Password Protected

Password Protectedは、サイト全体にパスワード認証による閲覧制限を設定できるWordPressプラグインです。

WordPressで構築したWebサイト全体に簡易的なパスワード認証による閲覧制限をかけることができます。パスワードを入力して認証したユーザーだけがWebサイトを閲覧できるようになります。

このプラグインは制作途中のWebサイトやテストサーバーなど、Webサイトを自分以外に見せたくない場合に利用します。手動でBASIC認証を設定する手間も省けます。

WordPressでWebサイトを制作する際に役立つプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • WordPressで構築したWebサイト全体にパスワード認証による閲覧制限を設定できる。
  • パスワードはプラグインの管理画面で登録・変更できる。
  • WordPressの管理者ユーザーやログインユーザーに対してのアクセス制限を解除できる。(パスワード入力を求めない)
  • RSSフィードに対してのアクセス制限を解除できる。
  • プラグインの管理画面が日本語化されている。

パスワード入力画面の例

Webサイトにアクセスすると、パスワード入力欄が表示されます。
プラグインの管理画面に登録した閲覧用パスワードを入力したユーザーのみがWebサイトを閲覧できるようになります。

Password Protected

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Password Protected」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの設定

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > パスワード保護

管理画面の設定

プラグインの管理画面は日本語化されています。説明を読んで設定を行って下さい。

プラグインの管理画面に閲覧用のパスワードを登録します。WordPressの管理者ユーザーやログインユーザーに対しては、パスワード入力を求めない設定にすることもできます。

Password Protected

キャッシュの除外設定

キャッシュ機能のあるプラグインまたはレンタルサーバーを利用している場合は、Cookieの除外設定が必要です。下記のCookieをキャッシュしないように設定して下さい。

bid_1_password_protected_auth

まとめ

Password Protectedは、サイト全体にパスワード認証による閲覧制限を設定できるWordPressプラグインです。

このプラグインは制作途中のWebサイトやテストサーバーなど、Webサイトを自分以外に見せたくない場合に利用します。手動でBASIC認証を設定する手間も省けます。

WordPressでWebサイトを制作する際に役立つプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク