ブログ記事の書き方

ブログ運営の基本である「わかりやすい記事を書くための秘訣」について解説します。

ブログ記事の書き方は、ブログの運営において最も重要な要素になります。ブログの集客にも大きく影響します。

ブログの運営を成功させるためには「人の役に立つ記事」を安定的に書いて、ブログの記事を読む人を少しずつ増やしていくことが近道になります。

「人の役に立つ記事」を積み重ねていけば、ブログのアクセス数が安定しやすい傾向があります。

この記事で紹介したコツをあなたのブログを運営する際にご活用下さい。

ブログ運営の基本

人の役に立つ記事

いいね

ブログ運営の基本は「人の役に立つ記事」を書いていくことです。

人の役に立つ有益な情報が含まれている記事を少しずつ増やしていていくことで、ブログの記事を読んでくれる人が徐々に増えてきます。

人の役に立つ記事を積み重ねていけば、ブログのアクセス数が安定しやすい傾向があります。

そして、記事に掲載した情報に「価値」を感じる人がいれば、記事をSNSで共有・拡散してくれることもあります。

ブログの運営者が自分で宣伝しなくても、ブログの記事を読んだ人が自然に記事を共有・拡散してくれるようになることが理想形です。

理想の流れ

ブログの運営者と読者が「相互利益の関係」になることが理想形です。

ブログ
運営者
  • 人の役に立つ情報をわかりやすく整理する。
  • ブログの記事でその情報を公開する。

▼▼▼

ブログ
読者
  • 記事の内容に価値を感じる。
  • 知人に役に立つ情報を共有したくなる。
  • 記事をSNSで共有・拡散してくれる。

▼▼▼

人気ブログ
理想の姿
  • 自分で宣伝しなくても、ブログ記事がSNSで自然と共有・拡散され、多くの人に記事が露出する。
  • 読者に記事の内容が熟読され、記事が最後まで読まれる。
    (ページ滞在時間が長くなる)
  • ブログ記事が検索エンジンから良い評価を受けて検索順位が上昇する。
  • 「広告収入」または「成果目標の獲得」が増える。

人の役に立つ記事とは?

「人の役に立つ記事」について、もう少し掘り下げて説明したいと思います。

人の役に立つ記事

笑顔

一概に「人に役に立つ記事」と言っても、様々な種類が存在します。

大まかに分類すると、下記のような4つの種類で分類できます。

どんな記事を書くにしても、情報をわかりやすく整理して解説することが必要になります。

人の役に立つ記事の種類
悩み・疑問を解決する記事

初心者の疑問・悩みを解決する方法をわかりやすく解説する。

  • 初心者が悩んでそうなことを解説する
  • よくある疑問・質問の解決方法を解説する
トレンド系の記事

今話題になっている情報をわかりやすく整理して解説する。

  • ニュース速報
  • 時事ネタを解説
  • 話題になっている情報をわかりやすく整理する
ノウハウ系の記事

専門分野の難易度が高いことを初心者向けにわかりやすく解説する。

  • 専門分野の情報を解説する
  • 初心者向けに解説する
  • 導入手順を解説する
  • 使い方を解説する
レビュー系の記事

商品・サービスを実際に自分で試して批評する。

  • 試してみた
  • 買ってみた
  • 行ってみた
  • 食べてみた
  • 攻略法の紹介

検索されている疑問・不安を解決する

Google

近年は、スマートフォン・タブレット・PCの端末から検索エンジンを利用して、疑問・不安の解決方法を探している人が多くなっています。

その検索需要に応えるコンテンツ(制作物)を、あなたがブログで提供しましょう。

需要と供給を上手く一致させることができれば、ブログ運営の成功に一歩近づきます。

ブログ運営の基本
ネタワンネタワン

特定分野に特化したブログで、
初心者の疑問・不安を解決する方法をわかりやすく解説しましょう。

情報をわかりやすく整理する

記事に記載する情報をわかりやすく整理するコツを紹介します。

ブログの記事を読む人の反応を少しでも良くするために、記事の内容も工夫する必要があります。情報をわかりやすく整理して、記事を読む人の反応が少しでも良くなるように工夫しましょう。

