・カテゴリーがあれば、個別に除外できます。
特に何もなければ設定はそのままで問題ありません。
優先順位 XMLサイトマップに設定する優先順位を手動で変更できます。
特に何もなければ設定はそのままで問題ありません。
頻度 XMLサイトマップに設定する頻度を手動で変更できます。
特に何もなければ設定はそのままで問題ありません。

Googleサーチコンソール

作成したXMLサイトマップのURLをGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)に登録すると、検索エンジンのクローラー(自動巡回プログラム)の活動状況を確認できます。

SEO対策において、Googleサーチコンソールの役割は非常に重要です。ブログを運営する場合は、必ず登録して運用しましょう。

公式サイト

Googleサーチコンソール

ソーシャルメディアの設定

このプラグインには、ソーシャルメディア用のメタタグを自動生成する機能があります。Facebook OGP、Twitter Cardsのメタタグを生成できます。

SNSのアカウントを運用している場合は、この機能を活用してソーシャルメディアでの拡散に役立たせましょう。

ソーシャルメディアの機能を有効化する

「機能管理」からソーシャルメディアの機能を有効化すると、ソーシャルメディアのメニューが追加されます。

ソーシャルメディアの設定

この機能を利用すると、Facebook・Twitterなどのソーシャルメディア向けのメタタグを出力できます。ソーシャルメディアの設定は、可能であれば設定を行いましょう。

「Facebook OGP」「Twitter Cards」に対応することで、あなたが書いた記事がソーシャルメディアで拡散されやすくなる効果があります。

ソーシャルメディアの設定内容は運用するソーシャルメディアによって異なってきます。
ヘルプを見ながら設定を調整しましょう。下記画像は設定例です。

ソーシャルメディア

生成できるソーシャルメディア用のメタタグ

  • Facebook OGP(Open Graph Protocol)
  • Twitter Cards
  • schema.org ソーシャル・プロフィール・リンク
生成されるメタタグ見本
<meta property="og:title" content="記事のタイトルが入ります" />
<meta property="og:type" content="article" />
<meta property="og:url" content="http://xxxxxx.com/blog/xxxxxx/" />
<meta property="og:image" content="http://xxxxxx.com/wp-content/uploads/2016/12/00000.jpg" />
<meta property="og:site_name" content="サイト名称" />
<meta property="fb:admins" content="123456789012345" />
<meta property="fb:app_id" content="1234567890123456" />
<meta property="og:description" content="記事のディスクリプションが入ります" />
<meta property="article:published_time" content="2015-12-13T18:50:44Z" />
<meta property="article:modified_time" content="2016-10-27T23:12:26Z" />
<meta name="twitter:card" content="summary" />
<meta name="twitter:site" content="@xxxxxx" />
<meta name="twitter:domain" content="xxxxxx.com" />
<meta name="twitter:title" content="記事のタイトルが入ります" />
<meta name="twitter:description" content="記事のディスクリプションが入ります" />
<meta name="twitter:image" content="http://xxxxxx.com/wp-content/uploads/2016/12/00000.jpg" />
<meta itemprop="image" content="http://xxxxxx.com/wp-content/uploads/2016/12/00000.jpg" />

生成される schema.org 見本

指定したWebサイトとSNSのアカウントが一緒に運営されていることを宣言しています。

<script type="application/ld+json">
{ "@context" : "http://schema.org",
"@type" : "Person",
"name" : "サイト名称",
"url" : "http://xxxxxx.com",
"sameAs" : ["https://www.facebook.com/xxxxxx","https://twitter.com/xxxxxx","https://plus.google.com/+xxxxxx"] 
}
</script>

Facebook Developersへの登録が必要

下記のID番号を取得するには、Facebook Developers(開発者向け)への登録が必要になります。個人のFacebookアカウント及びFacebookページのアカウントが必要になります。

  • Facebook 管理者 ID
  • Facebook App ID

Facebook Developers

Twitterカードの設定及び申請が必要

Twitterカードの機能を利用するには、初期設定及び申請が必要になります。
申請にはTwitterアカウントが必要になります

Twitter Developer Documentation

Twitterカード(開発者向け)

初めての方へ

ソーシャルメディアのアカウント及びアプリ登録の設定は、初めて登録する場合は結構面倒です。この記事では設定方法の説明は省略します。

初めての方は、検索エンジンで「Facebook Developers アプリ登録」「Twitterカード 登録」などで検索すると、解説記事が見つかるのでそれを参照して下さい。

記事編集画面のSEO設定

プラグインを有効化すると、記事編集画面にもSEOの設定項目が表示されます。

主に利用するのは、記事の「タイトル」「ディスクリプション」「noindex」の設定です。
記事の「タイトル」「ディスクリプション」は検索エンジンの検索結果に表示される内容なので非常に重要です。

画面に表示される文字数の目安を参考にしながら、要約となる文章を記事ごとに設定しましょう。

記事編集画面の設定

All in One SEO Pack

参考

初心者向けSEO対策の実践ガイド

WordPressの初心者向けに「SEO対策の実践ガイド」をまとめました。
WordPressを利用してブログを構築する際に参考にしてください。

WordPressのSEO対策の実践ガイド(初心者向け)

まとめ

All in One SEO Packは、SEO対策の設定を総合的に管理できるWordPressプラグインです。記事ごとにタイトルやメタタグを細かく設定することで、検索エンジンの検索結果に表示される内容を最適化できます。

このプラグインはWordPressでブログを運用する上で、定番となっているプラグインです。利用者も非常に多いです。もし、まだ利用していなければ、あなたも活用しましょう。