Code Snippets

Code Snippetsは、WordPressテーマの関数を定義する「functions.php」のPHPコードを管理できるプラグインです。

通常の場合は、「functions.php」にPHPコードを直接記述しますが、それだとWordPressテーマをアップデートした際に「functions.php」を上書きしてしまったり、記述するコードが増えてコードがゴチャゴチャになる可能性があります。

このプラグインを利用すると、上記の問題を解消し、尚且つ、「functions.php」に記述するコードを整理できます。自分用のメモ欄もあるので、何の役割のコードかを把握しやすくなります。そして、最初から記述してあったコードと自分が新たに追加したコードを別々に分けて管理することができます。

WordPressの設定をカスタマイズする際に、非常に役立つプラグインなので活用しましょう。

こんな人に最適です

下記内容に一つでも該当したら、このプラグインを利用すると効率化できるかもしれません。

  1. 利用しているWordPressテーマが定期的にアップデートする。
    その度に、子テーマの「functions.php」を手動で編集している。
  2. 「functions.php」に最初から記述されているPHPコードと
    自分が追加したPHPコードを別々に分けて管理したい。
  3. 「functions.php」に記述するコードがゴチャゴチャしている。
    わかりやすく整理したい。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • WordPressテーマの関数を定義する「functions.php」のPHPコードを整理して管理できる。
  • 「functions.php」に最初から記述されてあるPHPコードと、自分が新たに追加したPHPコードを別々に分けて管理できる。(新しく追加するコードはプラグイン側で管理する)
  • PHPコードを登録する際に、自分用のメモも書くことができます。
    後で見る際に、何の役割のコードかを把握しやすくなる。
  • WordPressテーマをアップデートした際に「functions.php」が上書きされてしてしまう問題が無くなる。
  • コードの有効化・無効化を切り替えることができる。
  • コードのインポート・エクスポート機能がある。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Code Snippets」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > Snippets

Snippets

Snippets(スニペット)

PHPコードを登録すると、登録した内容が一覧表示されます。
背景が薄い水色で表示される部分が有効化された状態です。
背景が白色で表示されている部分は無効化された状態になります。

Snippets

Add New Snippet(スニペット新規追加)

PHPコードとメモを登録できます。PHPコードを登録したら保存して有効化しましょう。
これで「functions.php」に手動でPHPコードを追加したのと同じ状態になります。

Add New Snippet

まとめ

Code Snippetsは、WordPressテーマの関数を定義する「functions.php」のPHPコードを管理できるプラグインです。

このプラグインを利用すると「functions.php」に記述するコードを整理できます。自分用のメモ欄もあるので、何の役割のコードかを把握しやすくなります。そして、最初から記述してあったコードと自分が新たに追加したコードを別々に分けて管理することができます。

WordPressの設定をカスタマイズする際に、非常に役立つプラグインなので活用しましょう。