1. 役立つ情報があることをが一目でわかる

検索

記事の中に「自分に役立つ情報が含まれている」ことが一目でわかるように工夫する必要があります。

相手に「自分に役立つ情報がある」と気付かせることができれば、相手は記事本文を最後まで読む可能性が高くなります。

記事の先頭に記述すべきこと
  • 記事を読むことで相手が得られる「得になること」を先に説明する。
  • 記事の「結論・要約」を先に説明する。

2. 記事に「見出し」を階層的に表示する

記事の中に「見出し」を階層的に表示して、記事の中の情報をわかりやすく整理しましょう。

新聞・雑誌と同様に、ブログの記事も「見出し」を利用して、記事の中で情報を整理した方が記事の内容が読みやすくなります。

そして、「見出し」を表示する際は、H1〜H4のHTMLタグを利用して、見出しを階層的に表示しましょう。

これ重要です
  • 記事の中に「見出し」を階層的に表示する。
  • 記事の中に「見出し」を適度に表示すると、記事本文が読みやすくなる。
見出しに利用するHTMLタグの例
H1 見出し 記事の表題
H2 見出し 第1階層の大見出し
H3 見出し 第2階層の小見出し
H4 見出し 第3階層の小見出し

3. 記事に「目次」を表示して記事を閲覧しやすくする

書籍

記事に見出しを表示したら、その次は、記事の中に「目次」を表示すると更に記事の内容がわかりやすくなります。記事の目次は「行き先案内板」のような役割があります。

記事の文章量が多い場合、ブログの記事を読む人の視点で考えると、目次で概略を先に把握できた方が記事が読みやすく感じます。

手動で目次を作成すると非効率なので、下記のプラグインを利用することをお勧めします。

これ重要です
  • 記事の中に「目次」を表示する。
  • 文章量が多い記事の場合、目次で概略を先に把握できた方が記事が読みやすく感じる。

便利なプラグインの紹介

Table of Contents Plus – 記事の目次を自動生成できるWordPressプラグイン

4. 「箇条書き」を利用して要点を整理する

記事の中で重要な部分は「箇条書き」を利用して要点をわかりやすく整理しましょう。

ブログの記事を読む人の視点で考えると、要点が整理されていた方が相手に内容が伝わりやすくなります。

これ重要です
  • 重要なことは「箇条書き」を利用して要点を整理する。
  • 要点が整理されていた方が相手に内容が伝わりやすくなる。

5. 「表組み」を利用して情報を整理する

学ぶ

記事の中で項目ごとに情報を整理できる部分は、表組み(テーブル)を効果的に利用して、情報を見やすく配慮しましょう。

ブログの記事を読む人の視点で考えると、情報を見やすく整理した方が相手に内容が伝わりやすくなります。

これ重要です
  • 項目ごとに情報を整理できる部分は「表組み」を利用する。
  • 情報が整理されていた方が相手に内容が伝わりやすくなる。

6. 記事の最後で「結論・要点」をまとめる

鍵

記事の最後に、「結論・要点」をわかりやすく整理しましょう。

ブログの記事を読む人の視点で考えると、「結論・要点」が整理されていた方が相手に内容が伝わりやすくなります。

これ重要です
  • 記事の最後で「結論・要点」をわかりやすく整理する。
  • 「結論・要点」が整理されていた方が相手に内容が伝わりやすくなる。

下記のような項目を用意して「結論・要点」を整理しましょう

  • まとめ
  • 最後に
  • 結論

記事の見た目を工夫する

記事の「見た目」を工夫することで、記事内容を視覚的にわかりやすくするコツを紹介します。

記事の内容を視覚的にわかりやすくすると、記事が最後まで読まれやすくなります。

7. 「ストックフォト」を活用する

ストックフォト

記事に表示する画像に「ストックフォト」を活用して、記事の見た目を良くすることをお勧めします。

アイキャッチ画像に高品質な写真素材・イラスト素材を活用すると、視覚的にインパクトの強い記事になり、記事を読んだ人の印象や反応が劇的に良くなる傾向があります。

ストックフォト」とは?

