固定ページ

WordPress(ワードプレス)の固定ページの機能について説明します。

固定ページ(PAGE)は、WordPressの基本機能です。
機能の役割や使い方を理解した上で利用する必要があります。

固定ページは、時間の概念とは関係のない独立したページを作成する際に利用します。

時系列順に記事が表示される投稿(POST)の記事とは別に、独立したページを作成する際に利用します。

詳しくは下記で解説します。

はじめに

固定ページとは?

初心者

WordPressの固定ページは、時間の概念とは関係のない独立したページを作成する際に利用します。

簡単に説明すると、ブログの記事とは別に、独立したページを作成できます。記事を時系列順に並べて表示しないので、HTMLサイトと同じような感じになります。

固定ページを利用すると、ページの階層を指定したり、ページごとに任意のテンプレートを指定できます。

ランディングページ・お問い合わせフォームなど、ブログではないページを作成するのに向いています。

投稿と固定ページの違い

WordPressを利用して記事を書く方法は、標準機能では「投稿」と「固定ページ」の2種類あります。

それぞれ役割が異なります。特徴を理解した上で利用する必要があります。
一般的なブログを運営する場合は「投稿」を利用して記事を書きます。

投稿タイプ特徴利用例
投稿
(POST)
  • 記事が時系列順に表示される。
  • カテゴリー・タグを指定できる。
  • カテゴリー・タグ・日付別アーカイブ・投稿者アーカイブで記事を分類できる。
  • RSS/ATOMフィードで記事を配信できる。
  • 検索エンジンに評価されやすい傾向がある
  • トレンド情報
  • 時事ニュース
  • 個人日記
固定ページ
(PAGE)
  • 投稿とは別に、独立した記事を作成できる。
  • ページに階層を指定できる。
  • ページごとにテンプレートを指定できる。
  • ランディングページ
  • お問い合せフォーム
  • 利用規約
  • 個人情報保護方針
カスタム投稿タイプ
(Custom Post Type)
独自に拡張した投稿タイプ

固定ページのページ属性について

WordPressの固定ページ(PAGE)は、ページ属性が設定できます。
ページが属する「親」と「テンプレート」を指定できます。
機能の役割を理解した上で利用しましょう。

ページ属性役割
ページの階層の指定です。
ページに対して親になるページを指定できます。
親と子の関係の指定ができる入れ子型です。
テンプレートページごとにテンプレートを指定してデザインを変更できます。
※ WPテーマが対応している必要があります。

注意点

SEOで不利になる場合あり

注意

固定ページを利用してWebページを作成する場合、
SEO(検索エンジン最適化)で不利になる場合があります

検索エンジンからの集客が必要になる記事を作成する場合は、
投稿(POST)を利用して記事を作成するべきです。
その方が検索エンジンと相性が良い傾向があります。

ちなみに、広告やメルマガのランディングページ(着地記事)を作成する場合は、固定ページを利用しても問題ありません。

WPテーマにもよりますが、固定ページの標準機能では、
「RSS/Atomフィード・コメントフォーム・トラックバック」などの外部連携機能がありません。

それに加え、「カテゴリー・タグ」などの分類機能もありません。
カテゴリー・タグの分類ページから内部リンクが張られないので、SEOで不利になる傾向があります。

つまり、固定ページでWebページを作成して公開する場合、
HTMLで作成したWebページと同じような感じになり、近年のSEOでは不利になる傾向があります。

ブロックエディタで固定ページを利用する

ブロックエディタの画面

固定ページのエディタの使い方は、投稿(POST)と基本的に同じです。

それに加え、固定ページの機能である「テンプレート」と「ページ属性」の設定ができます。

ブロックエディタ

ブロックエディタの編集モード

WordPressのブロックエディタには、2種類のエディタが用意されています。
それぞれ特徴が異なります。エディタの特徴を理解した上で利用しましょう。
エディタの機能はテーマ・プラグインで拡張することもできます。

ビジュアルエディタ エディタにブロックを追加して、記事を視覚的に編集できるモードです。
初めて利用する方は、ビジュアルエディタを利用して記事を書いてみましょう。
ブロックの内容を編集した後に、右側の設定パネルを利用して、ブロックの追加設定を調整します。
コードエディタ 記事をテキストで編集できるモードです。
ブロックを制御するためのコードを直接編集できます。

ブロックエディタでの記事作成

ブロックエディタの使い方は、基本的に投稿(POST)と同じです。
固定ページを利用する場合は、固定ページの新規作成をクリックした後に、下記手順で記事を編集して公開できます。

ページ属性にある「親」と「テンプレート」の機能は、必要に応じて活用します。

初めての場合は、試しに固定ページを何件か作成して機能を試してみましょう。

ブロックエディタ

ブロックエディタ

ブロックエディタ入門

ブロックエディタについては、下記記事で詳しく解説しています。

クラシックエディタで固定ページを利用する

プラグインのインストールが必要

クラシックエディタ(旧エディタ)を利用する場合は「Classic Editor」のプラグインをインストールして有効化する必要があります。プラグインの導入方法に関しては、下記の記事をご覧下さい。

プラグインの解説

クラシックエディタの画面

固定ページのエディタの使い方は、投稿(POST)と基本的に同じです。

それに加え、固定ページの機能である「テンプレート」と「ページ属性」の設定ができます。

エディタの編集モードは「タブ」をクリックして切り替えることができます。

固定ページをクラシックエディタで利用する

クラシックエディタの編集モード

クラシックエディタには、2種類の編集モードが用意されています。
それぞれ特徴が異なります。エディタの特徴を理解した上で利用しましょう。
エディタの機能はテーマ・プラグインで拡張することもできます。

ビジュアル
(WYSIWYGエディタ)
記事を視覚的に編集できるモードです。
初心者でも簡単に利用できます。
初めて利用する方は、まずはビジュアル編集モードを利用して記事を書いてみましょう。
テキスト 記事をテキストで編集できるモードです。
HTMLコードを直接記述することもできます。
HTML・CSSを手動で記述する機会が多い方は、テキスト編集モードを利用した方が効率的に記事を編集できます。

クラシックエディタでの記事作成

クラシックエディタの使い方は、投稿(POST)と基本的に同じです。
固定ページを利用する場合は、下記手順で記事を編集して公開できます。

ページ属性の「親」と「テンプレート」の機能は、必要に応じて活用します。

初めての場合は、試しに固定ページを何件か作成して機能を試してみましょう。

記事作成の手順

クラシックエディタ

記事を書いて慣れる

まずは、実際に記事を書いてみて、WordPressの機能や仕様に慣れましょう。
実践が上達の近道です。

次の記事

画像の登録と編集方法(メディアライブラリ)に関しては、次の記事で詳しく説明しています。