WP External Linksは、サイト内の外部リンクを自動で別ウィンドウ(新規ウィンドウ)で開くようにできるプラグインです。

その機能に加え、rel=”nofollow”を自動で追加したり、リンクテキストの横にCSSでアイコンを追加できます。

このプラグインを利用すると、記事本文の中で外部サイトにリンクを張る際に、個別にリンクの設定を記述する手間を簡略化でき、記事作成の効率化につながります。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. サイト内の外部リンクを自動で別ウィンドウ(新規ウィンドウ)で開くように設定できる。
  2. リンクに rel=”nofollow” を自動で追加できる。
  3. リンクテキストの横にCSSでアイコンを追加できる。
  4. プラグインの処理は、記事本文、コメント欄、テキストウィジェットに適用できる。
  5. プラグインの設定は簡単。一度設定すると処理が継続されます。手間はかからない。
  6. このプラグインを活用すると、記事作成の効率化につながる。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP External Links」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。メニューの表示位置は自由に変更できます。

WordPress管理画面 > External Links

管理画面の設定

プラグインの管理画面で外部リンクに関する設定ができます。

WP External Links 管理画面

アイコンの見本

リンクテキストの右側に下記のアイコンを表示させることができます。

アイコンの見本

まとめ

WP External Linksは、サイト内の外部リンクを自動で別ウィンドウ(新規ウィンドウ)で開くように設定できるプラグインです。

このプラグインを利用すると、記事本文の中で外部サイトにリンクを張る際に、個別にリンクの設定を記述する手間を簡略化でき、記事作成の効率化につながります。このプラグインを利用して記事作成を効率化しましょう。

スポンサーリンク