「ストックフォト」とは、有料の写真素材・イラスト素材をダウンロードできる画像素材サイトのことです。

ブログを効率的に運用しているブロガーは「アイキャッチ画像」「写真素材」「イラスト素材」をゼロから作成・編集している訳ではありません。有料のストックフォトを上手く活用しています。ちなみに、当サイトもストックフォトを活用しています。

無料の写真素材サイトを利用しても良いのですが、他のブログと利用する画像素材がかぶる場合が多いので注意が必要です。

ブログでの活用

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像は記事の先頭に表示する画像のことです。

記事の内容を要約する画像を登録することで、記事の内容を視覚的にわかりやすくする役割があります。

圧倒的に高品質な画像を利用すれば、記事を読む人の印象や反応が劇的に良くすることができます。

写真素材

記事本文に表示する写真素材の品質にも拘りましょう。

圧倒的に高品質な写真素材を利用すれば、視覚的にインパクトの強い記事になり、記事を読む人の印象や反応が劇的に良くなります。

  • 人物の写真
  • 動物の写真
  • PC・スマホなどの機器の写真
  • 建物の写真
  • 風景の写真
イラスト素材

記事本文に表示するイラスト素材の品質にも拘りましょう。

ストックフォトを活用すれば、プロが描いたイラストを自分のブログで利用できます。

圧倒的に高品質なイラスト素材を利用すれば、視覚的にインパクトの強い記事になり、記事を読む人の印象や反応が劇的に良くなります。

  • 人物のイラスト
  • 動物のイラスト
  • PC・スマホなどの機器のイラスト
  • 建物のイラスト
  • 風景のイラスト

便利な素材サイトを紹介した記事

圧倒的に高品質(有料の素材サイト)
無料の素材サイト

8. 記事の内容を視覚的にわかりやすくする

ワンちゃん

記事本文が文字ばかりだと、記事の内容が読みにくく、内容が相手に伝わりにくいです。

ブログの記事を読む人は、基本的に流し読みをしていると考えましょう。熱心に記事の全文を読んでくれる人は、ごく僅かしかいません。

流し読みしていても記事の内容がだいたいわかるように、記事本文の中で「アイキャッチ画像・概念図・スクリーンショット」などの画像を配置して、記事の内容を視覚的にわかりやすくしましょう。

記事の内容を視覚的にわかりやすくした方が、記事を読む人の満足度も上がります。

これ重要です
  • 記事の先頭に表示する「アイキャッチ画像」は必ず表示する。
  • 記事の内容に関連した「写真素材・イラスト素材」を記事本文に効果的に配置する。
  • 記事の中で「概念図」を利用して記事の内容を視覚的にわかりやすくする。

9. 1スクロールごとに、1つの画像を配置する

ブログ

記事本文の中に写真・イラストを沢山配置して、記事を賑やかに見せるテクニックを紹介します。

記事本文に関連性がある写真・イラストを沢山配置すると、記事の内容が賑やかに見えます。

目安としては「画面の1スクロールごとに、1つの画像を配置する」のが理想形です。

推奨
  • 記事の中で「画面の1スクロールごとに、1つの画像を配置する」と良い。
  • 記事の中に写真・イラストを沢山配置すると、記事の内容が賑やかに見える。

満足度を把握する

アクセス解析

ブログの記事を実際に読む人の「満足度」「目的達成」を把握するのに役立つ指標を紹介します。

あくまでも目安になりますが、ブログを運営する際は、下記の数値を記事ごとに確認することをお勧めします。下記の数値は「Google Analytics」のアクセス解析ツールでも確認できます。

