Classic Editor

Classic Editorは、WordPressの記事編集画面のエディタを以前のエディタに戻せるプラグインです。

WordPress5.0から搭載されている新しいエディタである「ブロックエディタ」を無効化して、以前の「ビジュアルエディタ」「テキストエディタ」を利用でます。

「ブロックエディタ」は将来を見据えて開発されていますが、まだ発展途上の部分もあり、人によっては使いにくいと感じる人もいます。

もし、あなたが「ブロックエディタ」を使いにくいと感じる場合は、このプラグインを活用して、以前のエディタを利用することができます。

ちなみに、このプラグインはWordPressの開発元が提供している公式プラグインです。少なくとも2022年まで、またはそれ以降も必要な限り、完全にサポート・保守される予定なので、安心して利用できます。

はじめに

プラグインの主な機能

  • WP 5.0 以降に搭載されている「ブロックエディタ」を無効化して、
    以前の「ビジュアルエディタ&テキストエディタ」を利用可能にできる。
  • ユーザーごとに初期設定のエディタを指定できる。
  • エディタの種類を切り替え可能にする。
  • 記事編集画面・記事一覧画面からエディタを切り替え可能にする。

WP 5.0 以前の記事編集エディタ

ビジュアルエディタ

ブロックエディタについて

WordPress 5.0「Gutenberg(グーテンベルク)」以降のバージョンでは、記事編集画面のエディタに大きな仕様変更が加えられています。

全く新しいエディタである「ブロックエディタ」が搭載されました。新しい「ブロックエディタ」では、今までにない新機能が多く搭載されています。

しかし、記事編集画面の操作方法が大きく変わっており、利用者が操作方法で戸惑う場合も多いようです。

WPテーマによっては非対応の場合あり

WordPress 5.0 以降に搭載されている、新しい「ブロックエディタ」は、公開されてから年月が経っていないこともあり、WPテーマによっては非対応(非推奨)の場合があります。

旧エディタは引き続き利用できます

以前の旧エディタ(ビジュアルエディタ&テキストエディタ)は、この記事で紹介する「Classic Editor」のプラグインを有効化することで、今まで通りに利用できます。

もし、あなたが「ブロックエディタ」を使いにくいと感じる場合は、このプラグインを活用して、以前のエディタを活用しましょう。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。
もしくは「wordpress.org」からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Classic Editor」で検索
  2. 「wordpress.org」からダウンロードする

プラグインの使い方

このプラグインはインストールして有効化するだけで利用できます。
設定項目もあります。必要に応じて設定を変更して下さい。

管理画面の場所

このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > 投稿設定
WordPress管理画面 > ユーザー > あなたのプロフィール

投稿設定

初期設定のエディタの指定、ユーザーにエディタの切り替えを許可するかの設定ができます。

投稿設定

プロフィール

ユーザーごとに初期設定のエディタを指定できます。

プロフィール

記事一覧

エディタの切り替えを許可した場合、記事一覧画面にエディタの切り替えリンクが表示されます。

記事一覧

記事編集画面

エディタの切り替えを許可した場合、ブロックエディタの右側にある切り替えボタンを押すことで、旧エディタに切り替えることができます。

記事編集画面

まとめ

Classic Editorは、WordPressの記事編集画面のエディタを以前のエディタに戻せるプラグインです。

WP5.0から搭載されている新しいエディタである「ブロックエディタ」を無効化して、以前の「ビジュアルエディタ」および「テキストエディタ」を利用でます。

もし、あなたが「ブロックエディタ」を使いにくいと感じる場合は、無理に使う必要はありません。このプラグインを活用しましょう。

2020年の現状では、このプラグインを利用して旧エディタを利用している方が多いようです。