WP Fastest Cacheは、キャッシュ機能でWordPressのページ表示を高速化できるプラグインです。上手く活用するとブログの表示速度が劇的に速くなります。

非常に高機能なプラグインですが、管理画面はシンプルで使いやすく、初心者から上級者まで利用できます。言語設定を変更すれば、プラグインの管理画面を日本語表記に変更できます。

このプラグインは有料版も用意されており、アクセス数の多いブログでの運用も可能です。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • キャッシュ機能でWordPressのページ表示を高速化できる。
  • 言語設定を変更すれば、プラグインの管理画面を日本語表記に変更できる。
  • ページ表示の高速化に役立つ様々な機能が搭載されている。
  • 更に高機能な有料版のプラグインも用意されている。

主な機能

  1. キャッシュ機能を利用してページ表示を高速化
  2. キャッシュの有効期限管理機能
  3. キャッシュの個別削除機能
  4. ログインユーザーに対してのキャッシュの無効化
  5. モバイルユーザーに対してのキャッシュの無効化
  6. ファイル圧縮&最適化機能(HTML/CSS/JavaScript)
  7. サーバーから送信されるデータのGzip圧縮機能
  8. ブラウザ・キャッシュ機能
  9. 画像の最適化機能
  10. キャッシュの除外設定機能
  11. CDNとの連携(MaxCDN、Photon、その他CDN)

注意点

WordPressにキャッシュ機能があるプラグインをインストールする場合は、細心の注意を払う必要があります。

  • プラグインを本番サーバーにいきなりインストールしないでください。必ず、別に設置したテスト環境で正常に動作することを確認した上で、本番サーバーに導入する必要があります。
  • このプラグインはキャッシュ機能があるプラグインが稼働しているレンタルサーバーでは利用しないでください。また、格安レンタルサーバーや無料レンタルサーバーでも利用しないで下さい。処理がぶつかってエラーが発生する可能性があります。「エックスサーバー」などの通常の共用レンタルサーバーで利用して下さい。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP Fastest Cache」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

このプラグインは言語設定を日本語に切り替えれば、管理画面を日本語表記に変更できます。

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > WP Fastest Cache

日本語への切り替え

言語設定を変更すれば、プラグインの管理画面を日本語表記に変更できます。

日本語への切り替え

プラグインの設定

プラグインの管理画面はシンプルな構成になっています。
「設定」の画面で機能を有効化するだけで運用できます。

ちなみに、選択できない部分は有料版で提供されている機能になります。

プラグインの設定

キャッシュの削除

プラグインが生成したキャッシュのデータは手動でも削除できます。

プラグインの画面

左側のボタンをクリックすると古いキャッシュのデータを手動で削除できます。

WPプラグインの画面

アドミンバー

画面上部にあるアドミンバーを選択すると古いキャッシュのデータを手動で削除できます。

アドミンバー

キャッシュの有効期限

キャッシュの有効期限を設定できます。有効期限は必要に応じて調整してください。
古いキャッシュのデータは定期的に削除することをお勧めします。

キャッシュの有効期限

キャッシュを1日1回削除する設定例

キャッシュは定期的に削除することをお勧めします。ブログを運営していると、ごく稀にエラーが発生する場合があります。そのエラーまでキャッシュしてしまうと、ブログが正しく表示されない場合があります。定期的にキャッシュを削除することで、そういった問題が発生しても自動的に問題を解消できます。

キャッシュを1日1回削除する設定例

除外する

キャッシュの除外設定ができます。初期設定のままでも運用できます。

初期状態からWordPressの管理画面やログインページが除外に指定されています。

除外する

CDN

CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)の機能は、アクセス数が桁違いに多い大規模サイトを運営している方向けに用意されている機能です。

あなたが運営するブログのアクセス数がそれ程多くなければ、CDNの機能を無理に利用する必要はありません。

CDN

ページ表示速度の比較

参考までに、ブログの表示速度に関連するスコアを計測できる「GTmetrix」を利用して、「WP Fastest Cache」のプラグインを利用する場合と利用しない場合でのスコアを比べてみました。同じページを利用して比較しています。

ブログの表示速度は、計測する時間帯やサイト内容によって計測結果が異なってきます。あくまでも参考情報としてお考え下さい。

多少の誤差はありますが、殆どのブログでページの表示速度のパフォーマンスが良くなります。キャッシュ機能のプラグインの利用を検討している方は、実際にあなたのサイトでも試してみましょう。

計測条件

計測ツール GTmetrix
レンタルサーバー エックスサーバー X10プラン
キャッシュ機能 WP Fastest Cache(無料版)
備考 広告を非表示にした状態で計測

キャッシュ機能を有効化している場合

キャッシュ機能を有効化した状態

キャッシュ機能を無効化している場合

キャッシュ機能を無効化した状態

まとめ

WP Fastest Cacheは、キャッシュ機能でWordPressのページ表示を高速化できるプラグインです。

言語設定を変更すれば、プラグインの管理画面を日本語表記に変更できます。プラグインの管理画面はシンプルで使いやすく、初心者から上級者まで利用できます。キャッシュ機能を簡単に利用できるのでお勧めのプラグインです。

尚、このプラグインは有料版も用意されており、更に高度な機能も利用できます。アクセス数の多い本格的なブログでの運用も可能です。

スポンサーリンク