WP Maintenance Mode

WP Maintenance Modeは、メンテナンス中のWebサイトにメッセージを掲示できるプラグインです。Webサイトのリニューアルなど、サイト全体に変更を加えている作業途中に利用すると便利です。

掲示するメンテナンス中のメッセージは、任意の文言を指定できます。それに加え、任意の背景画像を表示することもできます。

ちなみに、管理者ユーザーでログインした状態では、自分のWebサイトにアクセスしてもメンテナンス中のメッセージ画面は表示されません。管理者ユーザーの自分自身にはメンテナンス中の画面が表示されないので、リニューアル作業を妨げることはありません。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. Webサイトのメンテナンス中にメッセージを掲示できる。
  2. メンテナンス完了日時までのカウントダウン表示もできる。
  3. メンテナンス中のメッセージの下に背景画像を指定して表示することもできる。
  4. 管理者ユーザーでログインした状態では、自分のWebサイトにアクセスしても、メンテナンス中のメッセージ画面は表示されません。
  5. 日本語の文言を表示することもできます。

メンテナンス中の表示例

メッセージのみ表示した状態

メッセージのみ表示した状態

メッセージと背景画像を表示した状態

メッセージと背景画像を表示した状態

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「WP Maintenance Mode」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。

WordPress管理画面 > 設定 > WP Maintenance Mode

管理画面の設定

プラグインを有効化した直後の状態は、メンテナンス中のメッセージは表示されていません。メンテナンス表示を有効化して利用しましょう。そして、メッセージ内容を日本語に変更して運用しましょう。

メンテナンス表示の有効化

設定項目が沢山ありますが、設定値は特に変更する必要はありません。初期設定のままでも運用可能です。

メンテナンス表示の有効化

日本語の文言に変更する

日本語の文言に変更する

まとめ

WP Maintenance Modeは、メンテナンス中のWebサイトにメッセージを掲示できるプラグインです。Webサイトに変更を加えている作業途中や制作途中に利用すると便利です。

WordPressのテーマやデータベース等に編集を加えている際に、Webサイトを閲覧可能な状態にしておくと、一般ユーザーに不完全な状態のWebサイトを見せてしまうことになります。このプラグインを活用し、メンテナンス中は、一般ユーザーが一時的に閲覧できないようにして変更作業を行いましょう。

スポンサーリンク