読まれやすい記事タイトル

読まれやすい魅力的な記事タイトルの付け方を見本を交えて説明します。ブログの記事タイトルを工夫することで、検索エンジンからの集客を増やすのに役立ちます。

ブログの記事タイトルは、ブログの集客に大きく影響する要因になります。ブログの記事タイトルが客観的に分かりにくいと、ブログのアクセス数が伸びません。

もし、あなたが運営するブログのアクセス数が伸び悩んでいて、ブログの記事を読んでくれる人が少ない場合は、この記事の内容が役に立つかもしれません。

この記事のアイデアをあなたのブログの集客にご活用ください。

はじめに

記事タイトルの重要性

ブログ

ブログの「記事タイトル」は、ブログの集客に大きな影響を与える重要な要素になります。

「記事タイトル」を決める際は、利用者の反応が良くなるように、よく考えて慎重に「記事タイトル」を決める必要があります。絶対に手を抜いてはいけません。

検索エンジンの利用者の場合、検索エンジンからあなたのブログに訪れる際に、検索画面の一覧に表示される「記事タイトル」と「説明文」の文言を読んで、記事本文を読むかどうかを判断します。

ブログの記事タイトルの重要性を認識せず、記事タイトルを安易に決めてしまうと、あなたはブログの集客で伸び悩むことになります。

これ重要です
ネタワンネタワン

記事を読む人の目線で考えて、記事本文を読み進めたくなるように、
よく考えて慎重に「記事タイトル」を決めましょう。

記事タイトルを工夫する

ブログ

参考までに、ネタワンの管理人が実践している重要だと思うことを下記にまとめました。

1. 自分の役に立つことが一目でわかる

記事タイトルの中で、記事を読むと「自分の役に立つ」情報が得られることを、相手に対して具体的に説明すると効果的です。

記事を読むことが相手にとって有益であることを相手に気付かせることができれば、ブログの記事本文を読み進める可能性が高くなります。

相手に「気づき」を与えることを狙って記事タイトルを考えましょう。

ここで重要になるのが、何事も「相手の視点」で考えることです。

検索エンジンを利用して、疑問・不安を解決する方法を探している人の視点で考えましょう。

検索エンジンを利用して目的の情報を探している人に対して、記事を読むことで相手が得られる「役に立つこと」を説明することで、相手が探している情報と一致すれば、ブログの記事本文を読み進める可能性が高くなります。

例1)有益な情報であることが一目でわかる
スマホでも稼げる!在宅のオススメ副業10事例【月収10万円アップ
× 今話題の在宅副業の仕事を徹底解説【2018年版】
例2)有益な情報であることが一目でわかる
月額3000円から始められる美容脱毛のお店を紹介【夏までに全身脱毛
× 個人的に超オススメな横浜の美容脱毛のお店を徹底レビューします!
例3)有益な情報であることが一目でわかる
1週間でマスターするPhotoshop使い方ガイド【初心者でもわかる
× Photoshop使い方ガイド【逆引き大辞典】

2. 記事タイトルは2つの文章に区切ると良い

記事タイトルは1つの文章にまとめてしまうと、文章が長過ぎて文章が読みづらく、相手に文章の内容が伝わりにくくなります。

記事タイトルの文章を2つの文章に区切ると、文章が良い感じにまとまります。場合によっては、文章を3つに区切っても問題ありません。

あくまでも表現方法の一例です。全てにこのルールを適用する必要はありません。

記事タイトルを2つの文章に分けた例
月額3000円から始められる美容脱毛のお店を紹介夏までに全身脱毛
記事タイトルを3つの文章に分けた例
スマホでも稼げる在宅副業10の仕事月収10万円アップ

3. 適度に煽りを入れる

記事タイトルの文章には、適度に煽り(あおり)を入れることをお勧めします。

煽りとは、相手に行動を起こすように仕向けることです。記事タイトルをクリックしたくなるように、適度に煽りの文章を入れましょう。

普通すぎる内容の記事タイトルでは、相手に記事本文の内容が伝わりにくいので、記事本文が読まれにくいです。

例1)「あなた知らないの?」と少し煽りを入れる
知らなきゃ損! クレジットカードで利用できる優待特典の活用方法
× クレジットカードの優待特典を徹底解説【初心者必見】
例2)「常識ですけど!」と少し煽りを入れる
プロは知っていて当然! Photoshopの切り抜きテクニック
× Photoshopの切り抜きテクニック【初心者向け】
例3)「知らないと恥をかく!」と少し煽りを入れる
今更聞けない! WordPressの構築と初期設定方法
× WordPressの構築と初期設定方法【初心者向け】

