Avatar Manager

Avatar Managerは、WordPressのアバター画像を自分のサーバーに保存して管理できるプラグインです。WordPressの管理者ユーザーごとにアバター画像を管理できます。

このWPプラグインを利用すると、Gravatarを利用することなく、自分のサーバー上の画像ファイルをWordPressの管理者ユーザーのアバター画像として利用できます。プラグインの機能はシンプルでアバター画像を管理する機能のみです。

WordPressの標準のアバター機能は、Gravatarと連携する仕組みになっています。Gravatarの機能は便利なのですが、ユーザーごとGravatarに登録する必要があり、少し設定が面倒なところがあります。特に複数の管理者ユーザーのアバターを運用したい場合は設定が面倒です。

WordPressの初期設定では、アバターの画像がシンプルなミステリーマンになっているので、このWPプラグインを利用してオリジナルの画像に変更しましょう。そうすることで、記事のコメント欄の管理者コメントが目立つようになります。便利なWPプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  1. Gravatarと連携することなく、WordPressのアバター画像を自分のサーバーに保存して管理できる。
  2. WordPressを複数の管理者ユーザーで運用している場合に役に立つ。
  3. 登録したアバター画像は記事のコメント欄などで表示される。
  4. アバターの画像サイズは自動的にリサイズされる。
  5. WP管理画面のSSL化に対応している。

インストール方法

管理画面から検索してインストールして下さい。もしくは、WordPress.org からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Avatar Manager」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード

Gravatarとは?

Gravatar は、ブログやコメントを投稿する際に名前の側に表示される画像です。アバター画像があるとブログやフォーラム上で誰が発言しているのか分かりやすくなります。他にも色々なサイトで利用できます。

公式サイト

Gravatar – グローバルに認識されるアバター

プラグインの使い方

管理画面の場所

WPプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

ディスカッションの設定
WP管理画面 > 設定 > ディスカッション > アバター

アバター画像の設定
WP管理画面 > ユーザー > あなたのプロフィール

ディスカッションの設定

このWPプラグインを利用するには、事前にアバターを表示する設定にしておく必要があります。

「ディスカッション」にあるアバターの設定で「アバターを表示する」にチェックを入れて設定を保存しておいてください。

アバターを表示する

アバター画像の設定

ユーザーのプロフィール編集画面からアバター画像を自由に変更できます。画像をアップロードしたり、メディアライブラリに登録済みの画像からアバター画像を選択できます。

アバター画像の設定

まとめ

Avatar Managerは、WordPressのアバター画像を自分のサーバーに保存して管理できるプラグインです。WordPressの管理者ユーザーごとにアバター画像を管理できます。

WordPressの初期設定では、アバターの画像がシンプルなミステリーマンになっているので、このWPプラグインを利用してオリジナルの画像に変更しましょう。そうすることで、記事のコメント欄の管理者コメントが目立つようになります。便利なWPプラグインなので活用しましょう。

スポンサーリンク