10. 利用者の「満足度」を把握する

笑顔

検索エンジンを利用して「疑問・不安」を解決する方法を探している人は、自分が探している情報を見つけると、記事の内容を時間をかけて熟読します。

そうすると、下記の数値が他の記事より飛び抜けて良くなります。(需要と供給が一致している状態)

利用者の反応が飛び抜けて良い記事は、検索エンジンから良い評価を受ける可能性が高いです。

そういった利用者の反応が良い記事は、数ヶ月かけてゆっくりと検索順位が上昇する傾向があります。(ネタワン管理人の経験)

満足度の高い記事の特徴
  • 記事を熟読しているので「ページ滞在時間」が自然に長くなる。
  • 記事の「直帰率・離脱率」が自然に低くなる。
満足度の高い記事を書くコツ
ネタワンネタワン

ブログの中で、ブログ読者が記事内容に満足して、
複数の記事を連続して読むように狙って記事を書きましょう。

満足度の目安となる情報
ページ滞在時間

閲覧者がそのページに滞在した時間を表します。閲覧者が記事の内容を熟読すると、ページ滞在時間は自然と長くなります。

「ページ滞在時間」は滞在時間が長い方が利用者が満足している可能性が高くなります。

直帰率

閲覧者がサイトを訪れて、直ぐに前の画面に戻る、またはそのページを直ぐに閉じた割合です。

同一サイト内で複数のページが閲覧される回数が多くなると、ページの「直帰率」は自然と低くなります。

ページの「直帰率」は数値が低い方が利用者が満足している可能性が高いと考えられます。

離脱率

利用者がサイトを閲覧して、そのページを閲覧した後にサイトを離脱した割合です。

同一サイト内で複数の記事が連続して読まれると、ページの「離脱率」は低くなります。

ページの「離脱率」は数値が低い方が利用者が満足している可能性が高いと考えられます。

便利なプラグインの紹介

Google Analytics Dashboard for WP

Google Analytics Dashboard for WP

Google Analytics Dashboard for WPは「Google Analytics」のアクセス解析レポートをダッシュボードに表示できるWordPressプラグインです。

このプラグインは「Google Analytics」の管理画面にログインすることなく、アクセス解析レポートを確認できるので便利です。

投稿や固定ページの記事一覧画面から記事ごとのアクセス解析レポートを確認することができます。クリックするとアクセス解析レポートの情報が表示されます。

この機能を利用すると、記事ごとのアクセス解析レポートを効率的に確認するのに役に立ちます。

記事ごとの「PV数、ページ滞在時間、直帰率、離脱率」を確認できます。便利なプラグインなので活用しましょう。

プラグインの解説

Google Analytics Dashboard for WP – アクセス解析をダッシュボードに表示できるプラグイン

プラグイン画面の見本

記事一覧画面

記事一覧画面

記事ごとのアクセス解析レポート

記事ごとのアクセス解析レポート

まとめ

ブログ運営の基本である「わかりやすい記事を書くための秘訣」について説明しましました。

ブログ記事の書き方は、ブログの運営において最も重要な要素になります。ブログの集客にも大きく影響します。

ブログの運営を成功させるためには「人の役に立つ記事」を安定的に書いて、ブログの記事を読む人を少しずつ増やしていくことが必要になります。「人の役に立つ記事」を積み重ねていけば、ブログのアクセス数が安定しやすい傾向があります。

この記事で紹介したコツをあなたのブログを運営する際にご活用下さい。

わかりやすい記事を書くための10の秘訣

情報をわかりやすく整理する
  • 役立つ情報があることをが一目でわかる
  • 記事に「見出し」を階層的に表示する
  • 記事に「目次」を表示して記事を閲覧しやすくする
  • 「箇条書き」を利用して要点を整理する
  • 「表組み」を利用して情報を整理する
  • 記事の最後で「結論・要点」をまとめる
記事の見た目を工夫する
  • 「ストックフォト」を活用する
  • 記事の内容を視覚的にわかりやすくする
  • 1スクロールごとに、1つの画像を配置する
満足度を把握する
  • 利用者の「満足度」を把握する
スポンサーリンク