4. 想定ターゲットに呼びかける

記事を読んでもらいたい「想定ターゲット」を明確に決めておくことも必要です。

記事タイトルの中に「想定ターゲット」に呼びかける文言を入れておくと効果的です。

呼びかけられた相手は、自分に役立つ情報が含まれている記事かもしれないと思い、記事本文を読み進めるかもしれません。

ターゲットに呼びかける文言の例
  • ◯◯◯でお困りの方へ
  • ◯◯◯が気になる方へ
  • 初心者向け
  • 初めてでも安心
  • 法人向け
  • 個人事業主向け
  • 主婦必見!
  • ママ向け
  • 女子力アップ術
  • 男の悩みを解決

5. 具体的な数字を入れる

記事タイトルに「具体的な数字」を入れることをお勧めします。

記事タイトルに「具体的な数字」を入れると、記事タイトルのバランスが良くなり、情報を受け取る側は、安心して情報を受け入れることができます。

同じ内容を説明する場合でも、数字を入れただけで印象が大きく変わります。
この手法は、書籍や漫画のタイトルでもよく使われています。

人間の心理として、これから読んだり・相手から説明される内容を前もって提示された方が安心して順番に情報を受け入れることができます。

具体的な数字を入れないと「全校集会での校長先生の長話」みたいな感じで、情報の受け取り側は、いつ終わるかわからない長話を聞かされている印象を受けてしまいます。

具体的な数字を入れた例
  • 【保存版】Photoshopの写真加工を劇的に効率化するテクニック10選
  • 満足度で選ぶ! 横浜近郊のスーパー銭湯10選
  • 2018年版】ダイソーで買える女子力アップに役立つ商品10選
  • 【時短術】個人事業主の確定申告を効率化する10の秘訣

6. 初心者でも簡単にできることを強調する

はじめての分野に挑戦する方は、初心者向けの入門記事を探しています。

記事タイトルの中で、初心者でも簡単にできることを強調することで、初心者に対して安心感を与えることができます。

初心者向けのコンテンツを制作している場合は、初心者でも簡単にできることを記事タイトルの中で表現しましょう。

初心者向けコンテンツであることを強調した例
  • 1週間で学ぶPhotoshop使い方ガイド【初心者でもできる
  • 初心者でもできるPhotoshop超入門ガイド【2018年改定版】

7. 目立たせたい部分は括弧で強調する

記事タイトルの中で目立たせたい部分は、括弧(かっこ)を利用して強調することをお勧めします。下記のように表記した方が強調したい部分が目立ちます。

括弧の使用例
  • 【保存版】プロが教えるPhotoshop使い方ガイド
  • プロが教えるPhotoshop使い方ガイド【2018年版】
  • プロが教えるPhotoshop使い方ガイド【初心者でもできる】

8. 直ぐに実践できることを強調する

検索エンジンを利用して、自分の疑問・悩みを解決する方法を探している人は、面倒臭いことは好まない傾向が強いです。

誰でも直ぐに実践できることを強調した方が、記事本文が読まれやすくなります。アイデアの1つとして参考にして下さい。

直ぐに実践できることを強調した例
  • 超高速Photoshop使い方ガイド【初心者でも1週間で学べる
  • 最速Photoshop入門ガイド【初心者でもできる実践テクニック

9. まとめ記事にする

記事タイトルの中で、複数の役に立つ情報をまとめた記事であることを強調する方法もあります。複数の役に立つ情報を1つの記事にまとめると、有益な情報となります。

まとめ記事の例
  • 赤羽・十条で予算1000円で酔える「せんべろ」の飲み屋10選
  • 東京近郊にあるリピーター続出のスーパー銭湯10選
  • ダイソーで買える女子力アップに役立つ商品10選

記事タイトルに必ず必要なこと

ブログ

下記の内容は、ブログの記事タイトルを決める際に、必ず必要になります。

10. 「相手に響く言葉」を探して利用する

ブログの記事タイトルは「相手に響く言葉」を探して、短い簡潔な文章にする必要があります。

記事タイトルを考える際のコツとしては、1の長い文章ではなく、感嘆符・句読点・括弧を活用して、文章を2つに区切ると、文章のバランスが良くなり、記事タイトルが読みやすくなります。

同じ内容の記事タイトルであっても、相手に伝わる文章の読みやすさは全然違ってきます。

相手に響く言葉の例
痛くないは本当だった 脱毛サロン銀座店で実体験したことを赤裸々に公開
× 脱毛サロン銀座店の全身脱毛コースを体験したので成果と感想を公開します
文章を区切るのに役立つ
  • 感嘆符(ビックリマーク)
  • 括弧(かっこ)
  • 句読点(カンマ)

