QR Redirector

QR Redirectorは、WordPressでQRコードを簡単に生成できるプラグインです。QRコードをスマートフォン端末などで読み取ってスマートフォン向けサイトに誘導できます。

読み取ったQRコードのURLから指定したURLにリダイレクトできます。リダイレクトを利用しているので、QRコードを読み取って誘導した回数も計測可能です。

スマートフォン向けサイトの場合は、スマートフォン端末でURLを直接入力するのが面倒なので、QRコードを活用すると便利です。チラシ・パンフレット・名刺・WebサイトなどにQRコードを掲載して、ユーザーをスマートフォン向けサイトへ誘導しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. QRコードを簡単に生成できる。
  2. QRコードをスマートフォン端末などで読み取ってスマートフォン向けサイトに誘導できる。
  3. リダイレクトを利用しているので、QRコードを読み取って誘導した回数も計測できる。
  4. 専用のショートコードを利用して、記事やサイドバーなどに生成したQRコードを掲載することができる。
  5. チラシ・パンフレット・名刺・Webサイトなどから、ユーザーをスマートフォン向けサイトへ誘導するのに役立つ。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「QR Redirector」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > QR Redirector

QR Redirector

QRコードの作成

メニューにある「Add QR Redirect」をクリックすると、QRコードとリダイレクトの生成画面が開きます。この画面でパーマリンク設定(サイト上のURL)とリダイレクト先URLを登録します。

設定が完了すると、生成したQRコードのショートコードが発行されます。このショートコードを記事またはサイドバーのテキストウィジェットなどに貼り付けて利用します。

設定例

QR Redirector

生成したQRコードの例

ネタワン

テキストウィジェットでショートコードを実行する方法

functions.phpにコードを追加する方法

functions.phpに下記コードを追加すると、テキストウィジェットの中でショートコードが利用可能になります。サイドバーやフッターなどにあるテキストウィジェットでショートコードを実行したい場合に下記コードを利用しましょう。

add_filter('widget_text', 'do_shortcode');

WordPressプラグインを利用する方法

functions.phpをカスタマイズしたくない場合は、同じことを実現できるWordPressプラグインを活用しましょう。

「WP Total Hacks」のプラグイン内にある「その他>テキストウィジェットでショートコードを使用可能にする」を有効化するとテキストウィジェットでショートコードを実行可能にできます。

参考記事

WP Total Hacks – WordPressの表示や設定を20箇所以上カスタマイズできるプラグイン

まとめ

QR Redirectorは、WordPressでQRコードを簡単に生成できるプラグインです。QRコードをスマートフォン端末などで読み取ってスマートフォン向けサイトに誘導できます。

スマートフォン向けサイトの場合は、スマートフォン端末でURLを直接入力するのが面倒なので、QRコードを活用すると便利です。チラシ・パンフレット・名刺・WebサイトなどにQRコードを掲載して、ユーザーをスマートフォン向けサイトへ誘導しましょう。

スポンサーリンク