11. SEOキーワードを自然に入れる

ブログの記事タイトルの中には「SEOキーワード」を自然に入れておきましょう。

下記例の場合は、3つのSEOキーワードを自然に入れています。

記事タイトルの中に自然に入れた3つのキーワードは、複数のキーワードを組み合わせて検索されるのを狙っています。

SEOキーワードを自然に入れた例
Photoshop使い方ガイド【超初心者でもわかる】
重要なこと

記事タイトルの中に自然に入れるSEOキーワードは、検索エンジンで実際に検索されているキーワードを利用することをお勧めします。

Google・Yahooの検索エンジンでは、検索画面にキーワードを入力すると、頻繁に検索されているキーワードの候補が表示されます。(サジェスト機能)

このサジェスト機能を活用して、検索されているキーワードの中から最適なキーワードを探しましょう。

Googleのサジェスト機能の例

Googleのサジェスト機能の例

12. 記事タイトルは「34文字以内」に抑える

ブログの記事タイトルは、文字数が多すぎると、検索エンジンの画面に表示される内容が省略されてしまいます。

記事タイトルの文字数は、日本語の全角文字で「34文字以内」を目安にします。

半角英数字は1文字あたり0.5文字換算で文字数を数えます。

重要なこと
  • 記事タイトルは「34文字以内」に抑える。
  • 半角英数字の場合は、1文字あたり0.5文字換算で数える。

絶対に避けるべき記事タイトル

NO

最後に、ブログの「記事タイトル」を考える際に、これだけは絶対に避けるべきことを説明しておきます。

下記のような特徴の「記事タイトル」は絶対に避けましょう。逆効果になるだけです。

  1. 記事タイトルと記事本文の内容が一致しない
  2. 過度な釣りタイトル
  3. 炎上系の記事タイトル

上記のような特徴のある記事は、利用者の反応が悪くなる傾向があります。

アクセス解析レポートの「ページ滞在時間・直帰率」の数値が悪化する可能性が高いです。

検索エンジンを利用して自分の疑問・不安を解決する方法を探している人は、探している情報が見つからなければ、直ぐに検索画面のページに戻ります。その行動の履歴がアクセス解析レポートに記録されます。

アクセス解析レポートの「ページ滞在時間・直帰率」の数値が悪い記事は、検索エンジンから良い評価を受けるはずがありません。

検索エンジンの利用者の反応を確認する

Google

ブログの記事を公開した後は、Googleサーチコンソールを利用して、検索エンジンの利用者の反応を確認しましょう。サーチコンソールでは下記の数値を確認できます。

検索エンジンの検索画面で実際に表示された「クエリ」「表示回数」「クリック数」などを確認できます。「CTR」は実際にクリックされた割合の数値です。

公式サイト

Googleサーチコンソール

これ重要です
ネタワンネタワン

もし、検索エンジンでの表示回数が多いにも関わらず、実際のクリック数が少ない記事があれば、記事タイトルの改善の余地があります。

「CTR」が低い記事を探して、自分なりに改善案を考えてみましょう。

サーチコンソールで確認できる情報
  • クエリ(検索キーワード)
  • クリック数
  • 表示回数
  • CTR(実際にクリックされた割合)
  • 掲載順位

サーチコンソールで利用者の反応を確認できる

Googleサーチコンソール

まとめ

読まれやすい「記事タイトル」の付け方・考え方を見本を交えて説明しました。ブログの記事タイトルを工夫することで、検索エンジンからの集客を増やすのに役立ちます。

ブログの記事タイトルは、ブログの集客に大きく影響する要因になります。ブログの記事タイトルが客観的に分かりにくいと、ブログのアクセス数が伸びません。

もし、あなたが運営するブログのアクセス数が伸び悩んでいて、ブログの記事を読んでくれる人が少ない場合は、この記事の内容が役に立つかもしれません。

この記事のアイデアをあなたのブログの集客にご活用ください。

記事タイトルを工夫する
  • 自分の役に立つことが一目でわかる
  • 記事タイトルは2つの文章に区切ると良い
  • 適度に煽りを入れる
  • 想定ターゲットに呼びかける
  • 具体的な数字を入れる
  • 初心者でも簡単にできることを強調する
  • 目立たせたい部分は括弧で強調する
  • 直ぐに実践できることを強調する
  • まとめ記事にする
記事タイトルに必ず必要なこと
  • 「相手に響く言葉」を探して利用する
  • SEOキーワードを自然に入れる
  • 記事タイトルは「34文字以内」を目安にする

この記事の続き

下記の記事も合わせてお読み下さい。
わかりやすいブログ記事を書くための秘訣を詳しく解説しています。

【ブログ記事の書き方】
わかりやすい記事を書くための10の秘訣